fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


TOEIC IPテスト

TOEICは基本的に年に8回の開催です。
1、3、5、6、7、9、10、11月の下旬の日曜日です。
これらは「公開テスト」と呼ばれます。

TOEIC運営委員会が会場を確保し、開催する試験です。
申し込めば、基本的に誰でも受けることができます。

しかし、この公開テストの他に、IPテストと呼ばれるものがあります。
IPテストは企業や学校などの機関が開催する試験で、基本的にその機関に所属している人間しか受けられません。
日にちも公開テストとは関係なく、その機関が決めて行います。

そして、大抵の場合、IPテストは公開テストより、割引価格で受けることができます。
価格は場合によって大きく変わりますが、安い場合は1000円とかで受けられることがあります。

では、IPは安い分お得なのか。というとそうでもありません。マイナス面もあります。

まず、スコアシートが出ません。
スコアは結果としてちゃんと出ますし、受験者は自分のスコアを知ることができますが、資格としての証明書である、TOEIC運営委員会が発行している「スコアシート」を得ることはできません。
一つの機関の中で行われた試験なので、その有効性は保証できないということなのかもしれません。

IPテストを受けた機関内であれば、資格としての有効性はあるでしょうが、他の機関ではIPテストを公式なスコアとして認めてくれないことがあります。

例えば、A社に務めている佐藤さんがA社でIPテストを受けたとします。
そのIPのスコアはA社で昇進や昇級のためのスコアとしては認められると思います。

しかし、B社に転職する際などは有効なスコアとして認められない可能性があります。

ただ、料金が安く、自分が所属している機関で受けられるというのは大きなメリットですので、力試しのためにはいいと思います。

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。