fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。



















執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語の一番の基礎は品詞・文型!





今回は、英語の基礎中の基礎のお話。
特に、初心者の方にはぜひ聞いていただきたいお話になります。
(特に英文法に関してのお話です。
 全体レベルは中級レベルでも、英文法は初心者と言う方も当てはまります)

※:あくまで主観的基準ですが、TOEICで言うと500点以下。
  英文法の理解度で言うと、「前置詞や従属接続詞を何となくでもわかってい
  ないレベル」


■適当に日本語訳で読んでませんか?


いきなりですが、下の英文を読んでみてください。
(現段階では辞書を見ないでください)

Beneath this cloud very large stadiums are under construction.

「ベニスというこの雲のようなとても大きなスタジアムが建設中だ」
「ベニスはこの雲。とても大きなスタジアムは建設中だ」
「ベニスというこの雲で、とても大きなスタジアムは建設中だ」
「ベニスはこのように曇りで、とても大きなスタジアムが建設中だ」
「ベニスはこの雲のようにとても大きなスタジアムで建設中だ」

というように読んだりしていませんか?


これはそうではなく、

「この雲の下では、とても大きなスタジアムが建設中だ」

という意味なのです。


Beneathをイタリアのベニスと読んだ人がいらっしゃるかもしれません。
でも、beneathというのは、「〜の下」という意味の前置詞なのです。

ここで、

「beneathなんて単語は知らないから、そんなのわかるわけないよ」

と思うかもしれません。


確かに、beneathを知らないのはハンデとなり、
知らないと意味はわからないでしょう。

しかし、今回の英文で私が言いたいのはそういうことではありません。


確かにbeneathという単語は知らなかったかもしれません。
でも、「主語(S)が何か?」ということはちゃんと意識していましたか?

・「ベニス」なのか?
・この雲なのか?
・とても大きなスタジアムなのか?

ちゃんと意識していましたか?


beneathは「ベニス」。
this couldは「この雲」。
very large stadiumsは「とても大きなスタジアム」。

というように、各単語の日本語訳だけ考えて、それを意味が合うように、
適当につなげて、意味を解釈していませんか?


「何が主語かをちゃんと意識していない」

それは英語を学習する上で、
非常に重要な点です。



■英語には必ず主語がある


日本語は、構造的にはけっこういい加減な言語です。
その代表的な例が、主語が省略できる点。

例えば、「明日、何するの?」という場合、
主語は省略されてしまっています。

もともとは、「あなたは」という主語があったはずなのですが、
省略されてしまっているのです。


このように、日本語は主語が省略されてしまうなど、
けっこういい加減なのです。

しかし、英語は構造的にはしっかりとした言語です。

命令文
(Finish this work.「この仕事を終えろ」
 Please call me.「私に電話してください」)

を除いては、必ず主語があるのです。

そして、その次には動詞が続き、
目的語なり、補語なりが来る…。

というように、構造的にしっかりとした言語なのです。


それなのに、日本語と同じように、適当に意味をつなげて読んでいるだけでは
なかなか英語はできるようになりません。



■主語が何かわかるようになるには…


「何が何をした」というのは、非常に基礎的な情報であり、
どの英文でも、何が主語かを理解することは重要です。

では、主語が理解できるようになるためにはどうしたらいいのか?

というと、品詞を理解することです。


例えば、

Beneath this cloud very large stadiums are under construction.

で言えば、very large stadiumsがSです。


最初の単語が主語だと思っている方が多いですが、
必ずしもそうではないのです。

確かに、

I like apples.

