fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

TOEICスコア700点台のレベルと勉強法

TOEIC 700点台というと、TOEIC 700点、705点、710点、715点、720点、725点、730点、735点、740点、745点、750点、755点、760点、765点、770点、775点、780点、785点、790点、795点の方が該当することになります。


■TOEIC 700点台の現状把握

今までに、年以上にわたって、名以上の方に英語指導させていただいてきた経験からお話させていただきますと、

TOEIC 700点台となると、「上級に入って行くゾーン」でして、中級者と上級者が入り交じったゾーンです。

また、TOEICの平均点が大体570点ですから、平均は余裕で上回っているレベルです。

TOEIC 500点台TOEIC 600点台ほどではないですが、バリエーションが多く、一口に「TOEIC 700点台」と言っても、

リスニング 400 リーディング 350  総合 750

そして、スコアシートの「文法」や「語彙」などもバランスがよく、文句なしにバランスが良い方(TOEICはリスニングの方が50点高いのが普通なので、これくらいがバランスが良い)もいますし、

リスニング 450 リーディング 340  総合 790

みたいにリスニングに偏っている人もいれば、

リスニング 390 リーディング 400  総合 790

みたいにリーディングに偏っている人もいます。
(リスニングの方が50点高いことを考えると、これでもリーディングに60点偏っていることになります)

TOEIC 500点台TOEIC 600点台ほどではありませんが、極端になると、

リスニング 470 リーディング 280  総合 750
リスニング 330 リーディング 420  総合 750

みたいな、大きな偏りも出てきます。

後述しますが、TOEIC 600点台ほどではないですが、リスニングに偏っている方は、もうすでに当たっていますし、根本的に勉強法を変えないといけない可能性が非常に高いので、注意が必要です。

TOEIC 600点台と同様、

1、リスニングセクションの方が75点以上高い(例:L 400 R 320)
2、リスニングセクションの方が30〜70点高い(例:L 385 R 335)
3、リスニングとリーディングの差がほぼないorリーディングの方が高い(例:L 360 R 360)

の3パターンにわけてお話させていただきます。


■1、リスニングセクションの方が75点以上高い

TOEICはリスニングセクションの方が高いスコアが出るのが普通で、平均して50点リスニングセクションの方が高いです。なので、このゾーンに入る方は、この50点差を考慮しても、リスニングセクションの方が上ということになります。

私の年以上にわたる、名以上への英語指導の経験上、TOEIC 500点台TOEIC 600点台ほどではないですが、

「TOEIC 700点台で、リスニングセクションの方が強い人」

は注意が必要です。

TOEIC 700点台だったら、100点以上差がなければ、そこまで神経質にはならなくても良いかもしれませんが、「リスニング 430 リーディング 320」のように、100点以上の差がある方は速急な改善が必要と言えます。

TOEIC 700点台となると珍しいのですが、「リスニング 470 リーディング 280」のような人だと、本当に危険で、かなり激しく壁にぶつかっていると言えます。

TOEICというのはリスニングセクションの方がスコアが出やすいのです。TOEIC 300点台、400点台のように、スコアが低いうちだと、リスニングセクションばっかりやっていればどんどん伸びて行ったりします。

リスニングはちょっとでも聞き取れれば何となく解ける問題も多いため、感覚的にでき、考えなくてもいい点も、「リスニングで伸ばすのが楽」だと思わせ勝ちです。

ただ、リスニングだけが伸びて行くと、スコアがどんどんアンバランスになっていきます。そして、そのうちリスニングも頭打ちになり、リーディングを伸ばさなければいけなくなります。

すでに、この「リスニングの頭打ち」に直面しているTOEIC 700点台の人は非常に多いです。

さて、リーディングセクションを伸ばさなければいけないということになるのですが、ぜひやっていただきたいのが英文法です。

英語の根幹にあるのが、英文法と語彙の2つなのですが、リスニングセクションの方が得意な方と言うのは、総じて英文法が苦手です。

リスニングはどんどん流れて行く音声のスピードに対応しなければいけないので、スピード重視で感覚的にやらざるを得ないことが多いです。また、深く考えなければいけない問題はあまり出ないので、感覚的にできることが多いです。

