fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


TOEIC、英語学習、英会話において、子供にとって重要なのは

最近はロジックと言う、ちょっと小難しい(汗)話をしていたので、
がらっと話を変えて、別のお話をしたいと思います。


私は、英語学習という分野に関しては比較的オールラウンドに知識があります。

TOEICは990点という満点を取りましたし、

※:スコアシートは↓からご覧になれます!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

英検も一番上の級、1級を持っています。

TOEIC、英検と並ぶ、英語3大試験の残りの1つ、TOEFLは1回しか受けたことが
ありませんが、600点(旧式換算)という比較的高得点を持っています。


また、私の場合、試験よりも海外ドラマや英会話と言った実際に使う方に興味が
あります。

海外ドラマ・映画、英語ニュースなどは字幕なしでほとんど聞き取れます。

実際に、24とプリズンブレイクはアメリカのiTunes Music Storeで、
アメリカの放送とほぼ同時に発売開始しているので、
日本のDVDで見るよりずっと早くから見ています。

例えば、24はまだ日本ではシーズン6はリリースされていませんが、
私はすでにAppleから購入して、シーズン6をすべて見終えています。


英会話も日常英会話であれば、特に問題はありません。


通訳に関しては、仕事レベルになるとちょっと分からないのですが、
通訳学校に2年通ったことがあり、アマチュアコースは修了しています。


留学に関しては、それほど詳しくはありませんが、
1ヶ月半、アメリカの語学学校に通った経験があります。


受験英語に関しては、自分自身が英語苦手な状態から半年で偏差値45→72と
アップし、大学も第1志望の東工大に合格できましたし、予備校で指導してい
た経験もあります。


ちょっと、長くなって、自慢っぽくなってしまい、申し訳ありません。


ただ、私が唯一と言ってもいい、英語学習で「お手上げ」の分野があります。

それが「児童英語」、子供に英語を教える、子供が英語を学ぶ、という分野です


まず、子供に英語を教えた経験がありません。

それに、自分が子供のころは、英会話教室に通っていた経験があるものの、
ほとんど覚えていません。


高校生、大学生、社会人のときは、

「自分はここが弱いから、これをやろう」
「こういう方法じゃ、こういう理由で伸びないんだな」
「ここをこうすれば伸びるんじゃないかな」
「やっぱり、こうやれば伸びるんだな」

というように、ロジックを駆使して、いろいろ考えながら学習してきました。

そのため、どうすれば伸びるか、どうすれば伸びないかが分かるのですが、
子供のころのことはほとんど覚えていない上に、何も考えずにやっていました
から、一切ノウハウが分かりません。


たまに、メルマガの読者さんや、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

の受講生様から「子供にはどう英語を教えたら良いですか?」的な質問をいただ
くことがあります。

しかし、申し訳ないのですが、この分野だけに関しては、
しっかりとした回答は出来ていません。


ただ、1点だけ、自分の経験の中で、

「これは重要だ!」

と言える点がありますので、こちらをお話ししたいと思います。


私自身、保育園か小学校1年生のときに、英会話教室に通っていた経験がありま
す。

英会話教室と言っても、NOVAとか大手ではなく、
ネイティヴが自宅でやっている、個人の英会話教室です。


私は横浜の根岸という、米軍キャンプがすぐ近くにある場所で生まれ育ちました
(それこそ、歩いて5分とかの距離です)

