fixedImage
TOEICスコア別・セクション別対策解説 10点〜990点まで
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語リーディング実践講座 44(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

TOEIC 800点の難易度、レベルは? TOEIC 800点を目指す勉強法とは





「TOEIC 800点の難易度、レベルは? TOEIC 800点を目指す勉強法とは」

本記事では、

「TOEIC 800点を目指しているのですが、難易度はむずかしいのでしょうか?」

というご質問に対して、私の英語指導年以上、名様以上への経験から、お話しさせていただきますね。

800点を目指す方向けなので、必然的にTOEIC 800点未満の方が対象となります。







■TOEIC 800点のレベル

まずはTOEIC 800点のレベルについてお話しさせていただきますね。

TOEICの平均点は、だいたい

リスニング 310点 リーディング 260点 総合 570点

ですから、TOEIC 800点は200点以上平均を上回っていますね。

上記のように、TOEICではリスニングの方が50点高く出るのが普通なので、総合800点でバランスの良い方だと、

リスニング 425点 リーディング 375点 総合 800点

ということになります。

英語指導者の間でも、「何点からを上級者と見なすか」は違いますが、多くの英語指導者はTOEIC公式のランクC(470〜725)からランクB(730〜855)の境目である730点より上のどこかを境目にしています。

人によっては730点からが上級者と言いますし、750点からが上級者と言う人もいますし、800点からが上級者と言う人もいます。

ただ、基準が高めの人でも800点なので、800点を持っていれば、まず上級者と見なされ、中級者と見なされることはありません。

私の基準も800点なので、私の基準からしても、800点なら上級者です。

イメージとしては、

パート1、2は完璧とはいかなくても、大体はわかる。ただし、すべて詳細にわかるわけではなく、自信がない問題も多い。

パート3、4はなんとか単語を拾って、大体の意味が取れる。ただし、お手上げの問題も少なくない。

パート5、6はほとんどすべてわかるが、中にはわからない問題もチラホラ。

パート7は時間があれば、かなりわかるが、どうしても10〜15問ほど残ってしまう。

TOEIC 800点の実力はこんなイメージです。







■「普通」の中では最も高いレベル

さて、TOEIC 800点のレベルが、「誰から見ても上級者」というレベルだとわかったところで、難易度についてお話しさせていただきます。

最初から身もふたもないことを言ってしまいますが、当たり前ですが、人によって難易度は違います。

例えば、超一流大学の入試に合格できるだけの力があるように、TOEICを志す前に、もう英語ができる状態になっている人の場合。

この場合、最初からTOEIC 600点以上取れることが多いですし、人によっては最初から700点以上取れてしまう人もいます。

こういった人なら、800点は、少しのレベルアップで到達できるので、それほど苦労しないでしょう。

一方、英語がずっと苦手なまま大人になり、その後も苦手なまま数十年過ごし続けた方の場合、最初はTOEIC 200点台ということも珍しくありません。

この場合、どうしても、800点に到達するまでは時間がかかります。

このように、当たり前ではありますが、人によって難易度が大きく異なるのですが、私の年以上にわたる、名以上の方への英語指導の経験上、TOEIC 800点というのは、

「基本的には、非常に多くの人が、正しい方法で努力をかなりの間続ければ到達できるレベル」

と言えます。

私の指導経験上、800点というのは、誤解を生みそうな言い方かもしれませんが、「普通の人が到達できる最高点」と言えます。

それより上、TOEIC 900点となると、何かしらの要素が必要だなというのは実感します。

・英語がとても好き
・英語学習が得意である
・試験というものが得意である

など、何らかの要素が最低1つはないとそう簡単ではありません。

正直、800点と900点の差はけっこう大きいです。

700点と800点も差はありますが、それ以上に800点と900点の差は大きいです。

感覚的には、800点だと、どんな人でも努力を長い間続ければ、いずれ到達できる。

ただ、900点を取れる人となると、何かしら「普通の人ではない」ものを持っている印象です。

英語がとても好きだとか、英語学習がとても得意であるとか、試験が得意。何かしらの要素が必要です。

でも、800点であれば、楽ではないものの、どんな人でも「長期の目標」だったら、現実的な目標と言えます。

上記の、「800点と900点は相当違う」という点は、世間では認識されていないので、ある意味、

「難易度の割には、かなり評価してもらえる、TOEIC 800点はお得なスコア」

と言えるかもしれません。

一言で言えば、

「簡単ではないけど、長期的な目標としては、現実的な目標」

と言えます。

