fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語の意味がわからないときは?





「英語の意味がわからないときは?」







■壁にぶつかっている原因

私は今までに、名以上の方に英語指導させていただいておりますが、初心者、中級者で壁にぶつかっている人によく見られるのが、

「あまりに感覚や暗記に頼り切って突き進んでいて、論理を使っていない」

というパターン。


英文法にしても、

「とりあえずこういうものだと覚えておく」

リーディングにしても、

「何となく読んでいる」

というパターン。


「なぜ、これが正しくて、こっちの選択肢は間違いなのか?」

「なぜこの英文はこういう意味になるのか? なぜ、自分の解釈は間違いなのか?」

という、

「なぜ」を論理的に考えない方が多く、こういった方は、初心者や中級者レベルで壁にぶつかってしまうことが多いのです。


これはある意味仕方がない部分もあります。日本の学校の英語教育では、そのように習いますから。

とにかく、

「暗記しろ」
「感じ取れ」

というパターンが多いのです。


よく、英文を暗唱させる指導法がありますが、あれはその典型と言えます。

「教科書の○○ページを覚えて、それを見ないで先生の前で言う」

という課題が出たりしますが、この指導法には大きな欠点があります。


「覚える英文がなぜこういう意味になるのか?」

を教えて、生徒が理解していればいいのですが、そうでなければ、あまり意味がありません。


私自身、昔は英語が苦手で、中学時代はずっと通信簿は2(5段階)でした。

中学の先生は「とにかく暗記」という先生だったので、いろいろ覚えさせられましたが、この英文がなぜこの意味になるのかがわからなかったので、あまり役に立たなかったのです。

例えば、

Where is he going?
「彼はどこに行くのですか?」

という英文を覚えても、

「あなたはどこに行くのですか?」

を英語で言えなかったりしました。


単純に、is→are、he→youにして、

Where are you going?

とすればいいのですが、

私にとっては、

「Where is he going? なぜそういう意味になるのか?」
「疑問文の作り方はこう」

とか仕組みがわかっていないので、

ただ単に、

「whereの次はis。isの次はhe。heの次はgoing。これで1文目は終わり。2文目の最初の単語は…」

というように、単語の羅列。電話番号を暗記しているのと変わりませんでした。

「山田さんの電話番号は、641…」

と覚えているのと同じだったのです。


説明がなくても、感じ取れる生徒は感じ取れます。

「You are kind. He is nice.って言うよね。って言うことは、is→are、he→youに変えればいいんじゃないかな?」

と気づける生徒は、1つの英文を暗唱したことでいろいろな応用ができます。


でも、感じ取れない生徒は暗記では、応用が利かないのです。

そして、「感じ取る」というのは、私は「才能」「センス」のような生まれ持ったものが必要な気がします。







■感覚や暗記は多くの人が多用し過ぎている

上記の私の例は極端過ぎるかもしれません。

しかし、多くの方を英語指導させていただいていると、暗記や感覚で突き進んで失敗している方を多くお見かけします。

例えば、

「場所が先行詞ならwhere」とだけ表面的な暗記しかしていないので、

This is the hospital which I visited yesterday.

とwhichにすべきところを、

This is the hospital where I visited yesterday.

としてしまう。


「この川は泳ぐには危険過ぎる」を、

This river is too dangerous to swim in.

とすべきところを、「too 〜 toだな」と表面的なことしか考えず、日本語だけ考えて、

この川→This river
危険過ぎる→too dangerous
泳ぐ→to swim

This river is too dangerous to swim.

とinを省いてしまう。


あるいは、

The man accused of lying has been telling the truth for the whole time.

を読む際に、ただ単に、

the man→男は
accused→非難した

と感覚だけで読んで間違えてしまう。

本来は「ウソをついたと非難された男はずーっと真実を語っていた」という意味で、男は非難した方ではなく、非難された方なんです。


こういった暗記や感覚で突き進んでしまったために間違う例は、経験している方が多いのではないでしょうか?







■感覚で読みたいのはわかりますが…

ただ、「しっかりと論理的に考える」と言うと、

「日本人って英文法とか考え過ぎだから英語ができないとか言われてないか?」
「そんなこといちいち考えてたら英語を読むのがすごく遅くなる」

と思う方も多いです。


「いちいち考えていたら遅い」というのはまさにその通り。

最終的には英語は、いちいち考えずに感覚で読める。日本語と同じように読めるようになる。

これを目指してやるべきだと思います。


現に、先ほどお話したように、「感じ取れる」人は、あまり考えなくても、感覚でわかってしまったりします。

例えば、

The man accused of lying has been telling the truth for the whole time.