TOEIC 700点台で、リスニングセクションの方が得意な人は、この感覚が優れています。これは「才能がある」ということなので、それは良い事ではあります。

特にTOEIC 700点台で、リスニングセクションで450点付近まで来ている人は、相当な才能の持ち主です。

しかし、今までに名以上の方に英語指導させていただいてきたのでよくわかるのですが、感覚が優れているのは素晴らしいことなのですが、感覚が優れている方は、どうしてもその感覚に頼ってしまい勝ち。

「これこれこういう理由で、これが答えになる」というように、論理的に考えることをあまりしません。感覚が優れているので、考えなくても解けてきたのですが、ここからリーディングセクションを伸ばそうと思ったら、論理的に考えて行かないと伸びません。

特にその傾向が顕著なのが、パート5、6で大量に出題される英文法問題。英文法はリスニングのような感覚ではなく、

「これこれこういうルールがあって、このルールを満たしているのはこの選択肢だけなので、これが答え」

のように、論理的に考えないと解けません。

パート7の長文問題にしても、複雑な英文が一杯出ますからそれにも英文法が必要ですし、じっくりと論理的に考える力が求められます。

「今まで、感覚的に突き進んできて、リスニングセクションはどんどん伸びてきた」

という方も少なくないと思います。普通の人はTOEIC 500点台TOEIC 600点台で壁にぶつかるのですが、そのスタイルでTOEIC 700点台まで伸びた人は、相当な才能の持ち主です。

しかし、それもさすがにもうTOEIC 700点台で限界です。「論理的に考えて学習する」スタイルに変更してリーディングセクションのスコアアップを目指さないと、TOEICの全体のスコアが伸びないです。

TOEIC 700点台だとリスニングセクションの方が強いとは言え、スコアシートの「文法を理解している」で60以下、ましてや50以下の人はほとんどいないのですが、仮に50周辺、50以下なら、それはかなり危険です。相当強烈な壁にぶち当たっていますので、根本的なスタイル変更が必要です。

50以下の方は、もう迷いなく、「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」がおすすめです。基本的にはTOEIC 500点以下の方におすすめなのですが、TOEIC 700点台とは言え、「文法を理解している」で50以下だと、「英文法だけ見たら明らかな初心者」ということになります。

この英文法の基礎を攻略しないことには、どうにも壁は越えられないので、直ちに改善することを強くおすすめします。

51〜60でも、状況はほとんど同じで、危機的と言えます。「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」。あるいは、中級者コースの、

A パート5、6のような穴埋め問題で英文法の力をつけたい方
「分かる! 解ける! 英文法!」

B TOEICも英会話やライティング等の実用英語もバランスよく付けたい方
「英会話のための英文法 G4C」

で英文法を「論理的に考える」スタイルで徹底することを強くおすすめします。

TOEIC 700点台。特にリスニングセクションが430前後まで伸びている方は、もうリスニングセクションでスコアを伸ばすのはけっこうむずかしいです。

考えるスタイルに転向して、英文法で最低でも70。80以上を目指さないと、TOEIC 800点台TOEIC 900点台は厳しいです。

語彙に関しては、英文法ほど危険さはないですが、やはり強化したいところ。60以下なら「危機的」、65前後なら「要改善」という状態です。最低でも70。80以上を目指して改善して行きましょう。

