fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語リーディングに文法が必要





今回は「英語リーディングに文法が必要」というお話になります。



■意味が取れない2種類の原因

リーディングをしていると、どうしても意味のわからない英文に出会ってしまうものです。

「意味が取れない」原因は、大きく分けて2種類あります。

1つ目は、「単語や熟語を知らなかった」というケース。


例えば、

The comptroller was apprehended.

という英文。

comptrollerとapprehendはけっこうむずかしい単語です。

comptrollerが「会計検査官」
apprehendが「逮捕する」

という意味だと知らなければ、上記の英文を、

「会計検査官は逮捕された」

という意味だと取れません。

これが「単語や熟語を知らなかった」ことが原因で、英文の意味を取れないケースです。


この場合は、対策は極めて単純でして、語彙を増やすしかありません。

単語帳を使って、単語や熟語を覚える。あるいは、いろいろな英文に触れて、出て来た知らない単語や熟語をその都度覚えて行けばいいのです。


しかし、意味が取れない原因はもう1種類あるんです。

それは、「構造が読み取れない」というケース。

例えば、

The computer everybody in that room thought would work smoothly didn't work at all unfortunately.

という英文。

むずかしい単語・熟語は使われていません。

あえて言えば、

unfortunately「残念ながら」
smoothly「スムーズに」

であったり、

workに「作動する」という意味があることを知らなかったりというぐらいです。


しかし、この英文の意味を取れない人は多いんです。

正しくは、

「あの部屋のみんながスムーズに作動するだろうと思っていたコンピューターは残念ながらまったく作動しなかった」

という意味なのですが、正しく意味が取れない人は多い。

正しく意味が取れたとしても、何回か読み返さないと意味が取れなかったという人も多いです。


単語や熟語の意味は知っているのですから、原因は語彙不足ではありません。

原因は「構造が読み取れない」ということです。



■なぜこういう意味になるのか?

※:下記は簡易な解説であり、「この解説だけで意味が完璧に取れるようになってくださいね」という意味ではありません。

では、なぜ

The computer everybody in that room thought would work smoothly didn't work at all unfortunately.
「あの部屋のみんながスムーズに作動するだろうと思っていたコンピューターは残念ながらまったく作動しなかった」

という意味になるのかと言うと、

the computer everybody in that room thought would work smoothly

は長いですが、1つの名詞であり、この文の主語になります。

everybody in that room thought would work smoothly

は長いですが、1つの形容詞であり、これはthe computerを修飾しています。

これは、もともとは、関係詞which(thatでも可)があったもので、

which everybody in that room thought would work smoothly

だったもの。

そして、関係詞+文はもともとは普通の文でした。

whichを元の位置にあげると、

Everybody in that room thought which would work smoothly.

関係詞には先行詞(修飾される名詞、the computer)を入れてあげると意味が通りますから、これはもともとは、

Everybody in that room thought the computer would work smoothly.
「あの部屋のみんなはコンピューターはスムーズに作動するだろうと思っていた」

だったことになります。

だから、

the computer everybody in that room thought would work smoothly

は、「あの部屋のみんながスムーズに作動するだろうと思っていたコンピューターは」という意味になるんです。


そして、この長い主語の次のdidn't workがこの文の動詞。

at allは否定の強調で、「まったく」
unfortunatelyは副詞で、「残念ながら」

こういう仕組みになっているために、

The computer everybody in that room thought would work smoothly didn't work at all unfortunately.

「あの部屋のみんながスムーズに作動するだろうと思っていたコンピューターは残念ながらまったく作動しなかった」

という意味になるのです。


The computer everybody in that room thought would work smoothly didn't work at all unfortunately.

の「thought would」に違和感を覚える人は多いのですが、上記のように、もともとは間にthe computerが入っていたために、こういう形になっているのです。

thought would workのように、動詞が2つ並んでいたら、それは、そこに関係詞があったということ。

the computer everybodyのように名詞が2つ並んでいたら、それは、関係詞が省略されていて、後ろ(everybody以下)が前(the computer)を修飾しているということ。


上記のように、こういう複雑な文や、長い文が読めないという場合、構造がわかっていない。

上記の例で言えば、

「the computer everybody in that room thought would work smoothlyが長いけど1つの名詞であり、この文の主語である」

「everybody in that room thought would work smoothlyは長いけど1つの形容詞であり、the computerを修飾している」

