fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英文法勉強法を間違ってませんか!?

今回は、

「英文法学習でやってはいけないこと」

をお話いたします。


■不要なのは「細かい」英文法であり、英文法は必要

先日、別の無料メルマガで、

「日本人は学校で英文法ばっかりやっていて英会話ができない。
 英文法なんか不要だ」

と言う誤解があるが、これは間違い。

不要なのは、

「I bought this book.とI have bought this book.の違いは何か?」
「過去形と現在完了形が両方使える時の細かいニュアンスの差は?」

みたいな「細かい」英文法です。

どちらも「この本を買いました」という意味だとわかっているのですから、実用英語の力はついています。

それに「現在完了形しか使えず、過去形は不可」「過去形しか使えず、現在完了形は不可」というケースならともかく(これらは学習すべきですが)

両方使えるケースだと、ネイティヴは「どっちでもいい」「自分はこっち使うけど、別に反対の方でもいい」という個人の好みになってきます。

大学で英文学を研究するとか、そういうレベルの話であり、普通の英語学習者が気にすべき話ではないのです。


でも、根幹の英文法は必要なのです。

初心者で言えば、

「どういうときに、Who did you talk to?みたいにdidを前に出し、どういうときに、Who told you that news?みたいに出さないのか?」

という「疑問文の作り方」。

中級者で言えば、

「"彼らは信頼できるスタッフです"を、They are staff who can trust.だと間違いで、They are staff who you can trust.が正しい」

というような「関係代名詞の使い方」

こういった、実際の英会話やライティングでも必要な知識です。


これらに対して、「間違っている」「意味が変に聞こえる」というネイティヴに対して、

「Who did tell you that news?でもいいでしょ? 文法的に間違い? 英文学なんて不要でしょ?」

「They are staff who can trust.でいいでしょ? 英文法は不要なんですからね」

なんて言いませんよね?

同じ間違いをしないように、疑問文の作り方や関係代名詞の使い方を学ぼうとするはずです。


細かい英文法ではなく、根幹の英文法は必要なのです。

私は今までに、年以上にわたって、名以上の方に英語指導させていただいてきましたが、英文法ができていないで壁に当たっている人は一杯います。

初心者の方はもちろんですし、中級者の方でも、ほぼ全員が英文法に穴があって苦労しています。

もちろん、

中級者向け、英会話・ライティングのための「英会話のための英文法 G4C」

中級者向け、TOEICのパート5, 6文法対策「分かる! 解ける! 英文法!」

目標を問わす初心者向け「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」

の3講座は、すべて

「細かい英文法ではなく、根幹の英文法を学ぶ講座」

となっております。

■英文法でやってはいけないこと

このように、英文法が必要で、学んで行く必要があるのですが、1つ、英文法で注意が必要な点があります。

それは、

「つまみ食いをしないこと」

です。


語彙では、知らない単語があれば、辞書で調べますよね?

例えば、

My predecessor handed me that document.

で、predecessorという単語を知らなければ、それを辞書で調べます。

そうすると、「前任者」と載っています。

なので、

「predecessor=前任者」

と暗記してしまえばいいのです。


語彙に関しては、こうやって

「わからないことが出てきたら調べて覚えればいい」

というその都度調べる学習、

「つまみ食い」

が可能です。


英文法もこのやり方をやればいいと思って、この方法で勉強しようとする人がいます。

例えば、「関係代名詞でわからないことがあったら調べればいい」と思っている方も多いです。

しかし、これは、上級者以外はできない、初心者や中級者でもできる人はいますが、それは

「英文法を一通り体系的に学んだ人」

だけです。
(よっぽどできる人は別ですが、「中学・高校時代に習った」は含みません)


語彙と英文法では、1つ決定的に違うことがあります。

それは「前提知識の必要の有無」です。

語彙に関しては、前提知識は不要です。

極端な話、appleを知らない人だって、predecessorの意味は調べられますし、暗記することができます。


ところが、英文法は前提知識が必要なのです。

例えば、関係代名詞で、

This is the office ------ I work at on Friday.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

とあって、答えは「場所が先行詞だからBだろう」と思ったが、答えは

「前置詞atがあるからAのwhichが答え」

と書かれていた。

そこで、手持ちの教材のの関係代名詞の章を調べたら、

「関係詞の後ろが不完全な文の場合、場所が先行詞だろうとwhichやthatにになる」

と書かれていた。

ところが、「不完全な文」という意味がわからない。それに、そもそも「前置詞があるから」というのもわからない…。

なぜ、これが分からないのかと言うと、

「文とはこういう形であるべき」という「文型」の知識と、「前置詞」の知識が不十分だからです。


文型と前置詞は基礎であり、関係代名詞よりずっと前に学んでいること。

関係代名詞の章では、「もう、文型や前置詞はわかっているでしょ」という前提で説明されます。

今までに、一通り体系的に英文法を学んだ人なら、こういうことはわかっていることが多いですし、失念していても、

「あー、なんか文型でやったよね」
「あー、前置詞でやったよね」

というように、やった場所ぐらいは思い出せますし、そこ(文型や前置詞)をチェックすれば、

「あーそうだった!」

とすぐにわかります。


ところが、体系的に学んだことがない人だと、結局意味不明のまま。

そこで、「よくわからないが、そういうものだと覚えておこう」と付け焼き刃の暗記で誤摩化そうとする人もいますが、それでは、まったく応用が利かないので、意味がありません。

例えば、

This is the office ------ I work at a big desk.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

なら、前置詞atがあろうと、Bのwhereが答えです。

仕組みを理解していない付け焼き刃の暗記では意味がないのです。

■英文法は体系的に1から学ぶべき

このように、英文法というのは「つまみ食い」ができません。

A〜Zまで学ぶべきことがあるとしたら、A→B→C→D→E…というように順番通りに理解を積み重ねるしかないのです。

Bを知らずしてCは学べませんし、Aを知らずしてBは学べないのです。


英文法を体系的に基礎から理解を積み重ねる形で学んでいきましょう!

そんな方には、ぜひ↓の3講座がお役に立てれば幸いです。

中級者の方で、英会話・ライティングができるようになりたい方はもちろん、
複数目標がある中級者の方には、

「英会話のための英文法 G4C」

が、

中級者の方で、英文法そのものを学びたい方、TOEICパート5、6の英文法問題対策をしたい方は、

「分かる! 解ける! 英文法!」

が、

初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわかっていないレベル)の方は、とにかく基礎固めが大切なので、目標を問わず、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」

がそれぞれオススメになります。


「自分は初心者か中級者か微妙なところで、迷うなぁ…」という場合は、万全を期して、基礎を徹底的にやる意味で、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」

をオススメします。


メール配信なので、習慣化できますし、PDFファイルをお渡しするので、それよりも速いペースでやることもできます。

ネイティヴの音声つきですし、分からないところがありましたら、制作者である私に直接メールで質問していただけます。


詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。

中級者向け、英会話・ライティングのための「英会話のための英文法 G4C」

中級者向け、TOEICのパート5, 6文法対策「分かる! 解ける! 英文法!」

目標を問わす初心者向け「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」


上記より、それぞれご覧になれます。


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る