fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語「中級者の壁」に当たらないために





今回は初心者向けに、

「中級者の壁に当たらないために」

というお話をさせていただきます。

※:主観ではありますが、初心者はTOEICで言うと、500点以下。
  英文法の理解度で言うと、「前置詞、従属接続詞を何となくのレベルでも
  わかっていない」というレベルかと思います。


■中級者の壁に当たる方たち


私は今までに、12年以上にわたって、19,200名以上の方に英語指導をさせて
いただいておりますが、

「中級者の壁」

にぶち当たっている人を多くお見かけします。


「中級者の壁」というのは、

「中級者までは順調に伸びたけど、そこで壁にぶつかって、
 伸び悩んでいる」

というケースです。


TOEICで言えば、500、600、700あたりまでは順調に伸びた。
(500〜700でどのぐらいかは個人差があります)

でも、そこで伸びが止まってしまった、というケースです。


私の英語指導者としての経験上、こういった方にはある共通の特徴が
あります。

それは、

「英文法をちゃんと理解していない」

「英文法を暗記するもの、何となく感覚で学ぶものと勘違いしている」

というものです。


そして、こういった方は、TOEICのスコアで言うと、
リスニングのスコアの方がリーディングのスコアよりかなり高く出る傾向が
あります。

例えば、

「リスニング 350 リーディング250 総合 600」

のように。



■暗記や感覚でもある程度は伸びる


ではなぜ、中級までは伸びのか?

と言うと、暗記や感覚でもある程度は伸びるからです。

例えば、

1. ------ the last trip to France, I went to a local supermarket.

(A) When
(B) Because
(C) While
(D) During


という問題があったとします。

答えはDのduringなのですが、意味から考えて、

Aのwhenは「フランスへの最後の旅行の時」
Cのwhileは「フランスへの最後の旅行の間」

と意味が通るので、AやCを選んでしまう人が多い問題です。


しかし、正しいのはDだけ。
A、Cは間違い。もちろんBも間違いです。

これを、

「"旅行の間"は、during 〜 tripと覚えておこう」

と暗記で済ませたり、

「旅行とかそういう物の場合はduringを使うのだな」

といい加減な感覚で済ませてしまう人は多いのです。


確かに、こういった方法でも、上記の問題は解けるようになるでしょう。

「during 〜 trip」はよく使われますから、
同じような問題に出会う可能性は高いです。

このように、暗記や感覚でも、

「上記のような問題は解けるようになる」

という進歩はあるので、

「ある程度の実力はついた」

と言うことはできます。


こういったことを積み重ねていくと、確かに中級までは伸びたりするのです。

しかし、暗記や感覚だと、

「上記のような問題が解けるようになった」

という進歩しかしていない。


こういった「同じような問題が解けるようになる」だけでは、いずれ限界が
来ます。

そこで、中級までは伸びたけど、そこで壁にぶつかってしまう。
「中級者の壁」が存在するわけです。



■本来は理解すべきもの


では、本来はどうすべきなのか? と言うと、
本来は理解すべきものです。

先ほどの、

1. ------ the last trip to France, I went to a local supermarket.

(A) When
(B) Because
(C) While
(D) During

だったら、duringがよくて、when、because、whileがダメなのにはちゃんとし
た理由があるのです。

duringというのは前置詞です。

前置詞と言うのは、後ろに必ず名詞を置いて、
「前置詞+名詞」というセットで使います。

一方、when、because、whileはいずれも従属接続詞です。

従属接続詞というのは、後ろに必ず文を置いて、
「従属接続詞+文」というセットで使います。


では、今回の場合、空欄の後ろにあるのは?
the last tripという名詞ですよね?

名詞と組み合わせて使うのは? 前置詞ですね。
ですから、duringが正しいのです。

when、because、whileはいずれも従属接続詞。
組み合わせるべきなのは文ですから、名詞であるthe last tripとは組み合わせ
られないのです。


逆に、

2. ------ I took a trip to France, I went to a local supermarket.

だったら、今度は空欄の後ろにあるのは、

I took a trip…

という文です。


文ということは、組み合わせるべきなのは従属接続詞です。
ですから、今度はduringは間違いで、whenなどの従属接続詞が正しくなるの
です。


上記のように、英文法というのは理解すべきもの。
上記の事柄を理解すれば、その知識を、前置詞や従属接続詞の問題に応用する
ことができるようになります。

それだけではありません。

上記のように理解すれば、英会話やライティングでも、

「同じ"〜の間"という意味でも、後ろに名詞を置く場合は、during。
 後ろに文を置く場合は、whileを使えばいいんだ」

と、正しく使い分けられるようになります。


そして、英文法というのは積み重ねです。

A〜Zまで学ぶことがあるとしたら、A→B→C…と順番に学ぶ必要があります。

Bを知らずして、Cは学べませんし、
Aを知らずして、Bは学べません。

と言うことは、上記のような前置詞や従属接続詞の知識はそのうち別の分野を
学ぶときに必要になります。

例えば、↓のような問題。

3. This is the hospital ------ I was born in.

(A) where
(B) which
(C) why
(D) whose


「先行詞(関係詞の直前にある名詞)がthe hospitalと場所だから、
 whereだ!」

と選んでしまう人が多い問題ですが、答えはBです。

解説を読むと、この問題には、

「後ろに、I was born inという文があり、前置詞inの後ろに名詞がない。
 だから、名詞の選択肢を入れてやる必要がある。

 名詞なのはwhcihだけなので、Bのwhichが正解」

と書いてあったりします。


先ほどの1、2の問題で、

「前置詞は後ろに名詞を置いて使う」

ということを理解していれば、上記の解説はわかりますが、
理解せずに、暗記や感覚で済ませていると、

「前置詞の後ろに名詞がない? それが何か問題?」
「そもそも前置詞って何?」

とさっぱり理解できません。


理解して学べば、

1、「似たような問題が解けるようになる」

以外にも、

2、「同じ知識を使った問題を解けるようになる」
3、「英会話、ライティングにも応用できるようになる」
4、「今後、さらにむずかしい分野(上記の例で言うと関係詞)を学ぶとき
   に役立つ」