ですので、もし「TOEIC 800点なんて自分にはできるのかな?」と思っている方がいましたら、

「決して簡単ではないですし、時間がかかる人の方が多いですが、努力を続ければ到達可能な現実的な目標ですよ」

と言えます。

もちろん、私の講座の受講生様たちもとても多くの方が達成されています。







■まずは「語彙」と「文法」を80、できれば90に!

では、続いて「TOEIC 800点を目指すための勉強法」についてお話しさせていただきます。

まず、どのレベルの方でも取り組むべきなのは、TOEIC公式認定証(スコアシート)のAbilities Measured(アビリティーズ・メジャード、通称アビメ)の、「文法が理解できる」と「語彙が理解できる」の2つです。

語彙と英文法というのは、何と言っても英語の基盤です。

この2つができていないことには、英語はなーんにもできません。

語彙が低ければ、知らない単語・熟語だらけで、全然意味が取れません。

英文法がわからなければ、長い文、複雑な文の意味が取れません。

例えば、

Researchers from the University of New York in the United States have said that it is possible for any students who are older than 50 years old and are trying to learn a foreign language to learn new words by simply listening to them and then use them appropriately when they need to use them while they are having a conversation.

英文法の力がない人だと、全部の単語と熟語を知っていても、この英文意味が取れず、

「研究者、アメリカのニューヨーク大学からの、言った、それは可能です。どのような生徒にとっても、誰が50歳以上ですか? 外国語を学ぼうとしています。新しい単語を学ぶために、単純な方法で、それらを聞いています。そして、適切にそれらを使います、それらを使う必要があるときに、会話をしている間」

みたいに、支離滅裂になってしまいます。

英文法がわかっていないから、

「どれが主語か?」
「どれが副詞か?」
「どれがどれを修飾しているか?」
「全体の意味としてどうなるか?」

が取れないのです。

そして、厄介なのは、各教材は、こういった英文法がわかっていることを前提にしていて、

「この文の主語はこれになるから、こういう意味になる」
「ここがこれを修飾しているから、こういう意味になる」

と言った解説がないことです。

だから、英文法ができない人が英語学習をしていても、

「この英文で使われている単語・熟語はすべて意味は知っている(or辞書で調べた)のに、文全体の意味がわからない」

「この英文、教材の日本語訳を見たらこういう意味らしいけど、なぜこの意味になるのかわからない」

ということになってしまい、英語学習が非効率になるのです。

特に「文法が理解できる」が60未満の方、中でも特に50以下となると、かなり危機的状況です。

即急に、英文法を学んで、最低限60以上に。

そして、TOEIC 800点を目指すのなら、最低限80に、できれば90に持っていきましょう。

「文法が理解できる」と「語彙が理解できる」の2つを80まで持っていけば、英文法と語彙という英語の基盤ができているわけですから、TOEIC全体に好影響を及ぼします。

90まで持っていければなおさらですね。

英文法と語彙が直接問われる、パート5、6でいいスコアが取れるのは当たり前。

パート7だって読解力がかなりつきます。

リスニングだって、意味が取れる文が増えますし、パート3、4は選択肢を読まないといけませんから、そこで大きな戦力になります。

「文法が理解できる」と「語彙が理解できる」が90あれば、あとはリスニングの地道なトレーニングをやれば、TOEIC 800点に到達できるでしょう。

リスニングは、とにかく量が勝負でして、コツコツ少しずつやると、少しずつ伸びます。

ただ、「文法が理解できる」と「語彙が理解できる」が80だと、パート7のリーディングでもしっかりと点を取る必要があります。

「文法が理解できる」と「語彙が理解できる」が80に到達した時点で、パート7でもしっかりと点が取れるという人もいます。

しかし、パート7は、人によって、得意苦手の傾向がハッキリと出ます。

例えば、の話ですが、例えば、↓の英文

There was a weird rule in my school. Because of the rule, we couldn't leave any textbook or notebook at school and we had to take all them back home. The school proposed changing the rule. Every student voted and most of them voted "Yes." Now we don't have to every textbook and notebook home.