また、リスニングセクションの方が弱いとは言え、TOEIC 700点台であれば、そろそろリーディングも伸ばして行きたいところ。

TOEICは問題が多くて、全問題終わらせるのが大変です。多くの人はとにかくスピードを上げてでも、全問終わらせようとします。

しかし、それだと正答率が大きく落ちてしまう人がほとんど。

それよりは、「多少解き残しがあってもいいから、自分のペースで正確に読み進める」というスタイルの方が正答数が増えて、スコアが上がることが多いのです。

何ごともそうですが、

a 適当に速くやる方法が身に付いている人が正確性を上げる
b 遅いけど正確にやる正しい方法が身に付いている人がスピードを上げる

だったら、bの方がずっと簡単。aは根本的なスタイル変更が必要で、かなり時間がかかります。

なので、将来的な意味でも、遅くとも、正確に読む正しい方法を身につけておくことが大切です。

正確に読む方法が身に付けば、あとは反復練習でスピードを上げるだけ。慣れてくればどんどん速くなり、最終的には日本人が日本語を読むのと同じぐらい、感覚的にスラスラと読めるようになってきます。

この正確に読む方法を身につけたい方には「英語真っすぐリーディング講座」がおすすめです。

英文法も並行して学べるので、英文法が65以上の方なら、「並行して英文法も鍛えつつリーディングも」という効果も期待できます。

まずは、パート5、6の文法問題と語彙問題で一杯取る。パート7は10〜15問ぐらい残ってでも、最低リーディングセクションで350点を目指していきましょう。

そのためには、「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」「分かる! 解ける! 英文法!」「英会話のための英文法 G4C」「英語真っすぐリーディング講座」がおすすめです。


■2、リスニングセクションの方が30〜70点高い

「1、リスニングセクションの方が75点以上高い」でもお話させていただきましたが、TOEICはリスニングの方が50点高く出るのが普通。

なので、30〜70点というのは、良いバランスです。

冒頭でもお話ししたように、TOEIC 700点台は、中級〜上級ですから、このバランス型なら、まんべんなく中級〜上級だと言えるでしょう。

ただ、文法が70以下の人もいらっしゃると思います。TOEIC 700点台は、もう上級に入ろうかと言うレベルではあっても、まだ英文法は完璧とは言えません。

ぜひ中級者コースで徹底的に身につけていってください。

A パート5、6のような穴埋め問題で英文法の力をつけたい方
「分かる! 解ける! 英文法!」

B TOEICも英会話やライティング等の実用英語もバランスよく付けたい方
「英会話のための英文法 G4C」

がそれぞれおすすめになります。

TOEIC 700点台だったら、まず文法は75は目指さないとダメです。できれば85を目指して行きましょう。

語彙に関しても、やはり強化したいところ。それぞれのレベルに応じて強化して行ってください。このレベルになると、もはや市販の単語帳というより、英語学習して行く中で出てきた単語を覚えて行く方が有効です。

また、リーディングも強化したいところ。

TOEICは問題が多くて、全問題終わらせるのが大変です。多くの人はとにかくスピードを上げてでも、全問終わらせようとします。

しかし、それだと正答率が大きく落ちてしまう人がほとんど。

それよりは、「多少解き残しがあってもいいから、自分のペースで正確に読み進める」というスタイルの方が正答数が増えて、スコアが上がることが多いのです。

何ごともそうですが、

a 適当に速くやる方法が身に付いている人が正確性を上げる
b 遅いけど正確にやる正しい方法が身に付いている人がスピードを上げる

だったら、bの方がずっと簡単。aは根本的なスタイル変更が必要で、かなり時間がかかります。

なので、将来的な意味でも、遅くとも、正確に読む正しい方法を身につけておくことが大切です。

正確に読む方法が身に付けば、あとは反復練習でスピードを上げるだけ。慣れてくればどんどん速くなり、最終的には日本人が日本語を読むのと同じぐらい、感覚的にスラスラと読めるようになってきます。

この正確に読む方法を身につけたい方には「英語真っすぐリーディング講座」がおすすめです。

英文法も並行して学べるので、「並行して英文法も鍛えつつリーディングも」という効果も期待できます。

また、このタイプはバランスが良いので、英文法と語彙に並行してリスニングもやっておきたいところ。

リスニングのやり方は、「分かる! 解ける! 英文法!」「英会話のための英文法 G4C」「英語真っすぐリーディング講座」でたっぷりお話させていただきます。


■3、リスニングとリーディングの差がほぼないorリーディングの方が高い

「1、リスニングセクションの方が75点以上高い」と「2、リスニングセクションの方が30〜70点高い」でもお話させていただいたように、TOEICはリスニングの方が50点高く出るのが普通。

