fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語教育の最大の問題点





「英語教育の最大の問題点」







■日本の英語教育最大の欠点

「日本は世界で経済規模は3位なのに、英語力はかなり低い(110位 TOEFL調べ)。

でも、それは中学、高校と6年間、主要教科としてやった上での結果。ということは、学校の英語教育が良くないのだ」

ということはよく言われます。


私も、学校の英語教育は良くないと思う点が多々あります。

いい点もあると思います。例えば、英文法やリーディングの基礎をみっちりやる点はいいと思います。

(英会話ができないのは、英文法やリーディングをやるからではなく、単純にリスニングや英会話をやらないから。英会話にも英文法は必要)


しかし、1点、これは本当にどうにかしてほしいと思う点があります。

それは、

「日本語を通して英語を考えるように教えること」

です。


授業では、「○○さん、次の文を日本語に訳してください」
試験では、「下線部を日本語に訳しなさい」

と、

「英語は日本語に訳して理解するように」

と習います。


そのため、大人になっても、

「英語は日本語に訳して理解する」
「英会話では、日本語で言いたいことを考えて、それを英語に訳す」

という方法を取る人が多数を占めています。


しかし、この方法には様々な弊害があり、日本人が英語が苦手になっている1つの原因だと私は考えています。

「リーディングで同じ英文を何回も読み直してしまう」
「長い文、複雑な文になると読めなくなってしまう」
「His beard makes him look older.など英語特有の表現を理解できない」
「知っている単語が自分の知っている訳とは違う訳だと理解できない」
「日本語で考えてしゃべるので、変な英語になってしまう」

これらは、すべて、日本語を通じて考えていることの弊害です。







■リーディング面での弊害

これは「日本語に訳すことの弊害」としては有名ですが、英語と日本語では語順が全然違います。

例えば、

I think that this project is going to succeed.
「私はこの計画は成功すると思います」

では、thinkは2語目なのに、日本語の「思います」は最後にあります。


それなのに、これを1文1文日本語に丁寧に訳して行くと、何回も同じ英文を読み返すことになり、ムダな時間と労力を消費します。


また、だからと言って、先頭からただ単に意味をつなげて読む方法も有効ではありません。

I think that this project is going to succeed.

のような単純な文なら、

「私は思います、この計画は成功する」

のように、先頭から意味をくっつけて読むことで読めますが、

The man accused of lying has been telling the truth for the whole time.

のような文だと、

the man 男は
accused 非難した

というように、意味を取り違えてしまいます。


正しくは、

「ウソをついたと非難された男はずっと真実を語っていた」

であり、男は非難した方ではなく、非難された方だったのです。


これは、日本語訳だけにとらわれていて、英文の構造を見ておらず、「この単語は文中でどういう役割を果たしているか」を見ていないことが原因です。


正しい読み方ができている人なら、

「accusedの後ろに名詞があれば、"非難した"という意味。名詞がなければ、"非難された"という意味」

と言うことがわかっています。







■英語特有の表現を理解できない

日本語と英語は別の言語である以上、

「日本語にはあるけど、英語にはない表現」
「英語にはあるけど、日本語にはない表現」

というものがあります。


例えば、

His beard makes him look older.

のような表現は、「英語にはあるけど、日本語にはない表現」です。


これは直訳すると、

「彼のヒゲが彼を年上に見せさせる」

ですが、日本語ではこういう言い方をしません。


日本語では、

「彼のヒゲのせいで、彼は老けて見える」

という言い方をします。


ここで、

「"彼のヒゲが彼を年上に見せさせる"って変な言い方だけど、英語ではこういう言い方をするんだな」

ぐらいに思っておけばいいのですが、

「んー、変な言い方だな。日本語じゃこんな言い方をしないぞ」

「さてどうやったら、自然な日本語にできるものか」

と、

「日本語にない表現を見ると思考停止に陥ってしまう」
「意味はわかっているのに、自然な綺麗な日本語に直すと言うムダな行動に出てしまう」

という症状が出てしまいます。

そして、場合によっては、「無生物主語」という訳出テクニックをわざわざ覚えたりして、自然な日本語に訳せるようにトレーニングしたりします。


でも、通訳や翻訳者を目指していたり、日本語に訳す問題が出る試験を受けるのでなければ、わざわざ英語を日本語に訳す必要などないのです。

自分が意味がわかれば、それで十分。

日本語に訳さないで意味がわかるならそれがベストですし、日本語に訳さないとわからないのなら、その日本語は意味がわかればOKで、自然であったり、綺麗である必要などまったくありません。

