fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英会話の間違いは2種類ある

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今回は、英会話をテーマに、

「英会話の間違いは2種類ある」

というお話をさせていただきます。


■英会話で間違いの指摘はよくあることですが…


英会話が目標で英語学習している方は、
英会話のレッスンを受けている方が多いです。

そして、英会話のレッスンと言えば、

「それは間違いだよ。こう言わないと」

というような、「間違いの指摘」がつきものです。


これはとても良いことです。

「間違いは悪いこと」と誤解している方も多いですが、
そうではないんです。

誰だって間違えます。

間違っても、それを修正すればいいんです。

間違って修正して、間違って修正して、間違って修正して…。

この繰り返しで、英会話が上達するんです。


例えば、以下のような間違い+指摘ですよね。

間違い1:I have lived in Hiroshima when I was a child.
「私は子どものころ広島に住んでたことがある」



指摘1:I lived in Hiroshima when I was a child.が正しい。


間違い2:How do you think?
「どう思いますか?」



指摘2:What do you think?が正しい。



■間違いには2種類ある


このように、間違いをしても修正していけばいいわけですが、

「間違いには2種類あり、対処法が全然違う」

ということは知っていましたか?


間違いを修正するのはその通りなのですが、
どちらの種類かによって、修正方法がまったく違う。

そして、この修正方法を間違えると、英会話は上達しないんです。


先ほど、間違いとして、

×I have lived in Hiroshima when I was a child.
○I lived in Hiroshima when I was a child.

×How do you think?
○What do you think?

の2つを挙げました。


この2つは、まったく別の種類の間違いなんです。

前者のI have lived in…は、「文法的な間違い」であるのに対して、
後者のHow do you think?は、「自然さの間違い」なのです。


I have lived in Hiroshima when I was a child.

というのは、文法的な間違いです。

そして、文法というのは、論理的なルールがあります。
「なぜ間違っているのか?」というのを論理的に説明できるんです。


今回の例で言えば、

when I was a child
「子どものころ」

と、過去のいつかをはっきりと言っているのに、have livedと現在完了形を
使うのは間違いなんです。

現在完了形は、

when I was a child「子どものころ」
yesterday「昨日」
at eight o'clock「8時」

などなど、「過去のいつか」を言ってしまうと使えないんです。


このように、論理的なルールがあるので、
文法的な間違いは、正しく修正すれば応用が利くんです。

例えば、上記の「現在完了形は、過去のいつかを言っていると使えない」を
学んでおくと、

×I have finished this report at three o'clock.
○I finished this report at three o'clock
「私は3時にこの報告書を終えました」

×I have just come back from a business trip yesterday.
○I just came back from a business trip yesterday.
「昨日出張から帰ってきたばかりなんです」

みたいな間違いをしなくなります。


「現在完了形は、過去のいつかを言っていると使えない」という1つのことを
学んだことで、何千、何万のことに応用ができるのです。


一方、How do you think?というのは、自然さの間違いです。

文法的に間違っているわけではないんです。
ところが、ネイティヴはこういう言い方はしないんです。

「文法的に間違っているわけじゃないけど、
 ネイティヴはこういう言い方はしない。

 だから間違いだ」

というように、「自然さ」の間違いなんです。


文法的には正しいと言うことは、論理的なルールに反しているわけではない。
でも、ネイティヴの感覚的に変だから間違いなのです。

感覚なので、論理的に説明できません。

「なぜHow do you think?じゃダメなんですか?」

と言われたところで、

「ネイティヴはそう言わないから」

としか答えようがありません。


なので、この場合、「そういうものだ」と覚えるしかないんです。

つまり、

「"どう思いますか?"は、What do you think?と言う。
 How do you think?は間違い」

と暗記するんです。


この「自然さの間違い」は応用が利きません。

×How do you think?→○What do you think?

以外には何の役にも立ちません。

つまり、1のことを学んでも、1の力にしかならないのです。



■対処法が逆になると…


このように、間違いには2種類あり、対処法が違うんです。

この対処法が逆になってしまうと、大変なことになります。

先ほどの、

×I have lived in Hiroshima when I was a child.
○I lived in Hiroshima when I was a child.

という間違いを、「そういうものとして覚えるしかない」と勘違いして、

「I have lived in Hiroshima when I was a child.は間違いで、
 I lived in Hiroshima when I was a child.が正しい」

と暗記したとしましょう。

確かに、もうI have lived in Hiroshima when I was a child.とは言わなく
なります。

ところが、

×I have finished this report at three o'clock.
○I finished this report at three o'clock

×I have just come back from a business trip yesterday.
○I just came back from a business trip yesterday.

という間違いは繰り返します。

正しい対処法である

「なぜ間違いなのかを学び、
 英文法には"現在完了形は、過去のいつかを言っていると使えない"という
 ルールがあると知る」

をやっていれば、こういったことは起きません。

せっかく、1つのことを学べば、何千、何万のことに応用できるのに、
対処法を誤ったばかりに、1つのことを学んで、1の力にしかなっていない。

本当にもったいない話です。


その逆もダメです。

例えば、先ほどの、

×How do you think?
○What do you think?

を、「なぜダメなんだろう」と、とことん考えたとします。

ところが、その理由はいつまで経っても出てきません。

それは当然。理由はないからです。
(あえて言えば、「ネイティヴはそうは言わないから」ですが、
 理由とは言えないような理由です)

正しい対処法である、

「"どう思いますか?"は、What do you think?と言う。
 How do you think?は間違いと暗記する」

をやっていれば、時間をムダにせず、すぐに先に進めるのに、
もったいない話です。


このように、英会話の間違いには2種類あり、
対処法がまったく違うんです。

ところが、残念なことに、ネイティヴからするとこの2つは見分けがつきませ
ん。

なぜかと言うと、日本人が日本語を感覚で話すように、
ネイティヴにとっては英語はすべて感覚だからです。

なので、英文法の間違いであっても、彼らからすれば感覚に感じてしまう。

従って、英文法の間違いであっても、

「I have lived in Hiroshima when I was a child.は間違いで、
 I lived in Hiroshima when I was a child.が正しい」

としか言えないんです。

つまり、生徒自身が英文法を学んでいない限り、

「それが英文法的な間違いであり、なぜ間違いかを探って行き、
 同じ文法的な間違いはしないようにすべきものである」

ということに気づかないのです。


このように、英文法の知識がないままレッスンを受けても、
どちらの間違いなのかがわからないので、正しい対処法をとれず、
英語学習が大変非効率になってしまいます。

ですので、英会話のレッスンをムダにしないためにも、
できれば、英会話のレッスンを受け始める前に、

すでに受け始めてしまっている方は、レッスンを受けつつでもいいので、
並行して、必ず英文法を学ぶようにしてください。


「英会話に必要な英文法」を学ぶ。
さらに、「英会話でどう使えば良いか」まで知り、英文を作る練習をしたい
方は、

「英会話のための英文法 G4C」
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日15日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


15周年を記念して、
新補助テキスト「リスニング+英文法」をおつけしております。
http://51.thebelltree.com/15anni_g4c19.htm

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g4c19apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。