これは難しい単語・熟語、英文はなく、

「私の学校では変なルールがありました。そのルールのため、私たちはいかなる教科書もノートも学校に置いていくことはできず、すべてを学校に持って帰らなければいけませんでした。学校がこのルールを変えることを提案しました。すべての生徒が投票し、ほとんどが"はい"と投票しました。今、私たちはすべての教科書とノートを家に持って帰る必要はありません」

と意味が取れる人が多いです。

しかし、

Who voted against change?

(A) Every student.
(B) Some students.
(C) No student.
(D) Some teachers.

という問題には、

「え? 誰が反対したかなんて書いてないよ」

と解けない人が多い。

これは本当に人によって得意不得意が出ます。

得意な人は最初っから「裏読み」ができる。

つまり、

「most of them voted "Yes"って書いてあるね。mostってことは全員じゃない。全員ならallってなっている。ということは、何人か反対した生徒がいたんだ。だから答えはB」

というように、何も教わらなくても裏読みができる人がいるのです。

でも、いくら英文法と語彙ができて、英文の意味が取れても、裏まで取れず、

「え? 誰が反対したかなんて書いてないよ」

という人は多いのです。

「文法が理解できる」と「語彙が理解できる」が80前後で、800点を目指すのであれば、パート7でもスコアが取れないと厳しいです。

それには、上記のような「単に意味が取れるだけでなく、深くまで読める力」が必要となってきます。

パート7がどうしても苦手という場合は、文法が理解できるが67以上あるのなら、「英語リーディング実践講座 44」などでリーディング対策をされることをオススメいたします。

「文法が理解できる」が60未満の方に、英文法の基礎には「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」がオススメです。

「文法が理解できる」が60以上ある場合は「分かる! 解ける! 英文法!」がオススメ。

TOEICが必ずしも最優先ではなく、英会話やライティングなどの実用英語も鍛えたい方は、「英会話のための英文法 G4C」がオススメです。

「文法が理解できる」が67以上あって、パート7のリーディング実践でしたら、「英語リーディング実践講座 44」がオススメです。

最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも英語学習のお役に立てれば幸いです。













TOEIC直前対策、直前の悪あがきは何をするべき?
https://www.new-toeic.net/archives/2019/03/toeic_23.html
「TOEIC直前対策、直前の悪あがきは何をするべき?」 本記事では、 「TOEICまであと1週間なのですが、直前対策、直前の悪あがきは何をすると効果的でしょうか?」 というご質問に対して、私の英語指導...

TOEIC 700点の難易度、レベルは? TOEIC 700点を目指す勉強法とは
https://www.new-toeic.net/archives/2019/03/toeic_700toeic.html
「TOEIC 700点の難易度、レベルは? TOEIC 700点を目指す勉強法とは」 本記事では、 「TOEIC 700点を目指しているのですが、難易度はむずかしいのでしょうか?」 というご質問に対し...

TOEIC 800点の難易度、レベルは? TOEIC 800点を目指す勉強法とは
https://www.new-toeic.net/archives/2019/03/toeic_800toeic.html
「TOEIC 800点の難易度、レベルは? TOEIC 800点を目指す勉強法とは」 本記事では、 「TOEIC 800点を目指しているのですが、難易度はむずかしいのでしょうか?」 というご質問に対し...

TOEIC 600点の難易度、レベルは? TOEIC 600点を目指す勉強法とは
https://www.new-toeic.net/archives/2019/03/toeic_600toeic_1.html
「TOEIC 600点の難易度、レベルは? TOEIC 600点を目指す勉強法とは」 本記事では、 「TOEIC 600点を目指しているのですが、難易度はむずかしいのでしょうか?」 というご質問に対し...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語リーディング実践講座 44(名様 締切)
プロフィールをもっと見る