それなのに、日本語に訳す、それも、自然な綺麗な日本語に訳すのは、時間と労力のムダです。


日本語の字面にとらわれるより、

「彼のヒゲが原因である。その結果として、彼が年上に見える」

という因果関係を論理的にとらえることが大切です。







■日本語と英語は1対1で対応していない

最初は誰でも基礎的な単語を覚えないといけませんから、単語帳で意味を覚えることになります。

その際には、単語帳には「apple リンゴ」のように載っています。


辞書を調べてもやはり、「apple リンゴ」というように、日本語訳が載っています。


そのため、多くの人にとって「意味を覚える」というのは、「日本語訳を覚える」ということを意味します。

これが「apple=リンゴ」のように、日本語と英語で1対1で対応している単語ならかまいません。


しかし、日本語と英語は別の言語である以上、必ずしも1対1で対応しているわけではないのです。

しかし、日本語訳にとらわれている人の場合、自分が知っている日本語訳には当てはまらない文に出会った場合、思考停止してしまうことがあります。

例えば、desperateという単語。

辞書には「命知らずの」などと載っていたりします。
仮に、「命知らずの」と覚えていたとしましょう。


そこで、

There was a desperate shortage of medicine.

という英文があったとします。すると、

「命知らずの不足? 変な意味だな」

と違和感を覚えて、理解できなくなってしまいます。


そこで、辞書を引くと、

「自暴自棄の、すてばちの、命知らずの、死に物狂いの、いちかばちかの、命がけの、欲しくてたまらない、絶望的な、見込みがない、すさまじい、ひどい」

というように載っていたりします。


すると、

「いろんな意味があるんだな。今回の場合、絶望的な、すさまじい、ひどいのどれかかな?」

と考えると同時に、

「desperateってこんなに一杯意味があるんだ! 覚えるのが大変だな!」

という風に勘違いしてしまったりします。


これは、desperateに一杯意味があるわけではありません。

desperateという単語にピタリと当てはまる1つの日本語がなく、ある文脈によっては、「自暴自棄の」がピッタリだったり、別の文脈では、「すてばちの」がピッタリだったり、というだけの話。


「意味が一杯あるのではなく、訳し方が一杯あるだけ」

の話なのです。


英語と日本語は別の言語なのですから、「apple=リンゴ」のように、ピタリと、1対1で対応している単語の方がむしろ珍しいのです。

desperateを表す日本語はなく、desperateはdesperateでしかない。

人気海外ドラマで、「Desperate Housewives」というドラマがありますが、その日本語タイトルは「デスパレートな妻たち」です。

desperateに対応した日本語がないので、そのままカタカナにしてしまわざるをえないというわけなのです。







■日本語を英語に訳しただけでは…

英会話での欠点は、

「まず日本語で考えて、それを英語に訳す」

という方法をとるため、英語からすると変な表現になってしまう点。


例えば、日本語では、「疲れた」とよく言いますよね。「た」となっているので、これは過去形のように見えます。

そのため、

I was tired.

としてしまう人もいます。


しかし、これでは、

「今疲れているのではなく、前(例えば、昨日)に疲れていました」

という意味になってしまいます。


でも、日本語で「疲れた」と言った場合、普通、「今疲れている」ということを言いますよね。

疲れを感じ始めたのはもっと前からかもしれません。
疲れの原因となる行動は過去の行動かもしれません。

でも、疲れているのは今なのです。

ですから、英語では、

I am tired.

