fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英語学習のロードマップ

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今回は、ゴールデンウィーク直前と言うこともあり、
やや軽めの内容でお送りします。

今回お話しするのは、「英語学習のロードマップ(行程表)」になります。


■私が考える理想の英語学習とは


「どう英語を学ぶのが理想か?」

これは同じ「英語を教える人間」でも、人によって違うと思います。


なので、あくまで私自身の、

・苦手だった状態(通信簿2(5段階)、偏差値30)から、TOEIC 990(満点)
 英検1級を取るまでになった経験

・今までに、9年以上にわたって、12,700人以上の方に英語指導をさせていただ
 いた経験

からのお話なのですが、私に取って理想の英語学習とは、

「海外ドラマや英字新聞など、生の英語を一杯見聞きするような、
 英語"を"学ぶというより、英語"で"何かしているうちに、自然と身につけて
 行く」

というものです。


「英語が話せる」「英語が聞き取れる」というような、実用的な英語力を身に
付けるには、とにかく経験が必要です。

ということは、「勉強だ」と思って「がんばって」行くのでは長続きしません。


その点、英語「を」学ぶというより、英語「で」何かをしていれば、楽しいた
め、長続きします。

例えば、海外ドラマを字幕なしで楽しむ。
読みたい英字新聞や洋書を読んで楽しむ。

こういった、「英語で楽しむ」ということが一番なのです。



■それには基礎ができていることが前提


しかし、こう聞くと、

「海外ドラマや英字新聞で英語学習する?
 そんなことができたら苦労しないよ!」

と思うと思います。


確かにその通りなのです。

私の経験からして、生の英語で楽しく英語学習をすることは、
間違いなく理想的な英語学習法だと断言できます。

また、私だけじゃなく、

「とにかく一杯英語に触れることが重要だ」

というのは、多くの英語指導者が言っていることです。


しかし、その方法を取るには、ある程度のレベルの英語力が必要なのです。

具体的に言うと、こういった「生英語のみで英語学習できるレベル」というのは
TOEICで言ったら、800点以上必要かと思います。
(教材をメインにして、生英語を補助で使う形なら、それより低いレベルでも
 できます)


まだ基礎ができていない状態で生英語で英語学習させるのは、

「まだ仮免許すら持っていない人に、"運転は経験だ"と言って、
 普通の道路に一人で運転させる」

これと同じです。


確かに運転が上手になるには、教習所ではなく、普通の道路で、一杯運転する
必要があります。

しかし、まだ仮免許すら取っていない人を道路に出してしまったら、
ちゃんと運転できずに、酷い場合は事故を起こしてしまいます。

そうではなく、まずは教習所の中で、加速減速、曲がる、車線変更など、
基礎を徹底的に練習する必要があります。


それはつまらないものかもしれません。
すぐに普通の道路で運転したいかもしれません。

でも、普通の道路で運転するためには、そのつまらない作業をやらざるを得ない
のです。


英語でもそれと同じです。

生英語で学習することが理想であり、それをしたいのはわかるのですが、
まずは、基礎をやらないとダメなのです。



■では、基礎とは何か?


「では基礎は何か?」というと、それは、以前からお話しているように、

・語彙
・英文法
・リスニング

の3つになります。


語彙だったら、

DUO3.0
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/4900790052/thebelltree-22/ref=nosim >

のような、基礎的な単語帳を1冊覚える。


英文法だったら、一通りのメイン分野をしっかりと暗記ではなく理解する。

※:初心者向けの英文法講座
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

※:中級者以上向けの英文法講座
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


リスニングだったら、スクリプト(音声の内容が文字になっているもの)がつい
ている教材を使って、トレーニングを繰り返し、TOEICのパート1、2ぐらいの
レベルだったら聞き取れるようになる。


まずはこれをやる必要があります。

確かにどうしても単調な作業的なものになってしまうことはあります。

英文法は「そうだったのか!」と理解する面白さがありますし、
リスニングは実戦的なので、楽しさもあることもあります。

ただ、語彙はどうしても単調な作業になり勝ちだったりして、
つまらないこともあります。


でも、その先の理想の英語学習に進むためには必要なのです。

野球で言えば、

「素振りはつまらない。早く試合に出たい。
 でも、素振りは大切。一流選手ほど素振りをやっている」

というように、つまらないものでも、必要なものは必要なのです。



■逆に言うと、上級者は教材から脱出すべき


「まずはこの基礎3つをしっかりとやって、
 その後、生英語で英語学習するようにして行く」

これが英語学習のロードマップ(行程表)になります。


初心者、中級者、特に初心者は基礎ができていませんので、
しっかりと基礎をやることが大切なのです。

しかし、逆に言うと、上級者はもう教材は脱出すべきと言えます。

「感覚で突き進んでしまったので、TOEICのスコアは高くても、英文法を理解し
 ておらず、壁にぶつかってしまっている」

というような方は例外ですが、
基本的に私は上級者は教材は脱出して、生英語で英語学習すべきだと思っていま
す。


教習所内での運転と、普通の道路での運転が別物であるように、
教材の英語と生英語は違います。

生英語を理解できるようになるには、生英語で英語学習するしかありません。

最初は全然理解できずに苦労することもあります。
私も最初に海外ドラマにトライしたときは10%ぐらいしか理解できませんでした

でも、生英語だと楽しいですし長続きします。

そして、それを続けて行けば、徐々に理解できるようになって行きます。


以上が今回のお話になります。

初心者、中級者、特に初心者の方は基礎をしっかりと固める。

上級者は逆に、教材は脱出して、生英語で鍛える。

これをしっかりとやって行くようにしてみてください。


英語学習法は冒頭でお話させていただいた、

「1年でTOEIC 900! 正統派の英語学習プロジェクト」
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

がお役に立てれば幸いです。


最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習をがんばって行きましょう。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。