fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語は暗記科目ではない! 考える訓練を!





「英語は暗記科目ではない! 考える訓練を!」



■従来型の英語教育

中学、高校時代の英語教育というと、どういうイメージでしょう?

「英会話やリスニング軽視、リーディングや英文法重視」
「暗記重視」
「理解すると言うより、"覚えろ"、"慣れろ"の、論理軽視」
「日本語に訳して読むことを推奨」

こんなイメージかと思います。


こういった、「暗記科目型の従来型」の英語教育にはいろいろと欠点があると思います。それは世間でもよく言われること。

問題点はいろいろありますが、今回はその中でも、

「暗記重視」
「理解すると言うより、"覚えろ"、"慣れろ"の、論理軽視」

のお話をしたいと思います。


従来型の英語教育は、あまり、

「これこれこう言う理由で、この文はこういう意味になる」
「こういう理由で、この選択肢は間違いなんだ」

という、論理的説明がなされません。


「こういう表現があるんだ。これを覚えておいて」
「こうじゃないと不自然でしょ」
「まぁ、こういうときはこういうもんだと覚えておいて」
「数多くこなして行けば慣れて来てわかるようになるよ」

というように、暗記や感覚に頼った指導が一般的です。


良く言えば、

「考えるより、感じろ」

という指導法。

悪く言えば、

「質の高い論理的思考を怠って、量をこなすことでごまかしている」

と言えます。



■暗記科目型の従来型の英語教育でも結果が出る人たち

「こういうものだと覚えておけ」
「考えるより、感じろ」
「数多くこなせばそのうち慣れて、感覚的にわかるようになるよ」
「そりゃ、これが答えだろ。こっちだと感覚的におかしいでしょ?」

これは、私も中学、高校時代によく言われました。


私はこういった指導法では英語ができるようになりませんでした。

中学時代、通信簿はずっと2(5段階)でしたし、高校時代、偏差値30なんて数字も取ったことがあります。


しかし、こういった指導法で結果を出している人もいるのです。

クラスメートも、

「何となくこれが答えだってわかるよ」
「覚えてたから解けたよ」

と、試験問題がガンガン解けて、成績が良い人も多かったのです。


私の場合、「感じろ」と言われても、何も感じられなかったですが、感じれる人は感じれるのです。

例えば、特に考えることなく、

I went to the town where I used to live.
This is the station which has the old platform in Japan.

のように、「関係詞が使われた文をひたすら暗唱する」という作業をしただけで、↓の問題がサッと解けてしまう人もいるのです。

This is the restaurant ------ I was talking about.

(A) where
(B) which
(C) why
(D) whose


「場所が先行詞だからAのwhere」と間違ってしまう人も多いですが、答えはBのwhichです。

感じ取れる人は、理由までは説明できないことも多いです。それでも、

「いや、これはwhichでしょ」

とわかってしまうのです。


「感じ取れてしまう」

これは才能だとしか説明できないと私は思います。こういった従来型の英語教育でも結果が出る人は出るのです。



■従来型では結果が出ない人の方が多い

しかし、私のように従来型では結果が出ない人も一杯います。

では、私のように「感じ取れない」。悪い言い方をすれば「才能がない」人は英語ができるようにならないのか?

というと、そんなことはないのです。


暗記科目型の従来型ではダメでも、暗記科目型の従来型では軽視されている論理を使えばいいのです。

例えば、先ほどの関係詞の例だったら、

This is the restaurant ------ I was talking about.