と現在形にすべきなのです。


上記は極端な例ですが、

「日本語で考えているがために、英語だと変な意味になってしまう」

ということは非常に多いのです。







■解決方法は英語に一杯触れること

以上が、ざっとですが、「日本語を通じて英語を考えることの欠点」です。

学校で訳して理解するように習うので、

「英語がわかる=日本語に訳せる」

というように勘違いされている方が多いのですが、

通訳、翻訳者を目指していたり、日本語に訳す問題が出る試験を受けるのでなければ、日本語に訳す必要などありません。


要するに、自分が意味がわかればいいのです。英語のままわかればベストです。

日本語に訳さないとわからないこともあります。特に、初心者のうちはそれも仕方がありません。

でも、その際は、

・語順は英語の語順で
・ただ単に意味ではなく、ちゃんと構造も意識する
・英語特有の表現は変な日本語でもそのまま理解する
・1対1で対応していないのだから、柔軟に「何となくこんな意味かな」と理解する
・将来的には日本語は減らす方向で努力する

という点に注意する必要があります。


そして、

・His beard makes him look older.のような英語特有の表現を理解する
・desperateのように、日本語と英語では1対1になっていない表現を理解する
・日本語から訳すのではなく、言いたいことを英語にする

という能力を身に付けるには、

ひたすら、一杯、英語を読んだり聞いたりするしかありません。


特に「desparateのような単語の理解」と「言いたいことを英語にする」には、英語を一杯読んだり、聞いたりすることが必要です。

どちらも、「日本語では説明できず、自分でニュアンスを感じ取るしかない」ものです。


desperateが使われている英文に一杯触れることで、「なんとなく、こんなニュアンスなんだな」と自分の感覚として感じる。

実際にネイティヴが感情を英語で表現しているのを一杯読み聞きすることで、「こういうときにはこう言えばいいんだ」と自分の感情で感じる。

これを重ねて行くしかありません。


それにはまず、

「英語を一杯読んだり聞いたりできる能力」

これを身に付ける必要があります。


それには、語彙、英文法、リスニングの基礎を鍛えることであったり、リーディングにおける正しい読み方を身に付けることが必要不可欠なのです。

今年はぜひ、基礎や「正しい読み方」を身につけて、

「英語を一杯読んだり聞いたりできる能力」

を身に付けるべくがんばって行きましょう!







■英語の正しい読み方を身に付けるには

以上が今回のお話になります。

どうしても、学校では、「日本語に訳しなさい」と言われるため、多くの人は日本語に訳すクセがついてしまっていますが、それは意識して直す必要があります。


リーディング力を高めたい方は、

「英語真っすぐリーディング講座」

がオススメになります。


「去年10月TOEIC初受験は420点。本講座を受講した後、610点までUP その後も自身で英語学習を続け、7月には760点まで伸びました!」

「本講座や英検対策のおかげもあって、英検準1級の1次試験合格しました! しかも、前回の42点に比べ一気に点数が69点まで伸びての合格です」

と嬉しいご感想をいただいている講座でして、


「日本語に訳して読んでいる」
「適当に意味をつなげて読んでいるだけ」
「読むのが遅くて…」
「長い文、複雑な文が苦手」

という方にオススメです。


ネイティヴの音声もついていますし、わからないところがあったら、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「英語真っすぐリーディング講座」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!











英語を訳さないで読むコツ
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post.html
■訳し読みは正しくない 日本人は、リスニングと英会話が苦手とよく言われます。 なぜなら、日本の学校英語でやるのは、ほとんどが、リーディングと英文法の2つだからです。 現在は、センター試験にリスニングが...

英語の返り読みを減らす方法
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_1.html
■そこまで日本人はリーディングが得意じゃない 日本人はよく、「リスニングが苦手」と言われますが、それを逆手に取って、「リーディングは得意」 と解釈されることもありますが、実はそんなことはありません。 ...

単語知ってるのに英語読めない理由
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_2.html
■よく知られている単語であっても… いきなりですが、↓の英文を読んでみてください。 Economists expected that the global economy would become w...

「英語の訳し方」を考えるのは間違い
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_3.html
■訳し読みは正しくない 今回はリーディングについてのお話をしたいと思います。 「日本語に訳して読んでいる」 「日本語には訳しておらず、先頭から意味をつなげて読んでいる」 という方はぜひご覧くださいませ...

TOEICリーディングが遅い、終わらないのなら
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/toeic.html
■英語を速く読みたいもの リーディングで、「英語を速く読む」 これは多くの人が求める能力です。 TOEICを受けたことがある方はご存知のように、TOEICのリーディングセクションはとにかく時間が足りま...

英語リーディングの正しい読み方
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_4.html
「英語リーディングの正しい読み方」 ■つなげて読む読み方は間違い 多くの人は、英語を読む際に、下記のどちらかの読み方をしています。 1、学校で習ったように、日本語に訳して読む 2、文としては訳さず、先...