なので、この差がほぼない(例えば、20点差など)、あるいはリーディングセクションの高いとなると、リーディングセクションの方が高いことになります。

このタイプの方は、私の指導経験上、将来有望な、伸びしろタップリのタイプです。

特に「1、リスニングセクションの方が75点以上高い」でお話させていただいたように、TOEIC 700点台で、リスニングセクションの方が強い人は、もうリスニングが430点以上になっている人も珍しくないです。

もうすぐリスニングセクション満点なので、もうどうにも伸びなくなってきています。そこで、むずかしい方であるリーディングセクションを伸ばすしかないので、伸びづらいのです。

しかし、リーディングセクションの方が強い方は、残っているのは(比較的)簡単な方のリスニングセクション。なので、今後スコアを伸ばすのが比較的楽だということになります。

TOEIC 700点台で、リーディングセクションの方が強い方となると、文法が70以上の人ばっかりだと思いますが、まだ90に行っていないのなら、まだ伸ばす余地があります。

それにリーディングに関してはまだまだタップリ強化の余地があります。

TOEICは問題が多くて、全問題終わらせるのが大変です。多くの人はとにかくスピードを上げてでも、全問終わらせようとします。

しかし、それだと正答率が大きく落ちてしまう人がほとんど。

それよりは、「多少解き残しがあってもいいから、自分のペースで正確に読み進める」というスタイルの方が正答数が増えて、スコアが上がることが多いのです。

何ごともそうですが、

a 適当に速くやる方法が身に付いている人が正確性を上げる
b 遅いけど正確にやる正しい方法が身に付いている人がスピードを上げる

だったら、bの方がずっと簡単。aは根本的なスタイル変更が必要で、かなり時間がかかります。

なので、将来的な意味でも、遅くとも、正確に読む正しい方法を身につけておくことが大切です。

正確に読む方法が身に付けば、あとは反復練習でスピードを上げるだけ。慣れてくればどんどん速くなり、最終的には日本人が日本語を読むのと同じぐらい、感覚的にスラスラと読めるようになってきます。

この正確に読む方法を身につけたい方には「英語真っすぐリーディング講座」がおすすめです。

英文法も並行して学べるので、「並行して英文法も鍛えつつリーディングも」という効果も期待できます。

また、↓の2つもあわせておすすめ。

A パート5、6のような穴埋め問題で英文法の力をつけたい方
「分かる! 解ける! 英文法!」

B TOEICも英会話やライティング等の実用英語もバランスよく付けたい方
「英会話のための英文法 G4C」

目的に応じてどれかで強化してみてください。

また、TOEIC 700点台で、リーディングセクションが得意、しかも英文法と語彙でも問題がないとなったら、リスニングを徹底してやってもいいと思います。

もちろん、「英文法と語彙、リーディングと並行してやる」というのがベストですし、TOEIC 500点台以下なら、ここで油断して英文法と語彙を緩めると、将来的な危険があるのですが、TOEIC 700点台で、リーディングセクションが得意で、英文法と語彙も問題ないのなら、リスニングだけを徹底するのも良いでしょう。

リスニングはとにかく量が物を言います。英文法と語彙が出来ていないと量をこなしても身に付かなかったりしますが、英文法と語彙に問題がないのなら、とにかく量です。

先ほどお話ししたように、伸びしろタップリのタイプなので、ガンガンリスニングをやれば、やっただけ伸びて行くので、どんどんやってみてください。

リスニングに関しても、「分かる! 解ける! 英文法!」「英会話のための英文法 G4C」「英語真っすぐリーディング講座」で対策法をしっかりとお話させていただきますので、こちらがお役に立てれば幸いです。



無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る