というように、最初の語が主語であることは多いです。


でも、そうとは限らないのです。
主語になれるのは名詞だけです。

最初に来る語は、beneathですが、これは前置詞です。

前置詞というのは、「前置詞+名詞」と、必ず名詞とセットで使われ、
「前置詞+名詞」は形容詞か副詞になります。

つまり、

「前置詞+名詞=形容詞or副詞」

になります。

つまり、
「前置詞(beneath)+名詞(this cloud)」は形容詞か副詞なのです。


主語になれるのは、名詞だけなので、形容詞か名詞である、
beneath this cloudは主語にはならないのです。

なので、その次の名詞、very large stadiumsが主語になるのです。



■品詞の基本知識


ここで、

「veryは副詞、largeは形容詞じゃないか? 主語はstadiumsだけじゃないの?」

という疑問が出てくる人もいるかもしれません。


しかし、largeは名詞を修飾する形容詞であり、
形容詞は名詞を修飾してしまうと、その装備品となってしまうのです。

例えて言えば、

「1つのジャケットと1人の人間」

が並んでいたら、「1つのジャケットと1人の人間」というように、
2つのものとして見ると思います。


しかし、人間がジャケットを着ていたら?

ただ単に、「人間1人」として見て、ジャケットには注目が集まりません。

あえて言えば、「ジャケットを着た人間1人」であり、
わざわざ、「1つのジャケットと1人の人間」とは見ないはずです。

それと同じで、large(ジャケット)をstadiums(人間)が着てしまったら、
同じように、装備品としてしか見ず、

large stadiums

┌──────┳━━━━━━┓
│      ┃      ┃
│     ┏┛      ┃
│ large  ┃  stadiums ┃
│     ┗┓      ┃
│      ┃      ┃
└──────┻━━━━━━┛

※:↑の図がずれて見える方は↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/110831.html >

で、1つの名詞になるのです。


veryも同様で、largeの装備品。

例えて言えば、veryはジャケット(large)につけるワッペンです。

ワッペンをつける前なら、「ワッペンとジャケット」でしょうが、
ワッペンがついちゃえば、「1つのジャケット」です。

なので、

very large

┌─────┳━━━━━┓
│     ┃     ┃
│    ┏┛     ┃
│ very ┃  large  ┃
│    ┗┓     ┃
│     ┃     ┃
└─────┻━━━━━┛

※:↑の図がずれて見える方は↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/110831.html >

で、1つの形容詞。

その1つの形容詞を着た名詞(stadiums)は、

very large stadiums

┌─────┬──────┳━━━━━━┓
│     │      ┃      ┃
│    ┌┘     ┏┛      ┃
│ very │  large  ┃  stadiums ┃
│    └┐     ┗┓      ┃
│     │      ┃      ┃
└─────┴──────┻━━━━━━┛

※:↑の図がずれて見える方は↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/110831.html >

で、1つの名詞になる。


なので、very large stadiumsが主語となるわけです。



■初心者の方は基礎からじっくりと


このように、品詞の動きを理解することは、英語の基本中の基本で、
これを理解できないと、英語のほとんどの分野は理解できません。

私は、昔、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手だったのですが、
その際は、品詞がまったくわかりませんでした。

名詞とはなんなのか?
形容詞とはなんなのか?
副詞とはなんなのか?

は、まったくわかりませんでしたし、
考えたことすらありませんでした。


そして、適当に日本語訳をつなげて考えていましたが、
それでは英語が苦手なままでした。

しかし、品詞からやり直したところ、一気に英語が得意になり、
今では、TOEIC 990(満点)、英検1級をとるまでになりました。


「品詞」というと、

「国語でやるからわざわざ英語で説明する必要はない」

と思われていたり、国語や英語が得意な人からすると、

「そんなの当たり前すぎてわざわざ説明する必要はない」

と思われてしまったり、ちゃんと説明しない教材が多いのですが、
昔の私のように、英語が苦手な人は、品詞がわからないことが原因で英語が苦手
になってしまっています。


なので、初心者の方は、しっかりと品詞と言う基礎からやり直すことをオススメ
します。

以上が今回の話になります。


英文法の基礎からしっかりとやりたい方は、冒頭でお話させていただいた、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

がオススメになります。


最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後も英語学習がんばって行きましょう。








リーディングにおける直訳と意訳
http://www.new-toeic.net/cat29/post_354.html
前号に引き続き、今回も英語学習における日本語の使い方についてのお話です。■日本語...

