fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英会話で使える英単語を増やそう

前号で、英単語を段階的に覚えて行くというお話をいたしました。


「少しずつ見えないところでパワーアップしているので、継続することが重要」

ということなのですが、


ちょっと関連したお話をブログの方に掲載させていただきました。

結局はやるかやらないか
→< http://www.ace-blog.com/2007/10/post_2.html >

横浜根岸米軍キャンプ
→< http://www.ace-blog.com/2007/10/post_3.html >


私の別の無料メルマガ、The English Timesでお話しさせていただいたので、
ご存知の方も多いと思いますが、

最近、英語学習で思うことなど、小ネタを書く場所として、ブログを始めました
→< http://www.ace-blog.com/ >

英語学習に役に立つこと、あまり関係ないこといろいろ書いてます。
ぜひご覧下さい。



前号で、「覚えていない単語」の中でもレベルがあり、
たとえ一発でレベル4にならなくても無駄ではない。

というお話をさせていただきました。


実は、「覚えていない単語」の中にもレベルがあるように、
「覚えている単語」の中にもレベルがあります。


「リーディングやリスニングで聞けば意味は分かるけど、
 自分からは使えない。」

という経験があると思います。


具体的に言うと、

4、自分から意味が言える単語
5、使い方が分かる単語
6、自分から使える単語

というようになっています。


日本人は英会話などの生の英語の経験、知識が少なく、
レベル6の単語が非常に少ないのが現状です。


学校で英単語を覚える機会である、英単語テストでは、レベル4までしか要求
されないため、レベル5の単語も少ない人が多いです。


具体的にapologizeで説明させていただくと、


レベル4

apologizeは「謝る」という意味だと知っている


レベル5

意味を知っている上に、

「謝る内容を表す時は、apologize for Aとforを使う」

The captain apologized for the delay.
「機長は遅れについて詫びた。」

「謝る相手を表す時は、apologize to Aとtoを使う」

Jason apologized to me.
「ジェイソンは私に謝った。」


レベル6

意味、使い方も知っている上に、
どんな気持ちを表すかが分かっていて、
ちゃんと感情を伴っている。



細かく分けると、「使い方は知らなくても感情が伴っている」と言う、

「レベル5B」

というレベルもありますね。


英会話でしっかりと「使える」と言えるのはレベル6だけです。


レベル5、レベル5Bだと使えることは使えますが、
間違った使い方をする可能性があります。


例えば、レベル5だと、

「歩いていて他の人にぶつかってしまったとき」などに、

I apologize to you.

と言ってしまう可能性があります。


apologizeはもっと重い感じで、「本当に申し訳ない」という感じですし、
客観的に謝る行為を言うときに使う単語です。


逆にレベル5Bだと、

「スティーヴンは私に謝った。」を、

Stephen apologized me.

とか、

Stephen apologized for me.

というように間違った使い方をしてしまいます。


感情的には合っているのですが、
使い方を間違っており、意図が通じなかったり、別の意味に誤解されることが
あります。


例えば、

Stephen apologized for me.

は、「スティーヴンが私に謝った」のではなく、
「スティーヴンが他の人に、私の不始末のために謝った。」という意味だと取ら
れてしまう可能性があります。



語彙の基礎は単語帳で作ることになりますが、

残念ながら、単語帳では、レベル4、せいぜいレベル5までしか到達しません。


メルマガで何回もお話させていただいておりますが、
私は英語の基礎は語彙、リスニング、英文法の3つだと考えております。


これが出来れば、英会話、海外ドラマ・映画、洋書などの実戦に入って行けるの
で、この基礎が出来るまでは大変かもしれませんが頑張ってください。


とお話させていただいておりますが、

実は語彙のレベル5以上を目指すのは「実戦」なんです。


レベル4まで上げていれば語彙に関しては基礎は終了しています。


語彙だけでなく、英文法やリスニングの基礎もできている必要がありますが、
これ以降は実戦で鍛えて行く必要があります。


運転で言えば、仮免許は合格し、これからは教習所を出て、
実際の道路で運転する段階なんです。


レベル4から上を目指すのに必要な、使い方と感情、特に感情は実戦でないと
身につきません。


実際に、ネイティヴがどういう気持ちで単語、熟語を使っているのかを、英会話
海外ドラマ、映画などで実際に使われているのを観察する必要があります。

こればっかりは参考書や教材ではなかなか身につかないんです。


実際に海外ドラマなどを見て、ネイティヴがどう使っているのかを見てみてくだ
さい。

でも、実戦は楽しいですよ。


自分が「英語が使える」状態に近づいてることを実感できますし、
海外ドラマ、映画など内容面でも楽しめますからね。
(教材で内容面が楽しいと言うのは稀ですよね)


なので、まだ基礎を終えていない方は

「まずはしっかりと語彙のレベル4を増やすべく、基礎固めを!」

ということになります。


実戦に近づくにつれて、英語学習は楽しくなりますよ!


英文法は「品詞」と言う一番の基礎から、↓で学習できます。
分からない部分があっても、制作者である私に直接メールで質問できます。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

語彙、リスニングの英語学習法は↓で詳しく解説しております。
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。