のaccusedのように、「動詞じゃないのに動詞と勘違いしてしまう」というのは
よくある間違いで、多くの人は、

「accusedの後ろに名詞があれば、非難したという意味で、動詞」
「名詞がなければ、非難されたという意味で、過去分詞」

という「見分け方」を学んでトレーニングしないと見分けられません。


でも、こういった見分け方を知らなくても、100回中100回とも正しく読める人
もいます。

私自身はそういうタイプではないのでわかりませんが、
感性の鋭い人だと、こういった違いを理屈ではなく、感覚で感じ取れるものです


このように、「すでに感覚的に読める」のであれば、わざわざ考えるのはめんど
くさいですし、それは邪魔になるだけです。

でも、感覚的に読めないのだったら、どうでしょう?


感覚では読めない。
それでも、成果が出ていない感覚で突き進むのでしょうか?

だったら、論理的に考えるしかないのではないでしょうか?

1、「読めない」
2、「考えれば読める」
3、「感覚で読める」


この中ではもちろん3がベストです。

でも、3ができないのなら、1と2から選択するしかありません。
どっちを選ぶべきか? それは明確。2に決まってます。







■最終的には論理も感覚に

以上のお話を聞いていると、

「才能がある人しか感覚で読めないのかぁ。考えれば読めるのだろうが、一生考えながら読まなきゃいけないのかな」

と思うかもしれません。


でも、それは決してそんなことはありません。

現に、私は感性が鋭い人ではなかったので、英語が苦手で、「論理的に考える」というスタイル転換をする必要がありました。

最初は、「accusedの後ろに名詞があれば…、なければ…」といろいろと考える必要がありました。

でも、これをずーっと繰り返して行くと、慣れて行き、どんどんその時間が短くなって行くのです。

そして、最終的には、自分がそんなことを考えているのかどうかわからないぐらい、無意識に、感覚で読めるようになりました。

それに伴い、昔は通信簿2、偏差値30と英語が苦手だった私も、TOEIC 990(満点)、英検1級を達成できました。


確かに最初はいろいろと考えないとできません。でも、それを何度も繰り返して行くと、それが染み付いて感覚に変わるんです。

これは何ごとも一緒だと思います。

車の運転に例えてみても、最初は、多くの人が、

「右に曲がる時はミラーをチェックして、目視して、ウインカーを出して」

とかいろいろ考えてやっていたはずです。

考えているから、音楽を聞いたり、話をしながら運転したりはできなかったりします。

でも、慣れてくると、そんなことは無意識にできるようになります。音楽を聞いたり、話をしながら運転をできるようにもなります。


リーディングもそれと同じです。最初は意識的にやらなければなりませんが、慣れてくればそれが感覚になるのです。


でも、これは最初から感覚だけで突き進もうとしたらできないこと。

最終的に、感覚的に読めるようになったのは、意識的に練習した成果であって、最初から、感覚で読むことだけをやっていたのではできないことです。(一部の感性が鋭い人を除いて)







■英語の正しい読み方を身に付けるには

以上が今回のお話になります。

最終的に英語は感覚的に読めるようになることを目指すべきですし、感覚だけでどんどん英語力が向上していく人はそれでいいと思います。

しかし、残念ながら私のように、感覚だけでは壁にぶち当たる人も多いです。

感覚だけでいければそれはいいのですが、それではダメだったら、論理で考える。

遠回りなように見えても、これが英語が感覚的に読める近道です。


英語の読み方を論理的に学びたい方、リーディング力を高めたい方は、冒頭でお話しさせていただいた、

「英語真っすぐリーディング講座」

がオススメになります。


「去年10月TOEIC初受験は420点。本講座を受講した後、610点までUP その後も自身で英語学習を続け、7月には760点まで伸びました!」

「本講座や英検対策のおかげもあって、英検準1級の1次試験合格しました! しかも、前回の42点に比べ一気に点数が69点まで伸びての合格です」

と嬉しいご感想をいただいている講座でして、


「日本語に訳して読んでいる」
「適当に意味をつなげて読んでいるだけ」
「読むのが遅くて…」
「長い文、複雑な文が苦手」

という方にオススメです。


ネイティヴの音声もついていますし、わからないところがあったら、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「英語真っすぐリーディング講座」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!











英語を訳さないで読むコツ
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post.html
■訳し読みは正しくない 日本人は、リスニングと英会話が苦手とよく言われます。 なぜなら、日本の学校英語でやるのは、ほとんどが、リーディングと英文法の2つだからです。 現在は、センター試験にリスニングが...

英語の返り読みを減らす方法
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_1.html
■そこまで日本人はリーディングが得意じゃない 日本人はよく、「リスニングが苦手」と言われますが、それを逆手に取って、「リーディングは得意」 と解釈されることもありますが、実はそんなことはありません。 ...

単語知ってるのに英語読めない理由
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_2.html
■よく知られている単語であっても… いきなりですが、↓の英文を読んでみてください。 Economists expected that the global economy would become w...

「英語の訳し方」を考えるのは間違い
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_3.html
■訳し読みは正しくない 今回はリーディングについてのお話をしたいと思います。 「日本語に訳して読んでいる」 「日本語には訳しておらず、先頭から意味をつなげて読んでいる」 という方はぜひご覧くださいませ...