(A) where
(B) which
(C) why
(D) whose

では、

「空欄の後ろの文には、aboutという前置詞がある。

前置詞と言うのは、必ず名詞とセットで使うものである。しかし、後ろには名詞がない。
 
と言うことは、セットの名詞が必要。選択肢の中で、名詞なのはAのwhich。

だから、whichが答え。

確かに場所が先行詞ならwhereを使うことがあるが、それは副詞の場合。

今回は名詞の選択肢が必要だからwhichになる」

と論理的な説明で理解できます。


論理的な理解はきちんとした根拠に基づいたものです。暗記や感覚のようにもろいものではありません。

上記のことを理解できていれば、先ほどの問題だけでなく、ほかの関係詞の問題も解けるようになります。



■結果が出ていない人は考える訓練をする非従来型学習法を

「英語真っすぐリーディング講座」

をはじめとした私の講座は、もちろん、

「考える訓練をする論理重視」

です。


そのため、一番多くいただくご感想は

「英語は今まで覚えるしかないと思っていたのですが、ちゃんと"理由"というものがあったのですね!」

というものです。


これは本当に多くいただくご感想です。

暗記科目型の従来型の英語学習だけだと、暗記と感覚ばかりですから、「理由がある」となると、良い意味でビックリされる方が多いのです。

実は私も同様。

運良く、論理的に英語を教えてくれる方と出会ったときには、まったく同じことを思いましたから、受講生様のこういった気持ちはよくわかります。


先ほどもお話ししたように、暗記科目型の従来型でも結果は出る人もいます。

でも、従来型では結果が出ない人も多いのです。

そうであれば、やはり「論理重視の学習を」これが私が今回、声を大にして伝えたいメッセージになります。


論理的に、「読み方」を身につけて、
リーディング力を高めたい方は、

「英語真っすぐリーディング講座」

がオススメになります。


「TOEIC 460だったのが740点に。たったの5カ月で280点アップしました。問題を解く際もすべての根幹には鈴木先生の講座があると私は思ってます」

「去年10月TOEIC初受験は420点。本講座を受講した後、610点までUP。その後も自身で英語学習を続け、7月には760点まで伸びました!」

「本講座や英検対策のおかげもあって、英検準1級の1次試験合格しました! しかも、前回の42点に比べ一気に点数が69点まで伸びての合格です」

と嬉しいご感想をいただいている講座でして、


「日本語に訳して読んでいる」
「適当に意味をつなげて読んでいるだけ」
「読むのが遅くて…」
「長い文、複雑な文が苦手」

という方にオススメです。


ネイティヴの音声もついていますし、わからないところがあったら、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「英語真っすぐリーディング講座」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!











なぜ英語が話せない、悔しいのか? むずかしいし読み聞きしてないから
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/04/post_17.html
「なぜ英語が話せない、悔しいのか? むずかしいし読み聞きしてないから」 ■あまりに話せないのでビックリ? 「英会話」は、英語学習をする多くの人が目標と掲げるものです。 私は今までに、年以上にわたって名...

英語を読めないなら聞き取れないのは当然!
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/05/post_18.html
「英語を読めないなら聞き取れないのは当然!」 ■リスニングでもリーディング力が必要 まず、TOEICで「リーディング」と聞くと、リーディングセクションのパート7を思い浮かべると思います。 「ある程度ま...

英文法は不要、必要ない、意味ないと言う人が見落としているポイント
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/05/post_19.html
「英文法は不要、必要ない、意味ないと言う人が見落としているポイント」 ■必要な知識はもう持っている? 日本人はよく言われるように英語が苦手とされています。 ただ、勉強していないわけではなく、中学・高校...

英語文法用語(英文法用語)が分からない(わからない)? 不要です
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/05/post_20.html
「英語文法用語(英文法用語)が分からない(わからない)? 不要です」 ■リーディングには英文法が必要です! メルマガでもよくお話させていただくように、英語の基礎は、 語彙、英文法、リスニング の3本柱...

英語は暗記・感覚ではない。理屈で考える、理解する
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/05/post_21.html
「英語は暗記・感覚ではない。理屈で考える、理解する」 ■考える英語学習を 先日、メルマガで、「理屈で考える英語学習を」というお話をさせていただきました。 簡単にお話させていただくと、 「先生or英語が...

英語で自然な言い回しを身につけ、不自然な表現を避ける
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/05/post_22.html
「英語で自然な言い回しを身につけ、不自然な表現を避ける」 ■教材で学ぶべきもの メルマガではよくお話させていただきますが、私は英語の基礎は、 「語彙、英文法、リスニングの基礎3本柱」 だと考えておりま...

英語で文法を学びながらリーディングのコツを身につけよう
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/05/post_23.html
「英語で文法を学びながらリーディングのコツを身につけよう」 ■リーディングに文法は必須 メルマガでよくお話させていただいておりますが、英語の基礎は、 語彙、文法、リスニング の3つ。 ほかのものはすべ...

