fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


TOEICリスニングで聞き取れないのは、ここがポイント!

子音のみ発音っていうのは厄介ですよね。

子音だけ発音するのはもちろん、その音を聞き取るのもとても大変なことです。


しかし、子音のみ発音って母音と一緒になるとさらに厄介なんですよ。

例えば、

put it on

という3つの単語。

カタカナで書くと、プットイットオンですが、
ネイティヴはそうは発音しません。

「前号の話で分かってますよ。
 putのtは子音のみ、itのtも子音のみ発音なんでしょ。」

んー、そうとも言えるんですが、
それはネイティヴが丁寧に発音した場合の話なんです。


put it on

のようなよく使われる単語ほどそうなのですが、
ネイティヴは単語を1語1語はっきりと発音してくれるととは限りません。

早い話が、単語を合体させたように話します。

カタカナで書くと、プティトンみたいな感じです。


なので、初心者がリスニングトレーニングをしていると、

「プティトン? んー、知らない単語だな。」

と思い、スクリプトを見ると、

「あれ? みんな知ってる単語じゃん。
 知ってるどころか、中学1年生でも知ってる超基礎単語だぞ?」

となってしまうのです。


このつながり方を簡単に説明します。

日本語の音は、大きく3つに分けることができます。

1、あいうえお
2、ん
3、その他の子音+母音発音の音

です。


あいうえおは母音のみを発音、
んは子音のみを発音します。

残りの音、例えば、「と」はtという子音を発音した後に、
oという母音を発音しているのです。

子音を発音したあとで、母音を発音。という形ですね。

厳密に言えば、2つの音を発音しているわけですが、
「と」という1つの音に聞こえているわけです。


実はこれがput it onでも起きているんです。

putの最後のtは子音のみ発音です。

そして、itの最初の発音はiという母音のみ発音です。

これらの単語がつながると、
putの最後の子音、tとitの最初の母音、iがつながって、
日本語の「てぃ」に近い音になるんです。

itとonも同じで、
itのtとonのoがつながって、日本語の「と」に近い音になるんです。

そのため、ぜーんぶがつながると、

プティトン

みたいな発音になるんです。


その証拠に、子音で終る単語+子音で始まる単語はくっつきません。

例えば、get on with it

のonとwithはくっつきません。

なぜなら、nもwも子音だからです。
(wは日本語にすると「ウ」なので、母音と勘違いされ勝ちですが、
 実は違うんです。uの「ウ」とは違う音なんです。)


でも、getとon、withとitはつながりますから、

ゲトンウィズィト

みたいな発音になります。

ちなみに、このように合体することを「リエゾン」と言います。


「ちゃんと発音してよ!」

と思うかもしれませんが、英語を話すのはネイティヴです。
そう文句を言っても始まりません(笑)。


他にも聞き取りづらくしているものは一杯あります。

例えば、アメリカ発音では、
centerのように、nとtが重なるとtの音を消してしまう人もいます。

centerは「センター」ではなく、「セナー」のように発音されるわけです。

また人によってはtをdのように発音します。

put it on

もまるで、プディドンのように発音する人もいます。


しかし、残念なことに、これらのことを知っているだけでは聞き取れるようには
なりません。

私は常々、英語の基本は語彙、リスニング、英文法の3つだとお話ししています
が、

語彙は知識で、知っていることが重要です。
英文法は理解で、しっかりと分かっていることが重要です。

英文法をしっかりと理解したい方は↓から!
本当の基礎からメール+音声でお教えいたします!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

でも、リスニングは純粋に能力なんです。

正しいバットの振り方を知っていても、
バットが振れるとは限らないのと同様に、とにかく訓練なんです。

ただ単に聞き流せばいいわけではなく、
しっかりとした方法でやる必要がありますが、
結局最後にモノを言うのは量です。

リスニングのやり方は↓で詳しく解説しております。
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

リスニング経験ゼロでも1年でTOEIC 900を達成した方法です。
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。