TOEICリーディングが遅い、終わらないのなら
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/toeic.html
■英語を速く読みたいもの リーディングで、「英語を速く読む」 これは多くの人が求める能力です。 TOEICを受けたことがある方はご存知のように、TOEICのリーディングセクションはとにかく時間が足りま...

英語リーディングの正しい読み方
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_4.html
「英語リーディングの正しい読み方」 ■つなげて読む読み方は間違い 多くの人は、英語を読む際に、下記のどちらかの読み方をしています。 1、学校で習ったように、日本語に訳して読む 2、文としては訳さず、先...

英語を日本語に訳さない方法
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_5.html
「英語を日本語に訳さない方法」 ■日本語に訳して読む読み方 日本の学校では、英語は日本語に訳して読むように習います。 授業で、 「○○さん、次の文を日本語に訳してください」 と当てられたり、 試験で、...

英語リーディングの主語と動詞の見分け方
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_6.html
「英語リーディングの主語と動詞の見分け方」 ■読む際は「誰が何をしたか」をチェックする これはよくお話させていただくことですが、 「英文法を学ぶ目的は、何が主語(S)か、何が動詞(V)かなどを把握する...

英語リーディングに英文法は必要不可欠
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_7.html
「英語リーディングに英文法は必要不可欠」 ■リーディングは応用スキル これはよくお話させていただくことですが、英語の基礎は、 語彙、英文法、リスニング の3つであり、それ以外は応用になります。 リーデ...

英語の無生物主語の日本語への訳し方はムダ
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_8.html
「英語の無生物主語の日本語への訳し方はムダ」 ■英語と日本語は別の言語 こう言ってしまうと、至極当たり前の話になってしまいますが、英語と日本語は別の言語です。 そのため、英語には日本語にない表現もあり...

英語を英語で理解する方法
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_9.html
「英語を英語で理解する方法」 ■日本語と英語は別の言語 こう言ってしまうと当たり前ですが、日本語と英語と言うのは別の言語です。 そのため、 「英語にはないけど、日本語にはある表現」 「日本語にはないけ...

英語リーディングができるようになるには
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_10.html
「英語リーディングができるようになるには」 ■リーディングができるようになるまでのプロセス メルマガではよくお話させていただいておりますが、私は、英語の基礎は、 語彙、英文法、リスニング の3本柱だと...

英語と国語の関係、国語苦手だと有利
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_11.html
「英語と国語の関係、国語苦手だと有利」 ■日本語のセンサー? たびたびお話させていただいておりますが、今でこそ、TOEIC 990(満点)、英検1級を持っていても、私は昔は英語が苦手でした。(通信簿2...

英語教育の最大の問題点
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_12.html
「英語教育の最大の問題点」 ■日本の英語教育最大の欠点 「日本は世界で経済規模は3位なのに、英語力はかなり低い(110位 TOEFL調べ)。 でも、それは中学、高校と6年間、主要教科としてやった上での...

TOEICリーディングで早く解く速読の方法間違えてませんか?
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/toeic_1.html
「TOEICリーディングで早く解く速読の方法間違えてませんか?」 ■TOEICのリーディングセクションが終わらない TOEICを受けたことがある方はご存知だと思いますが、TOEICのリーディングセクシ...

英単語のおすすめの覚え方にはリーディングが役立つ
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_13.html
「英単語のおすすめの覚え方にはリーディングが役立つ」 ■語彙は基礎であり、重要 メルマガではよくお話させていただくように、語彙は英文法と並んで、非常に重要な、英語の基礎です。 英文法がわからないと、 ...

英語の意味がわからないときは?
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_14.html
「英語の意味がわからないときは?」 ■壁にぶつかっている原因 私は今までに、名以上の方に英語指導させていただいておりますが、初心者、中級者で壁にぶつかっている人によく見られるのが、 「あまりに感覚や暗...

TOEICリーディングで早く解く解き方は力がつかない
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/toeic_2.html
「TOEICリーディングで早く解く解き方は力がつかない」 ■TOEICは時間がない TOEICを一度でも受験したことがある方は実感されていると思いますが、TOEICのリーディングセクションというのは、...

英語の速読、多読は間違った読み方かもしれない
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_15.html
「英語の速読、多読は間違った読み方かもしれない」 ■どちらが正しい? いきなりですが、英語には関係ない質問です。 あなたはかなりゴルフが上手で、友達からは「プロになれば」と言われるほどのレベル。 そし...

英語を前から読めないなら、前から読む理解する方法!
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_16.html
「英語を前から読めないなら、前から読む理解する方法!」 ■いちいち考える必要はない? 英語を読む際、多くの人は、以下の2つの方法のどちらかで読んでいます。 1、学校で習ったように、1文1文日本語に訳し...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る