という進歩が得られるのです。


確かに暗記や感覚でも1の進歩は得られるので、
それでも中級まではたどり着けたりします。


ところが、それだけではいずれ限界が来ます。
中級からさらに上を目指すためには、2〜4の進歩も必要になるからです。

そのためには、暗記や感覚で済ませていたのではダメ。
しっかりと理解するようにしないと進歩はありません。


以上のように、暗記や感覚では、初心者→中級者のレベルアップはできる
かもしれませんが、いずれ壁に当たります。

そうならないためにも、初心者のうちから、英文法を理解するスタイルで学ぶこ
とが大切です。


初心者の方で、英文法の基礎を固めたい方は、冒頭でお話しさせていただいた

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

がお役に立てれば幸いです。

締切が明日12日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容、お申込は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みたい方は↓より。
http://51.thebelltree.com/nb24apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。












英語が読めることは立派なことではないのか?
http://www.new-toeic.net/cat35/post_459.html
今回は、英会話とリーディング関連のお話になります。「日本では、リーディング、そし...

英文法はすべてやる必要はない
http://www.new-toeic.net/cat35/post_460.html
今回は英文法についてのお話です。「英会話に英文法は必要ない」「実用英語に英文法は...

英語を感覚だけで学ぶと壁にぶつかる
http://www.new-toeic.net/cat35/post_461.html
今回は主に初心者向けに、「英語を感覚だけで学ぶと壁にぶつかる」というお話になりま...

「英文法を覚える」は間違いです
http://www.new-toeic.net/cat35/post_462.html
今回は「英文法を覚える」という表現についてのお話。「英文法を覚える」「英文法が覚...

英語リーディングに変なテクニックは不要
http://www.new-toeic.net/cat35/post_463.html
今回はリーディングについてのお話。TOEICのリーディングセクションにも関係ある...

英語「中級者の壁」に当たらないために
http://www.new-toeic.net/cat35/post_464.html
今回は初心者向けに、「中級者の壁に当たらないために」というお話をさせていただきま...

英語学習で壁に当たる理由の1つ
http://www.new-toeic.net/cat35/post_465.html
今回お話しするのは、「英語学習で壁に当たる理由」についてです。そのうちの1つが、...

2013最終号 英語には「読み方」ってものがあるんだ
http://www.new-toeic.net/cat35/2013.html
英語学習法をお話させていただく、本メルマガも、本年のお届けは、今号が最終号になり...

2014年の英語学習 まずは英文法の徹底を!
http://www.new-toeic.net/cat35/2014.html
2014年になりましたね。別のメルマガでもお話させていただきましたが、「1月は1...

英文法が理解できない理由
http://www.new-toeic.net/cat35/post_466.html
前号でもお話させていただいたように、1月は1年で一番英語学習熱が熱い時期!今は、...

英語を日本語に訳した時の最悪の弊害?
http://www.new-toeic.net/cat35/post_467.html
ここ最近お話しさせていただいているように、1月は1年で一番英語学習熱が熱い時期!...

英語学習 自称中級者になっていないか注意
http://www.new-toeic.net/cat35/post_468.html
ここ数回お話させていただいているように、1月は1年を通じて英語熱が最も熱い時期。...

英語中級、TOEIC 500〜750で壁にぶつかる?
http://www.new-toeic.net/cat35/toeic_500750.html
今回は、中級者向けのお話になります。あくまで主観ではありますが、TOEICで言う...

英語リーディングに細かい英文法は不要
http://www.new-toeic.net/cat35/post_469.html
「英文法は英文法で、リーディングはリーディング。 英文法とリーディングは関連性が...

英文法の「有名分野」より地味な基礎が大切
http://www.new-toeic.net/cat35/post_470.html
今回は英文法のお話になります。英文法には、さまざまな分野があります。関係詞(関係...

英文法で学んではいけない分野?
http://www.new-toeic.net/cat35/post_471.html
今回は「英文法」のお話になります。「英文法なんて、学校で習うチマチマした知識で、...

英語中級 TOEIC 500〜750で壁に当たる その2
http://www.new-toeic.net/cat35/_toeic_500750.html
以前、本メルマガで「中級者の壁」のお話をさせていただきました。「初心者レベルから...

英語学習をはじめるのなら、英文法がオススメ
http://www.new-toeic.net/cat35/post_472.html
今回は英語学習をはじめる、あるいは、「今までもやってはいるんだけど、そろそろなん...

英文法ができる人はリスニング力も高い
http://www.new-toeic.net/cat35/post_473.html
今回は英文法とリスニングに関するお話です。英文法とリスニング。まったく関係ないよ...

英文法は問題集では力はつかない?
http://www.new-toeic.net/cat35/post_474.html
今回は英文法の学習法についてのお話です。英文法というと、「問題を解くことが英文法...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る