英語を日本語に訳さない方法
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_5.html
「英語を日本語に訳さない方法」 ■日本語に訳して読む読み方 日本の学校では、英語は日本語に訳して読むように習います。 授業で、 「○○さん、次の文を日本語に訳してください」 と当てられたり、 試験で、...

英語リーディングの主語と動詞の見分け方
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_6.html
「英語リーディングの主語と動詞の見分け方」 ■読む際は「誰が何をしたか」をチェックする これはよくお話させていただくことですが、 「英文法を学ぶ目的は、何が主語(S)か、何が動詞(V)かなどを把握する...

英語リーディングに英文法は必要不可欠
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_7.html
「英語リーディングに英文法は必要不可欠」 ■リーディングは応用スキル これはよくお話させていただくことですが、英語の基礎は、 語彙、英文法、リスニング の3つであり、それ以外は応用になります。 リーデ...

英語の無生物主語の日本語への訳し方はムダ
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_8.html
「英語の無生物主語の日本語への訳し方はムダ」 ■英語と日本語は別の言語 こう言ってしまうと、至極当たり前の話になってしまいますが、英語と日本語は別の言語です。 そのため、英語には日本語にない表現もあり...

英語を英語で理解する方法
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_9.html
「英語を英語で理解する方法」 ■日本語と英語は別の言語 こう言ってしまうと当たり前ですが、日本語と英語と言うのは別の言語です。 そのため、 「英語にはないけど、日本語にはある表現」 「日本語にはないけ...

英語リーディングができるようになるには
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_10.html
「英語リーディングができるようになるには」 ■リーディングができるようになるまでのプロセス メルマガではよくお話させていただいておりますが、私は、英語の基礎は、 語彙、英文法、リスニング の3本柱だと...

英語と国語の関係、国語苦手だと有利
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_11.html
「英語と国語の関係、国語苦手だと有利」 ■日本語のセンサー? たびたびお話させていただいておりますが、今でこそ、TOEIC 990(満点)、英検1級を持っていても、私は昔は英語が苦手でした。(通信簿2...

英語教育の最大の問題点
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_12.html
「英語教育の最大の問題点」 ■日本の英語教育最大の欠点 「日本は世界で経済規模は3位なのに、英語力はかなり低い(110位 TOEFL調べ)。 でも、それは中学、高校と6年間、主要教科としてやった上での...

TOEICリーディングで早く解く速読の方法間違えてませんか?
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/toeic_1.html
「TOEICリーディングで早く解く速読の方法間違えてませんか?」 ■TOEICのリーディングセクションが終わらない TOEICを受けたことがある方はご存知だと思いますが、TOEICのリーディングセクシ...

英単語のおすすめの覚え方にはリーディングが役立つ
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_13.html
「英単語のおすすめの覚え方にはリーディングが役立つ」 ■語彙は基礎であり、重要 メルマガではよくお話させていただくように、語彙は英文法と並んで、非常に重要な、英語の基礎です。 英文法がわからないと、 ...

英語の意味がわからないときは?
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_14.html
「英語の意味がわからないときは?」 ■壁にぶつかっている原因 私は今までに、名以上の方に英語指導させていただいておりますが、初心者、中級者で壁にぶつかっている人によく見られるのが、 「あまりに感覚や暗...

TOEICリーディングで早く解く解き方は力がつかない
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/toeic_2.html
「TOEICリーディングで早く解く解き方は力がつかない」 ■TOEICは時間がない TOEICを一度でも受験したことがある方は実感されていると思いますが、TOEICのリーディングセクションというのは、...

英語の速読、多読は間違った読み方かもしれない
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_15.html
「英語の速読、多読は間違った読み方かもしれない」 ■どちらが正しい? いきなりですが、英語には関係ない質問です。 あなたはかなりゴルフが上手で、友達からは「プロになれば」と言われるほどのレベル。 そし...

英語を前から読めないなら、前から読む理解する方法!
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_16.html
「英語を前から読めないなら、前から読む理解する方法!」 ■いちいち考える必要はない? 英語を読む際、多くの人は、以下の2つの方法のどちらかで読んでいます。 1、学校で習ったように、1文1文日本語に訳し...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る