初心者がリスニングにおいて注意すべき点
http://www.new-toeic.net/cat29/post_355.html
今回はリスニング、特に初心者向けのお話をしたいと思います。■リスニングは純粋に能...

英語は問題が解ければOK、ではない
http://www.new-toeic.net/cat29/ok.html
今回は英文法のお話をいたします。■英文法を学ぶ意味メルマガでは何回かお話しさせて...

英語は論理から感覚へ
http://www.new-toeic.net/cat29/post_356.html
最近は、英文法を学ぶ目的についてお話しさせていただいておりますが、今回も、英文法...

TOEICでよくある勘違い
http://www.new-toeic.net/cat29/toeic_144.html
一昨日、20日(月)の昼頃、5月29日(日)のTOEIC公開テストの結果がネット...

英語学習モードと試験モード
http://www.new-toeic.net/cat29/post_357.html
今号は、英語学習の特定の分野ではなく、全般のお話をしたいと思います。■こんなこと...

英語が得意な人と苦手な人のリーディング
http://www.new-toeic.net/cat29/post_358.html
今回はリーディングのお話をしたいと思います。■リーディングができるようになるまで...

初心者の方は欲張らずに基礎の徹底を
http://www.new-toeic.net/cat29/post_359.html
今回は初心者向けのお話をいたします。■基礎がわかっていないと応用はわからないこれ...

英文法用語は重要ではない
http://www.new-toeic.net/cat29/post_360.html
今回は英文法についてのお話です。■英文法のイメージ英文法っていうと、人によってイ...

TOEICで重視すべきこと(初心者、中級者編)
http://www.new-toeic.net/cat29/toeic_145.html
今回はTOEICについてのお話をいたします。私は今までに、10年以上にわたって、...

TOEICで重視すべきこと(中級者、上級者編)
http://www.new-toeic.net/cat29/toeic_146.html
今回も前号に引き続き、TOEICについてのお話です。私は今までに、10年以上にわ...

英語教育の一番の欠点
http://www.new-toeic.net/cat29/post_361.html
今回は英語学習全般、英語学習そのものの根幹的なお話をさせていただきます。■日本の...

英語の一番の基礎は品詞・文型!
http://www.new-toeic.net/cat29/post_362.html
今回は、英語の基礎中の基礎のお話。特に、初心者の方にはぜひ聞いていただきたいお話...

理解しているか理解していないか
http://www.new-toeic.net/cat29/post_363.html
今回は特にレベルに関係なく、英文法のお話をしたいと思います。■英文法は理解しない...

リーディングのための英文法
http://www.new-toeic.net/cat29/post_364.html
今回はリーディングのお話をいたします。■リーディングは語彙と英文法の応用メルマガ...

英語が苦手になってしまった人の傾向
http://www.new-toeic.net/cat29/post_365.html
今回は英語学習全般の話をしたいと思います。■英語で困っているパターン私は、今まで...

英語ができるようになるのか?
http://www.new-toeic.net/cat29/post_366.html
今回はザックリとしたテーマですが、「英語ができるようになるのか?」というお話をい...

何のためにTOEICを受けるのか
http://www.new-toeic.net/cat29/toeic_147.html
ネットで申し込まれた方限定ですが、一昨日の昼頃、9月11日に実施されたTOEIC...

英語初心者が背伸びしてしまうこと
http://www.new-toeic.net/cat29/post_367.html
今回は主に初心者向けのお話になります。■初心者の場合、何をしていいかわからないも...

知らない単語があっても読める、解ける
http://www.new-toeic.net/cat29/post_368.html
今号は、特にレベルに関係なく、英語学習一般において、とても大切なお話をしようと思...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る