fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


TOEICの利用状況

企業が就職、転職、昇進、昇給の際に考慮したり、条件としたり、大学で、「○○○点以上を持っている人は英語の授業の単位免除」というように、単位認定制度を導入したりと、確実に多くの場所で活用されるようになってきています。

例えば、55.7%が、「社員を採用する際にTOEICのスコアを考慮している」と回答しています。
「今は考慮していないが、将来は考慮したい」と回答している企業は17.6%で、併せると73.3%の企業がすでに考慮しているか、将来考慮することを考えています。

昇進や昇級の際の要件としている企業もあり、18.8%の企業がすでに要件としており、現在は要件としていなくても、将来は要件としたいとしている企業は30.9%。併せると49.7%と、約半数になります。

また、単位認定として、TOEICをすでに利用している学校は43.5%。現在は利用していなくても、将来は検討している学校は22.2%。併せると65.7%と、約2/3になります。

この傾向はますます進むと思われ、TOEICの価値は上がって行くものと思われます。

さらに詳しくはTOEIC公式サイトをご覧下さいませ。

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。