英語の中級者から上級者へ。中級者と上級者の差・違い
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/05/post_24.html
「英語の中級者から上級者へ。中級者と上級者の差・違い」 ■実戦でしか身に付かないことがある 英語ができる人の中には、 「英語はとにかく量。一杯英語を聞いたり、読んだりすればいいんだ」 という人がいます...

英語リーディングで文法の必要なところだけ学ぶコツ・教材・本・練習
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/05/post_25.html
「英語リーディングで文法の必要なところだけ学ぶコツ・教材・本・練習」 ■リーディングには文法が絶対に必要 メルマガではたびたびお話させていただいておりますが、英語の基礎は、 語彙、文法、リスニング の...

英語リーディング読み方は動詞(過去形)と形容詞(過去分詞)の見分け方・違い
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/05/post_26.html
「英語リーディング読み方は動詞(過去形)と形容詞(過去分詞)の見分け方・違い」 ■リーディング力を高めるには 英語学習の目標と言うと、人それぞれでしょうが、中には、 「リーディング力をつけたい」 とい...

おすすめオンライン英語リーディング教材は、総合力がつく!
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/05/post_27.html
「おすすめオンライン英語リーディング教材は、総合力がつく!」 ■日本語の使い方、基礎の確認など 本サイトでオススメしている、 「英語真っすぐリーディング講座」 こちらの講座(オンライン教材)では、リー...

英語は暗記科目ではない! 考える訓練を!
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/05/post_28.html
「英語は暗記科目ではない! 考える訓練を!」 ■従来型の英語教育 中学、高校時代の英語教育というと、どういうイメージでしょう? 「英会話やリスニング軽視、リーディングや英文法重視」 「暗記重視」 「理...

英語ディクテーションは効果ない、意味ない?
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/05/post_29.html
「英語ディクテーションは効果ない、意味ない?」 ■世の中で良しとされている学習法だが… 以前、 「○○が良いらしい」と聞くと、すぐその教材や学習法を試す。 「××が良いらしい」と聞けば、○○をほったら...

英会話はリーディングで上達。英会話スクールは意味がない?
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/05/post_30.html
「英会話はリーディングで上達。英会話スクールは意味がない?」 ■自分でもやる! 「英語真っすぐリーディング講座」 などの、私の講座には補助テキストがついています。 具体的には、例えば、 1、英語学習に...

英語・英文法の仮定法のコツ。仮定法は簡単だ
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/05/post_31.html
「英語・英文法の仮定法のコツ。仮定法は簡単だ」 ■日本語に訳す必要はない 「日本の英語教育で一番悪いと思う点」 として、メルマガではよくお話させていただきますが、 英語を理解するのに、日本語に訳す必要...

英語の正しい読み方で読むと疲れる? 読めないのとどっちがいい?
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/06/post_32.html
「英語の正しい読み方で読むと疲れる? 読めないのとどっちがいい?」 ■構造を意識しないと意味が取れないけど… 「短い文、単純な文なら読めるけど、長い文、複雑な文になると、読めなかったり、何回も読み直さ...

単語はわかるのに英語長文を読めない、前から読めない
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/06/post_33.html
「単語はわかるのに英語長文を読めない、前から読めない」 ■英語が読めますか? いきなりですが、英語を読むことはできるでしょうか? 「知らない単語や熟語が多くて読めないことがある」 これは仕方がありませ...

英語の才能ない人でも英語はできる!
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/06/post_34.html
「英語の才能ない人でも英語はできる!」 ■英語に才能は関係ある! 友人に、日本で英語を教えているアメリカ人がいるのですが、同じ英語指導者同、よく意見交換をします。 この前、話をしていて、 「英語に才能...

リスニングとリーディングの違い・差・関係
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/06/post_35.html
「リスニングとリーディングの違い・差・関係」 ■リスニングは量が勝負! 英語は学習法が大切です。 どんなにがんばっても、学習法が間違っていると、なかなか力がつきません。 例えば、英文法で、 「こういう...

英語リーディングの知らない単語・熟語があっても意味が取れる
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/06/post_36.html
「英語リーディングの知らない単語・熟語があっても意味が取れる」 ■単語を覚えれば良いだけの話? 「英語を読んでいて知らない単語が出てくる」 これは誰もが体験することです。 しかし、こうなったときに、ど...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る