そのため、周りには軍人の奥さんが自宅で英会話教室をやっているところが一杯
あったんです。


今思い出してみると、そこで習った知識はほとんど忘れてしまいました。

小学1年から中学1年まで時間があるので、当たり前かもしれませんが、
中学に入った時に、他の人より知識があったわけではありません。

せいぜい、アルファベットはすらすら言える。
cat、dogとか簡単な単語はすでに知っていた。

そんなレベルです。


「じゃあ、子供、増してや、幼稚園や小学生の低学年に英語教えても意味ない
 んじゃん。」

と言われそうですが、私は決してそんなことはないと思います。


確かに、私が保育園、小学1年時代に習った英語は、「知識」としては定着しな
かったかもしれません。


ただ、1つだけ、ものすごく役に立ったことがあります。


それは、「英語に対して、とても良いイメージが出来たこと」です。

そして、なぜ良いイメージが出来たかと言うと、「楽しかった」からです。


今思い起こしてみても、英会話教室で何を習ったのかはさっぱり覚えていません

ただ、教室の光景とか、クリスマスパーティーでやった出し物は覚えています。


米軍キャンプの周りで育ち、その軍人の奥さんがやっている英会話教室に通って
いたため、子供のころからよくパーティーに行っていました。


特にクリスマスパーティーでは、英会話教室の生徒で、出し物をしました。

主役だったかは分かりませんが、私はかなり目立つ役をやっていました。


出し物の中の台詞は1単語も覚えていませんが、
「パーティーがものすごく楽しかった」ことは、よーく覚えています。


なので、英語の知識として定着するまでには至りませんでしたが、

「英語は楽しいもの」
「アメリカ人は怖い人じゃなく、楽しい人たち」

というイメージが出来ていました。


そのため、中学で英語の通信簿2で、全然いい点を取れなくても、
「英語の授業」は嫌いになっても、「英語自体」に対して悪いイメージはありま
せんでした。


中学生のときに、ここまで論理的には考えられていなかったと思いますが、

「悪いのは"英語の授業"や"学校の英語"であって、英語はちゃんとやれば、
 きっと出来るようになる。

 そして、出来るようになった、とても楽しいだろうな。」

という漠然としたイメージは持ち続けていました。


そして、高校2年の夏休みに、予備校に行き始め、
初めて、論理的な説明をしてもらったときは、「その時が来た」という感じで、
そこからは、本当に楽しく、英語学習ができ、
実際に、偏差値は半年で45→72、1年でTOEIC 900を達成できました。

※:その、英語学習法は↓で詳しく解説しています!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >


知識としては、子供のころ英会話教室に通っていた経験は役に立たなかったかも
しれませんが、「楽しい」イメージを持っていたことで、

中学、高校で英語の成績が悪くても、

「英語が悪いんじゃなくて、学校での勉強法が悪いんだ」

「できるようになったら、きっと楽しいぞ」

というプラスのイメージを持ち続けることができたんだと思います。



もし、子供のころの、英会話教室で楽しい経験をしていなかったら、

英語が本当の本当に大嫌いになっちゃっていたかもしれません。

予備校で、論理的な説明をしてもらっても、英語ができるようになるきっかけに
はならず、偏差値も大して伸びず、TOEICは受けることすらなかったかもしれま
せん。

外国人が怖くて、話しかけられないような状態になっていたかもしれません。



「楽しかっただけ」

そうかもしれませんが、

「これは本当に重要なことだな」

と改めて思い起こしてみると、しみじみと実感します。


私の場合、英会話教室の方の事情で小学1年までしか通えませんでしたが、
それ以降も通えていたら、知識の面でもプラスがあったかもしれませんしね。


具体的に何を教えたら良いか
何歳ぐらいから教えたら良いのか
どの英会話教室に通わせたら良いのか


は分かりませんが、ただ1つ、これだけは思うのが、

「子供のころは"楽しい"経験をさせて上げた方がいいんじゃないか。」

ということです。


大人は

「何のために英語が必要なのか」
「これは苦労しても、将来役に立つものなんだ」

と分かっていますし、ある程度は我慢できますが、
子供には分かりませんから。


まずは、「楽しい」 これが重要なんじゃないかなと‥。


私自身は児童英語に関しては、これぐらいしか分かりませんが、
幸いにして、児童英語に詳しい友達が何人かいます。


なかでも、けこりんさん(本名:藤林恵子さん)は、横浜で児童英会話教室を運
営されていて、全国で児童英会話のセミナーをやられている方。
(今月・来月は九州、沖縄でやられるそうです)

その、けこりんさんの力作、

「チャンツでポン! リズムで覚える英会話」
→< http://51.thebelltree.com/chants.htm >

は、本当にオススメです。


「リズムで覚える」の通り、ノリの良いリズムで、
発音や簡単な単語が楽しく学べちゃいます。

中でNHK教育「えいごリアン」で有名な、マイケル・ネイシュタットが登場しま
すが、彼の声も面白くて良いですね。

↓から無料で試聴できますんで、ぜひご覧になってください。
→< http://51.thebelltree.com/chants.htm >



あ、先週もお話ししましたが、もちろん、大人の方は、大人の最大の武器ロジッ
クをしっかり使って、英語学習して行った方がいいですよ。

もちろん、大人にとっても「楽しい」のも重要ですけどね。

英文法は1から、「理解」のスタイルで↓から学べます!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

英語学習法についてさらに詳しくは↓から!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。