「thoughtとwouldの間にもともとはthe computerが入っていた」

こういう構造が見抜けないために意味が取れていないのです。


構造が分かっている人は、上記のことがわかっていますし、わかっているだけでなく、上記のように長くいろいろと考えなくとも、無意識に、パッと「はい、こういう意味!」と意味がわかります。

まるで、日本語を読んでいるかのように、無意識にとらえられます。



■英文法? はい、英文法です

しかし、上記のようなお話を聞くと、

「これってリーディングの話だよね? なんか関係詞とか、主語とか、英文法(文法)の話をしているみたいだけど」

とか

「私はリーディングができるようになりたいのであって、英文法(文法)ができるようになりたいわけではないんです」

と思う人もいます。


けっこう、「リーディング」と「英文法(文法)」の2つはまったくの別物であり、まったく関連性がないものと勘違いしている人は多いんです。

確かに、

The comptroller was apprehended.

みたいな、単純な文であれば、英文法(文法)はほぼ不要と言えるでしょう。
(一応、「be+過去分詞は受動態」という英文法(文法)は使われていますが、英文法(文法)と意識する人は少ないケース)


しかし、先ほどの

The computer everybody in that room thought would work smoothly didn't work at all unfortunately.

のように、複雑な文、長い文となるとそうはいきません。

構造が読み取れなくなってしまい、たとえ単語や熟語を全部知っていたとしても、意味が取れなくなってしまうのです。

その「構造を読み取る力」というのは、先ほどお話したように英文法(文法)なんです。

関係詞がどうとか、修飾がどうとか、主語がどうとか。英文法(文法)なんです。


リーディングと英文法(文法)がまったく関連性のないものだと勘違いし、「上記のような複雑な文がなぜそういう意味になるのか?」の説明に英文法(文法)が出てくると、

「え? 英文法(文法)? これはリーディングをしたい自分向けじゃないな」

と無視してしまう人もいます。

中には、「慣れだよ。むずかしいこと考えず一杯読めばいいんだ」と、強引に量で解決しようとする人もいます。

しかし、なぜこういう意味になるのかがわからないのに、量で解決しようとしても無理があります。


上記のように、リーディングと英文法(文法)は密接に関連しています。

英文法(文法)を無視してリーディングをやろうというのは、あまりに無謀なことなのです。


今回のお話は以上になります。

正しい読み方、そしてそれを理解するために必要な英文法(文法)を身につけて、リーディング力をアップさせたい方は、

「英語真っすぐリーディング講座」

がオススメになります。


「TOEIC 460だったのが740点に。たったの5カ月で280点アップしました。問題を解く際もすべての根幹には鈴木先生の講座があると私は思ってます」

「去年10月TOEIC初受験は420点。本講座を受講した後、610点までUP。その後も自身で英語学習を続け、7月には760点まで伸びました!」

「本講座や英検対策のおかげもあって、英検準1級の1次試験合格しました! しかも、前回の42点に比べ一気に点数が69点まで伸びての合格です」

と嬉しいご感想をいただいている講座でして、


「日本語に訳して読んでいる」
「適当に意味をつなげて読んでいるだけ」
「読むのが遅くて…」
「長い文、複雑な文が苦手」

という方にオススメです。


ネイティヴの音声もついていますし、わからないところがあったら、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「英語真っすぐリーディング講座」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!











英語を予測して読むのが正しい読み方
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/08/post_56.html
今回は「英語を予測して読むのが正しい読み方」というお話です。 ■ネイティヴは何も考えずに読んでいる? 最近、仕事のスケジュール上、ネイティヴ講師と意見の交換をすることが多いです。 お互いに、 「へぇ、...

英語リーディングは構造(英文法)を意識
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/08/post_57.html
今回は「英語リーディングは構造(英文法)を意識」というお話です。 ■「読み方」ってあるんですよ リーディングというと、ほとんどの人は感覚、日本語訳で読んでいます。 一番典型的なのが、以下のような読み方...

英語リーディングに文法が必要
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/08/post_58.html
今回は「英語リーディングに文法が必要」というお話になります。 ■意味が取れない2種類の原因 リーディングをしていると、どうしても意味のわからない英文に出会ってしまうものです。 「意味が取れない」原因は...

英語の読み方がわからない方へ
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/08/post_59.html
今回は「英語の読み方がわからない方へ」というお話になります。 ■「読み方」って何? 皆様は、「英語の読み方」を意識されているでしょうか? それとも、読み方を意識せず、ただ単に英語を読んでいるでしょうか...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る