fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語を予測して読むのが正しい読み方





今回は「英語を予測して読むのが正しい読み方」というお話です。



■ネイティヴは何も考えずに読んでいる?

最近、仕事のスケジュール上、ネイティヴ講師と意見の交換をすることが多いです。

お互いに、

「へぇ、ネイティヴからすると、そこを重視して英語教えるんだ」

「ほぉ、日本人はそう考えるのか! だからここで苦労するわけだなぁ」

といろいろな発見があります。


今回はリーディングに関するお話なのですが、英語指導者の中には、

「ネイティヴは英語を読む際に、何も考えずに読んでいるではないか!
 日本人もそのように、いろいろ考えずに一杯英語を読めば良いんだ!」

と言う人も多いです。


ただ、この

「ネイティヴは何も考えていない」

というのは、少々誤解を含んでいます。



■ネイティヴだって「次に何が来るべきか」を考えている

確かに、

「この不定詞は○○用法で…」

とか、細かいことまでは考えていません。
(そもそも、ネイティヴにはそこまでの英文法の知識はない)


また、細かいことではなく、基本的なことであっても、「心の声」になるほど意識的に考えているわけではありません。

でも、無意識レベルでは、ちゃんと考えているのです。


これは、日本人が作った間違った英文をネイティヴに添削してもらうと、よくわかります。

例えば、

I don't know when that big explosion in that chemical plant.

という英文を見てもらうとします。


すると、

「あれ? that big explosion in that chemical plant…、動詞はどうした? いつ動詞が来るかと待っていたのに、そのまま終わってしまったぞ」

と言われます。

これは、実際にネイティヴに試しに聞いてみて、言われたことです。


I don't know when…

whenというのは副詞の疑問詞。

その後ろに「文」を続けて使います。

「文」ということは、

S(主語)があり、V(動詞)が来ます。

必要とあらば、O(目的語)やC(補語)も来ます。


それなのに、

that big explosion in that chemical plant
「あの化学プラント内でのあの大きな爆発」

とSが来たあと、Vが来ずに終わってしまいました。


ちゃんと、

I don't know when that big explosion in that chemical plant occurred.

のoccurredのように、Vがないと間違った英文になってしまうのです。


ネイティヴは上記の事柄を、「心の声」になるほど、

「whenだから少なくともSVが来るぞ。Sが来た。次はVが来るぞ」

と意識しているわけではありません。


しかし、無意識レベルでは、

「whenだからSVが来る。Sが来たから、次はVが来る」

ということはちゃんと考えているのです。



■日本人だって考えている

よーく考えてみれば、日本人が日本語を読むときだって、無意識レベルでは、考えているのです。

例えば、

「私はいつあの化学プラント内でのあの大きな爆発知らない」

という日本語を読んだらどうでしょう?


「爆発がどうしたの?」

「爆発がどうしたのがいつか知らないの?」

と違和感を持つはずです。


無意識かもしれませんが、ちゃんと「爆発がどうしたのか?」
つまり、爆発の動詞(V)を探しているんです。


無意識かもしれませんが、

「Sの次はVが来る」

というように、

「次は何が来るだろう」

というのを予測しながら読んでいるんです。


なぜ、ネイティヴが英語を読む際に、日本人が日本語を読む際に、こういった無意識レベルの予測をできるのか?

と言うと、それは小さな子どものころからずーっと読み続けているからです。

だからこそ無意識にできるようになっているのです。


しかし、それは、子どもだったからできることですし、膨大な時間がかかっています。

子どもというのは、言語習得能力がとても高い。感性が優れていて、どんどん吸収して行きます。

ただ、その反面、論理的思考能力がまだまだ未発達。

例えば、「主語が来たから、次は動詞」と、論理的に理屈を教えても理解できません。


そのため、感性と膨大な時間を使って、とにかく量で補うしかないのです。

子どもは勉強が仕事。

1日のすべてを勉強に費やすことが可能です。
(本を読むことや、書いたりしゃべったりする言葉を大人に訂正されることは「勉強」とは見られないかもしれませんが、言語習得の意味では「勉強」)


ところが、大人はそういうわけにはいきません。仕事等がありますから、1日のすべてを英語学習に費やすことは不可能です。

それに子ども時代の優れた感性はもう失われてしまっています。


その代わり、大人は論理的思考能力が発達しています。

子どもは理屈で学習することが困難ですが、大人は、

「主語が来たから、次は動詞」

というように、論理的な学習が可能です。


「ネイティヴが無意識レベルではこう読んでいるんだよ」というのを、論理的思考によって学ぶ。

これが大人にとって、最良の英語学習法と言えます。

※:「主語が来たから、次は動詞」は一例に過ぎません。ほかにも学ぶべきことは一杯あります。


今回のお話は以上になります。

正しい読み方を身につけて、リーディング力をアップさせたい方は、

「英語真っすぐリーディング講座」

がオススメになります。


「TOEIC 460だったのが740点に。たったの5カ月で280点アップしました。問題を解く際もすべての根幹には鈴木先生の講座があると私は思ってます」

「去年10月TOEIC初受験は420点。本講座を受講した後、610点までUP。その後も自身で英語学習を続け、7月には760点まで伸びました!」

「本講座や英検対策のおかげもあって、英検準1級の1次試験合格しました! しかも、前回の42点に比べ一気に点数が69点まで伸びての合格です」

と嬉しいご感想をいただいている講座でして、


「日本語に訳して読んでいる」
「適当に意味をつなげて読んでいるだけ」
「読むのが遅くて…」
「長い文、複雑な文が苦手」

という方にオススメです。


ネイティヴの音声もついていますし、わからないところがあったら、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「英語真っすぐリーディング講座」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!











英語を予測して読むのが正しい読み方
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/08/post_56.html
今回は「英語を予測して読むのが正しい読み方」というお話です。 ■ネイティヴは何も考えずに読んでいる? 最近、仕事のスケジュール上、ネイティヴ講師と意見の交換をすることが多いです。 お互いに、 「へぇ、...

英語リーディングは構造(英文法)を意識
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/08/post_57.html
今回は「英語リーディングは構造(英文法)を意識」というお話です。 ■「読み方」ってあるんですよ リーディングというと、ほとんどの人は感覚、日本語訳で読んでいます。 一番典型的なのが、以下のような読み方...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る