fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英文法をむずかしく考えない

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

ここ何回かメルマガでお話させていただいておりますが、
10月は、1年を通して、2番目に英語学習が高い月。
(1位は1月)

10月は皆さん、本当に英語学習がんばられますね。

今回は、

「英文法をむずかしく考えすぎない。
 過去完了形とか、無理に使おうとすると逆効果ですよ」

というお話をさせていただきます。


■英会話の英文法は、最終的には感覚に!


最近、別のメルマガで、

「英会話に英文法は絶対に必要ですが、
 いつまでも考えなければならないわけではなく、
 最終的には感覚的になります」

というお話をさせていただきました。

「オバマ大統領が訪れた博物館に行ってみたいです」を、

I want to go to the museum which President Obama visited.
(whichはthatでもOK)

と言うのが正しく、

I want to go to the museum where President Obama visited.
(whichがwhereになってしまっている)

というのが間違いというように、英会話には英文法が必要。


「関係詞のwhichとwhereの使い分け」

というのは英文法ですよね?


そして、間違った英語を連発したら、意味が通じなかったり、
通じたとしても、「この人の英語変だなぁ」と思われてしまいます。

正しい英語を話すには、英文法が必要なのです。


英文法というと、「じっくりと考えるもの」と思われ、

「英会話でいっつもじっくりと考えてなんていられないじゃないか。
 ずっといろいろ考えながらじゃないと話せないなんてイヤだ」

と思う人が多いのですが、これは大きな勘違い。

ピアノ習い始めたばかりだと、
イチイチ鍵盤を見ながらじゃないと弾けないように、

英文法も最初はイチイチ考えないと正しくできません。


でも、ピアノが練習すれば鍵盤を見なくても感覚で弾けるようになる
ように、英文法もそのうち、

「最初は考えないとできなかったけど、
 何回も練習したから、今は何も考えずに感覚でできるようになった」

というようになるのです。


そして、ピアニストが鍵盤は見ないけど、
「どれがドですか?」と聞かれれば正しく「これです」と言えるように、

「なんでwhereではなくwhichなんですか?」と聞かれれば、
「これこれこういう理由でwhichです」と答えられる。

だから、いざ感覚ではわからないことが出てきても、
考えて答えを出せる、「根拠を伴った感覚」。

最初から考えることなく感覚だけで突き進んでしまったので、
「いざ、感覚ではわからなくなったらお手上げです」という

「いい加減な感覚」とは違うのです。



■英文法をむずかしく考え過ぎ


このように、英文法は英会話に必要であり、
最初は考えなければできなくとも、練習を積み重ねれば、
感覚的にできるようになってきます。

しかし、それでも、

「いやぁ、でも、英文法って一杯学ぶことがあるんだよなぁ。
 過去完了形とかさぁ、いろいろ大変だなぁ」

と思う人もいます。


しかし、大学入試ではなく、英会話のために英文法を学ぶのであれば、
そんなにむずかしく考えなくても良いのです。

実際のところ、中学・高校で習う英文法。
特に高校で習う英文法では、

「実は英会話では使われない」

という項目がけっこうあるんです。


当然のことながら、そういった事項は学ぶ必要はありませんし、
むしろ、中途半端に知っていた方が有害だったりします。

例えば、先ほど例として挙げた「過去完了形」。

実際のところ、これを英会話で使うことはほとんどありません。


なぜかと言えば、ネイティヴが現代では過去完了形はほとんど使わないから。
(あえて言えば、仮定法過去完了のときだけはよーく使います)

シンプルですよね。

ネイティヴが使わないんですから、
私たちノンネイティヴが無理に使おうとする必要はまったくない。

そして、無理に使おうとすると、使うべきではない場面で使ってしまう
ケースが非常に多いのです。


例えば、「私が駅に着く前に、終電は駅を出発した」を、
無理矢理過去完了形を使って、

The last train had left the station before I got to the station.

とする人はとても多いです。


ところが、このケースでは、ネイティヴは

The last train left the station before I got to the station.

と、シンプルに過去形で言ってしまうケースがずーっと多いのです。


確かに、厳密に文法通りで考えたら、
had leftの方が正しいです。

ただ、実際のところは、leftと過去形で済ますネイティヴの方がずっと多い。

いくら「こっちの方が文法的に正しいんだ!」とノンネイティヴである日本
人が言ったところで、

「そんなの知らないよ。われわれネイティヴはそんな使い方しない」

と一蹴されるだけです。


中には、「ネイティヴでも過去完了形を使うことがある」というケースも
ありますが、それは希。

「無理して使おうとして、使うべきでない場面で使ってしまう」

と言う方がずっと多い。

それに、仮定法を除けば、
たとえ、「ネイティヴも過去完了形を使う」というケースでも、
「過去完了形でもいいけど、過去形でも問題ない」というケースばかり。

ですから、仮定法以外で、
過去完了形の可能性はまったく考える必要はないのです。



■こう考えていくと、そんなにむずかしくはない


上記の過去完了形のように、

「中学・高校では習うし、大学入試には出るかもしれないけど、
 英会話ではまったくの不要」

という例はけっこうあるのです。


こういう例を削っていけば、英会話のために学ぶべき英文法というのは、
そんなに範囲は広くないんです。

なので、

「細かい所まで一杯英文法を学ばないといけないのか!」

という心配は不要です。

高校卒業後は、もう学校の英語の勉強は終わったのですから、
実践的なことだけを学んでいけば十分なのです。


今回のお話は以上になります。

不要なところを削って、英会話に必要な英文法の知識、
そしてその知識をどう英会話で使えば良いかを学びたい方は、
冒頭でお話しさせていただいた、

「英会話のための英文法 G4C」
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

がお役に立てれば幸いです。

現在、秋の英語学習応援キャンペーンとして、
第56期(明日19日(木)締切)にお申し込みいただきますと、
講座終了後に学んでいただける復習問題をおつけいたします!


締切が明日19日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g4c19apply.htm

※:英会話よりもTOEIC優先と言う方は↓がオススメ(↓も明日19日(木)締切)
(先日、↓の講座受講生様が英検1級合格のご報告をいただきました!
 詳しくは↓の「受講生様のご感想」をご覧ください)
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。