fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英語を読むのにテクニックは不要

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今回はリーディング。
特に、TOEICのリーディング(パート7)についてお話させていただきます。


■TOEICのテクニックは確かに存在するが…


現代では、多くの場面でTOEICのスコアが要求されます。

就職、転職、昇進、昇給、海外転勤、学校の単位、入学、卒業など。


中には、

「英語に全然関係ない仕事をしているのに、
 昇進のためにはTOEIC○○点以上を要求される」

という、見方によっては「理不尽」とも言える場合もあります。


そのため、「手っ取り早くスコアを上げたい」という方も多く、
そういった方は、「テクニック」に手を出すことがあります。


「TOEICは英語力をはかる試験」です。

しかし、それはあくまで理想論。
試験である以上、「傾向」、そして、そこから生まれる「テクニック」というの
があります。

例えば、

「○○が入っている選択肢は間違いだから、何も考えずに排除して良い」

というようなものです。


こういったテクニックを身に付ければ、
英語がわかっていなくても正解してしまったりします。

そのため、持っている英語力以上のスコアを取ることができるというわけです。


TOEICの長文読解、パート7でも、テクニックはあり、

「文章を全部読まなくても正解できる」

ということは確かにあります。


飛ばし読みをして、問題になっている部分だけを読んだり、
あるいは、文章を一切読まずに問題を解けてしまったり…。



■実用で役に立つ?


「文章を一切読まずに問題を解ける」

これはほとんどの人が「邪道」と考えるテクニックだと思います。
(使うか使わないかは別にして)


ただ、邪道ではないテクニックでも、
身につけようと試みる人は意外と多いのです。

「問題で問われている場所だけを読む」
「パラグラフの先頭だけで解けるから、パラグラフの先頭だけ読む」

とか、こういったものも邪道ではないかもしれませんが、テクニック。


「普通に文章を読んで、問題に答える」

という正統派な解き方ではありません。


こういったテクニックを使うことの是非は別として、
私は、「英語力をつけること」を目標としている人であれば基本的にオススメし
ません。


なぜかと言うと、実用では役に立たないからです。


試験ではなく、実用英語でリーディングをする場合は、
問題など出題されません。

なので、

「問題が解ければ、文章の内容が理解できていなくても良い」

ということなどあり得ないのです。


日本人が日本語の新聞を読む場合、
普通に読みますよね?

「問題が出る所だけを飛ばし読み」とか、
「パラグラフの先頭だけを読む」とかはしないはずです。


それと同様で、実用英語で英語を読む時は、
「普通に」読むはずです。

そして、「英語力をつけたい」「英語ができるようになりたい」と思っている方
は、これを目標としているはずです。

もちろん、TOEICのスコアも大事ですが、

「スコアさえ上がれば、英語が読めなくてもいいや」

とは思っていないはずです。


確かにテクニックを身に付ければ、
スコアが上がるかもしれません。

「英語ができるようになりたいとは思っていない。
 仕事でTOEICが必要だから、仕方なく」

「将来的には、英語ができるようになりたい。
 ただ、仕事上の理由で、今すぐにTOEICが必要なんだ」

という場合は別ですが、そうでなければ、実用で使える力を身に付けることを
重視して、

「普通に読む能力」を上げる

という方針で英語学習することをオススメいたします。


それにTOEICだって、テクニックがなくたって、「普通に読む」という能力だけ
で、高スコアは取れます。

現に、私は「普通に読んで問題に答える」というスタイルで挑んで、
満点(990点)を取ることができました。



■普通に読む能力を身に付けるには


以上が今回のお話になります。

そもそも、仮に「普通に日本語を読む」という能力がない日本語を勉強中の外国
人の友人に

「飛ばし読みとか、パラグラフリーディング(パラグラフの主旨だけを素早く
 読む読み方)身につけようと思ってるんだよねぇ」

と言われたら、

「いや、それ以前に、君は普通に読むことができていないじゃないか。
 日本人はそんな特殊な読み方してないよ。
 新聞だって、本だって普通に読んでるよ。

 多忙で文書を大量に読む必要があるビジネスマンならともかく、
 普通に読めない人が、そんな特殊な読み方身につけようなんて変だよ」

と思うはずです。


それと同様に、まずは普通に読めるようになること。
これから始めるべきです。


リーディング力をつけたい方は、冒頭でお話しさせていただいた

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

がお役に立てれば幸いです。


ちょうど締切が明日23日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


最後までお読みいただきありがとうございます。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。