fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英会話は黙って覚えるべき?

英会話では、ネイティヴに「なんで?」と質問すると、

「理由なんかない。そうだと覚えておいて」

とよく言われますし、そうすべきという人も多いです。

しかし、必ずしもそうではないときもあるんです。


■「そういうものだと覚えておいて」


ネイティヴの英会話レッスンを受けると、
間違いを指摘されることはよくあります。

例えば、「なんでそれを知ってるの?」という意味で、多くの日本人は、

Why do you know that?

と言います。


すると、ネイティヴはほぼ間違いなく、

「それは間違いだ。
 How do you know that?と言うべきだ」

と指摘します。


しかし、さらに、

「なんでwhyだとダメで、howだと良いんですか?」

と聞いても、

「んー、whyだと変で、howだと自然だから」

とか

「Why do you know that?なんて聞いたことない。
 ネイティヴはみんな、How do you know that?と言う」

というように、ちゃんとした答えが返ってきません。


そして、聞き続けると、

「理由なんかないよ。そういうものだと覚えておいて」

と言われたりします。


Why do you know that?→How do you know that?

は一例でして、このように、

「そういうものだと覚えておいて」

と言われるケースはとても多いんです。


そして、むしろ、「それをそうあるべき姿」としてプラスにとらえる人も
います。

ネイティヴではない、日本人の英語指導者でも、

「ネイティヴの言うことは黙って聞いて、覚える物だ」

と言う人も多いです。



■黙って覚えるべき物もあります


私も確かにそうすべきケースはあると考えています。

Why do you know that?→How do you know that?

なんかはその一例。


Why do you know that?

には、文法的に間違ったところは一切ありません。

ルール上はOKなのです。

単語の意味からしても、

why「なぜ」
do you know「知っている?」
that「それ」

と正しいはずです。


しかし、ネイティヴはそうは言わないのです。

あえて言えば、ネイティヴはWhy do you know that?と言われると、

「私は人間だから、知ると言う能力は当然あるよ。
 なぜと言われても困るな。あえて言えば、神が私にその能力を与えたから?」

のように、そもそもの能力があるかどうかの質問をしていると聞かれてしまう
から、ということになります。


ただ、これもちゃんとした答えじゃないですよね。

「ネイティヴがそう感じるから」

という、「感覚」の話に過ぎません。

論理的な理由ではありません。


こういったケースでは、理由を聞いても仕方がないんです。

感覚の話になってしまうと、理由じゃない。
論理が通用しない。

だから、もう

「あー、ネイティヴはこういう感覚なんだ。
 私には理解できないけど、ネイティヴがそう言うんじゃ仕方がない。

 感覚には逆らえないから、覚えておくしかない」

と降参して、黙って覚えておくしかありません。


ただ、幸運なことに、こういった「感覚だから覚えるしかない」という点は、
例外的なレースが多いんです。

例えば、whyとhowの使い分けで言えば、
know以外のものだったら、

「どう〜」ならhowですし、
「なぜ〜」ならwhy。

日本人の感覚そのまま使っても、正しいケースがほとんど。


これが、know以外でも、

「"どう〜"なのにwhy」とか「"なぜ〜"なのにhow」

というケースが頻発するのなら困ってしまいます。


でも、基本的にはknowだけの話。

なので、

「knowだと、たとえ"なぜ"の意味でもwhyは間違いで、howが正しい」

と覚えておいても問題ないんです。



■論理的な理由がある話は別です


上記のように

Why do you know that?→How do you know that?

には、

・感覚の話であり、論理的な理由がない
・例外的な話

という特徴がありました。


しかし、中には、論理的な理由があったり、例外ではないケースも多々あり
ます。

例えば、

I have lived in Hokkaido when I was a child.

という英文。

「子どものころ、北海道に住んでいたことがあります」

という意味で言いたい時に、日本人がよく言ってしまう英文です。


上記の例に限らず、経験を表す時は、何でもかんでも現在完了形を使って
しまう人は多いです。

しかし、上記の例は間違い。

I lived in Hokkaido when I was a child.

と、過去形にしないといけません。


ネイティヴにも、

「I have lived in Hokkaido when I was a child.は間違いで、
 I lived in Hokkaido when I was a child.としないと」

と指摘されるでしょう。


しかし、理由を聞いても同じように、

「I have lived in Hokkaido when I was a child.なんて変だ。
 I lived in Hokkaido when I was a child.が自然だ」

と、やはり感覚になり、

「そういうものだと覚えておいて」

と言われてしまうケースがほとんど。


じゃあ、これも、「knowのときはwhyではなく、how」のように、
そのまま覚えておけばいいのか? と言うと違います。

なぜかと言うと、これにはれっきとした論理的な理由があるからです。


現在完了形は、when I was a childのように、過去のいつかをはっきりとい
言っているときは使えないんです。

過去形にしないといけないんです。


確かに、経験には現在完了形を使うことが多いです。
しかし、それはあくまで「経験には現在完了形が"好まれる"」というだけで
絶対ではない。

その一方、過去のいつかをはっきり言っているときには現在完了形は×
というのは、「絶対」です。


なので、「好まれる」より「絶対」が優先して、

I lived in Hokkaido when I was a child.

と、経験の話なのに、過去形になるのです。


このように、論理的な理由があるときには、
この論理的なルールを押さえてしまえば、応用が利きます。

上記のルールに則れば、

I have worked for this company from 2005 to 2007.

も間違いで、

I worked for this company from 2005 to 2007.

だということがわかります。
(from 2005 to 2007があるから)


ところが、「Why do you know?は間違いで、How do you know?が正しい」
と同じように、

「I have lived in Hokkaido when I was a child.は間違いで、
 I lived in Hokkaido when I was a child.が正しい」

としか覚えないと、応用が利きません。


また同じように、

I have worked for this company from 2005 to 2007.

と間違ってしまいます。


そうすると、

「I have worked for this company from 2005 to 2007.は間違いで、
 I worked for this company from 2005 to 2007.が正しい」

と覚えなければいけなくなる。


そうなると、

「英語って覚えることが多過ぎる!」

とイヤになってしまったりします。


でも、覚えることが多いわけではないんです。

論理的なルールを理解すれば応用が利くところを、
覚えるだけでごまかしているから、そうなっちゃうんです。


これを避けるためにも、論理的な理由があるケースであれば、
ちゃんとそれを理解すべきなのです。


以上が今回のお話になります。

ほとんどの日本人が日本語の文法を知らないように、
ほとんどのネイティヴは英文法を知りません。

そのため、「Why do you know?」のように、理由がなく覚えるべき物も、
「I have lived in America when I was a child.」のように、理由があって、
そのルールを理解すべき物も、ごちゃまぜにして、

「そういうものだ」

としか言わない人がほとんど。


確かに、Why do you know?のように、理由がないものなら、
それは覚えるべきです。

でも、I have lived in America when I was a child.のように、
理由があるのなら、それは理屈を理解しないといけません。

そうでないと、いつまでも応用が利かず、
「覚えること」が増えてしまいます。


しっかりと英会話のための英文法を学び、英会話を上達させたい方に、
冒頭でお話しした、

「英会話のための英文法 G4C」
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日24日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g4c19apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。


無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る