fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


日本語フィルターで英語学習はやめよう

今回は英語学習全般のお話になります。


■日本語に訳す必要はない!


メルマガでは何回もお話させていただいているので、
簡単にお話させていただきますが、

英語を理解するのに、日本語に訳す必要はまったくありません。


日本の学校教育では、

「下線部を日本語に訳しなさい」という問題が出たり、
「○○さん、次の英文を日本語に訳してください」と授業であてられたりと、

英語は日本語に訳して読むように習います。


そのため、

「英語は日本語に訳して理解するもの」

「分かる=訳せる」

と勘違いしている方が多いのですが、これは間違いです。


英語ができる人は、通訳や翻訳者以外は、わざわざ日本語に訳していません。

日本語は日本語のまま理解するように、
英語は英語のまま理解しています。

そのため、日本語に訳してくれと突然言われても、

「え? 日本語でどういう意味か? そんなの考えてないからなぁ…」

と困ってしまったりするものなのです。


わざわざ日本語に訳すことには様々な弊害があります。

・訳す手間がかかる
・返り読みの原因になる
・日本語訳にこだわってムダな時間を浪費する
・英語独特の表現が理解できない




その中で、特に注意しなければいけない点、特に初心者の方に注意してほしい
のが、

「日本語のフィルターを介して英語学習、特に英文法学習をすること」

についてです。



■英語と日本語は別の言語


代表的な例を1つ挙げると、

His skill makes this difficult job look easy.

というような英文。


教材によってはよく「無生物主語」という項目で扱うタイプの文です。

先ほどもお話ししたように、あえて訳すこともないのですが、
説明のために、あえて訳してみるとすれば、直訳は

「彼の技術がこのむずかしい仕事を簡単に見せる」

となります。


先ほどもお話ししたように、あえて訳す必要はないのですから、
そのまま英語で理解するのがベストです。

あえて、日本語に訳すにしても、

「His skillが要因、this difficult jobが簡単に見えると言う結果に」

というように、論理的に「何が言いたいか」を考えるべきです。


訳すにしても、せいぜい、

「彼の技術がこのむずかしい仕事を簡単に見せる」

とかにすべきでしょう。


でも、こだわる人は、

「日本語じゃこういった言い方はしない」
「これは不自然な日本語だ」

と、こだわってしまい、

「彼の技術のおかげで、このむずかしい仕事が簡単に見える」

というように、意訳したりします。


そして、無生物主語を扱っている教材だと、このように訳すように書いてあった
りします。

しかし、これは通訳や翻訳者を目指しているのでなければ、
まったくのムダな作業。

そもそも、「無生物主語」なんて項目は英語の教材に必要ありませんし、
(通訳、翻訳者向けの教材、試験の訳出問題対策の教材なら必要ですが)

あっても、「ふーん、英語じゃこういう言い方もするんだな」ぐらいに留めて
おくべきです。


日本語と英語は別の言語です。


これは言ってしまえば「当たり前じゃん」と思うかもしれませんが、
真の意味でこれがわかっている方は少ないです。

別の言語ですから、

・英語にはあるけど、日本語にはない表現
・日本語にはないけど、英語にはない表現

というものがあります。


His skill makes this difficult job look easy.

はその一種。

日本語ではこういう言い方はしないかもしれません。
でも、英語ではこういう言い方をするんです。

英語でこういう言い方をする以上、
それはそのまま受け止め、そのまま理解すべきです。

わざわざ、日本語のフィルターを介して、

「彼の技術のおかげで、このむずかしい仕事が簡単に見える」

という形で理解すべきではありません。



■英文法ではさらなる悪影響が


そして、教材についているこういった「綺麗で自然な日本語訳」を参考に
英文法学習することも危険です。

例えば、

His skill makes this difficult job look easy.
「彼の技術のおかげで、このむずかしい仕事が簡単に見える」

と、教材に載っていると、

「へぇ、"このむずかしい仕事が"ってあるってことは、
 この文の主語(S)はthis difficult jobなんだ。
 
 his skill makesという副詞があって、
 this difficult jobがS、lookがV(動詞)、easyがC(補語)だな」

と勘違いしてしまう人がいます。


しかし、それは間違い。

この日本語訳は、あくまで「日本語として自然な形にした意訳」であり、
英文法を学ぶ際に参考にすべきものではありません。

あくまで、

his skillがS
makesがV
this difficult jobがO(目的語)
look easyがC

になります。


こういった勘違いはよく目にします。

例えば、

He was late.
「彼は遅刻した」

を見て、「遅刻した」=was lateだから、was lateがVだと勘違いしたりとか。

実際には、wasがV、lateがCです。

日本語では「遅刻する」という動詞がありますが、
英語には「遅刻する」という動詞がありません。

だから、

was(だった)late(遅い)、「遅い状態だった→遅刻した」

と、状態で表すので、こういった、日本語訳と英語が違っているのです。


ほかにも、

rice(米)
good rice(良い米)
very good rice(とても良い米)
rice in the bag(袋の中の米)
whether he bought rice(彼が米を買ったかどうか)

を同じ「1つの名詞」として見るという、
英語では非常に重要な考え方を、

「"米"と"彼が米を買ったかどうか"が同じ1つの名詞とは感じられない」

と日本語から判断してしまったりといろいろな弊害があります。


この「1つの名詞として見る」という考えは、英語においては本当にとてもとて
も大切な考え方なんです。

確かに日本語感覚では、

「米」と「彼が米を買ったかどうか」

はまったくの別物に感じるかもしれません。


でも、英語ではそういう見方をするのですから、日本語に邪魔されず、
それはそのままストレートに受け入れるべきです。


先ほどお話した、「主語が何か? 動詞が何か?」という点も、
英語においては、とても大切です。

日本語訳で判断せず、英語で判断すべきものです。



■初心者のうちはむずかしいが


これまでにお話させていただいた通り、

「日本語のフィルターを介して英語を理解する」

というのはさまざまな弊害があります。


ただ、いきなり「日本語はなしで、英語だけで理解しろ」と言われても、
初心者の方にはむずかしいものがあります。

なので、初心者のうちは日本語を使っても仕方がないです。

ただし、その際には、

・His skill makes..の例で示したように、自然な日本語にするために意訳され
 ていることがあるから鵜呑みにしない

・英文法では、日本語感覚の先入観をなくして、そのまま受け入れる

・将来的には日本語に訳さないで読めるようになることを目指す

この点を意識しておいてください。


初心者の方で英文法を学びたい方は、冒頭でお話しさせていただいた、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

がお役に立てれば幸いです。

ちょうど締切が明日13日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも、皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。