fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語でわからないところをわからないままにしていませんか?





今回は、

「英語でわからないところをわからないままにしていませんか?」

というお話をさせていただきます。







■こんな英語の読み方していませんか?

さて、今回の「英語でわからないところをわからないままにしていませんか?」というお話なのですが、皆さんは、英語を読む際に、どう読まれていますか?

What my students thought was an easy question was actually a quite difficult one.

what     何を、
my students 私の生徒たち
thought 思った
was でしょうか?

のように、単語の意味をつなげて、感覚的に読んでいく人がとても多いのですが、これでは多くの人が間違えてしまいます。


上の英文、それほどむずかしい単語・熟語は使われていません。

でも、多くの人が正しく意味を取れません。

正しくは、

「私の生徒たちが簡単な問題だと思っていたものは、実はけっこうむずかしい問題だった」

という意味なのです。

正しく意味取れていましたか?







■わからない部分があるはずです

先ほどお話ししたように、先ほどの文にはむずかしい単語・熟語は使われていません。

それなのに英文の意味が正しく取れなかったということは、

単語や熟語以外の部分で、何かしらわからない部分があるはずです。

例えば、多くの人が引っかかるのが、

What my students thought was an easy question was actually a quite difficult one.

thought was

の部分です。


「何で動詞が2つ並んでるの?」

「英語は、I ran was.みたいに"一般動詞+be動詞"2つも動詞続かないはずだけど?」

ひどいケースになると、

「was thoughtの間違いじゃない? 受動態は、"be動詞+過去分詞"って、be動詞が先に来るんだよね。こりゃ誤植だな」

と、勝手に誤植だとか、「間違った英語」だと勘違いしてしまう人もいます。


そうじゃないんですね。

What my students thought was an easy question was actually a quite difficult one.

というのは、れっきとした正しい英語。

しかも別に古めかしいわけでも、堅苦しいわけでもなく、とてもよく使われるタイプの英語でして、

「私の生徒たちが簡単な問題だと思っていたものは、実はけっこうむずかしい問題だった」

という意味になるのです。


このように、わからないことがあることは問題ではありません。

わからないところがあるからこそ、私たちは英語を勉強するわけで、何もわからないところがなければ、英語を勉強する必要はない。

わからないところがあること自体は問題ではないのですが、問題は、その「対処法」です。


多くの人がやってしまう、「まずい対処法」は、

「よくわからないけど、thought wasという形があることを覚えておこう」

と、理解しないまま、付け焼き刃の暗記で済ませてしまうことです。


しかし、これはわからない部分をわからない部分にしたままなので、何の解決にもなりません。

似たような形である、

What my students said was an easy question was actually a quite difficult one.

What my students thought would be an easy question was actually a quite difficult one.

にまったく対処できません。







■わからないのなら、解決する!

そうではなく、わからない部分があるのなら、放置するのではなく、解決しないといけません。

先ほどの英文、

What my students thought was an easy question was actually a quite difficult one.

で、言えば、上記の文の主語は、What my students thought was an easy questionです。

これは、もともとは、

My students thought that what was an easy question.

という形でした。

whatは文頭にくるので、この形はあり得ませんが、もともとはこういう形だったのです。

whatはthat節の中身の文、

What was an easy question

の主語だったんです。


現に、

My students thought that it was an easy question.

とすれば、皆さん見慣れた形であり、すぐにわかると思います。


しかし、今回の場合、whatです。

My students thought that what was an easy question.

から、whatを前に持ってこないといけない。

すると、

what my students thought that was an easy question

になる。

そして、that節の中身を前に出した場合、従属接続詞thatを消去しないといけませんから、

what my students thought was an easy question

となる。


今はthought wasとくっついていますけど、もともとは間にwhatがあったんですね。


What my students said was an easy question was actually a quite difficult one.

What my students thought would be an easy question was actually a quite difficult one.

も同じです。

What my students said was an easy question

は、もともとは、

My students said that what was an easy question.

だった。


What my students thought would be an easy question was actually a quite difficult one.

What my students thought would be an easy question

もともとは、

My students thought that what would be an easy question.

だったのです。


このように、仕組みを理解すれば、

そもそも読めなかった、

What my students thought was an easy question was actually a quite difficult one.

だけでなく、

What my students said was an easy question was actually a quite difficult one.

What my students thought would be an easy question was actually a quite difficult one.

など、同じ仕組みで作られている英文を理解できるようになるのです。







■大変かもしれませんが

上記のお話をさせていただくと、中には必ず、

「えー? そんなことをいちいち考えるのは大変だよ」

とおっしゃる方がいらっしゃいます。


確かに、最初のうちは大変かもしれません。

でも、考えなかったら読めないのですよね?

考えないで読めたら、そりゃ楽でしょうけど、現実には、考えないと読めないのです。

だったら、取れる選択肢は2つだけ。

1、大変だけど、考えて読めるようになる
2、大変だから考えないで貫き通して、結局読めない

これだったら1の選択肢の方がはるかにいいですよね?


それに考えて読むことを繰り返していれば、徐々に慣れてきて、最終的には無意識にできるようになってきます。

これは、車の運転が最初は

「えーと、次はウインカーを出して、えーとミラーを見て‥」

とか考えなければできなかったのが、慣れてくると、無意識に運転できるようになるのと同じです。


最初のうちは考えて読むのは大変かもしれませんが、慣れてくれば、無意識に、感覚的に読めるようになってくるのです。

わからないところを放置して、付け焼き刃の暗記で済ませていたのでは、いつまでも英語は読めるようになりません。

そうではなく、わからないところがあるのなら、わかるようにして問題を解決しなければいけません。


こういったわからない部分を理解するために必要な英文法の知識を身につけて、こういったむずかしい英文の読み方を身につけたい方は、

「英語真っすぐリーディング講座」

がオススメになります。


「TOEIC 460だったのが740点に。たったの5カ月で280点アップしました。問題を解く際もすべての根幹には鈴木先生の講座があると私は思ってます」

「去年10月TOEIC初受験は420点。本講座を受講した後、610点までUP。その後も自身で英語学習を続け、7月には760点まで伸びました!」

「本講座や英検対策のおかげもあって、英検準1級の1次試験合格しました! しかも、前回の42点に比べ一気に点数が69点まで伸びての合格です」

と嬉しいご感想をいただいている講座でして、


「日本語に訳して読んでいる」
「適当に意味をつなげて読んでいるだけ」
「読むのが遅くて…」
「長い文、複雑な文が苦手」

という方にオススメです。


ネイティヴの音声もついていますし、わからないところがあったら、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「英語真っすぐリーディング講座」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!











英語リーディング伸び悩み・頭打ち
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/09/post_71.html
今回は「英語リーディング伸び悩み・頭打ち」というお話です。 ■読み方と言う物があります メルマガでは、よく 「英語には読み方と言う物があり、それを意識すべき。そうじゃないと伸び悩みます」 というお話を...

英語が楽にできるようになると思うと逆に苦労する
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/09/post_72.html
今回は「英語が楽にできるようになると思うと逆に苦労する」というお話です。 ■「簡単だ」とは言いません メルマガをしばらくお読みいただいている方はご存知だと思いますが、私は、どちらかと言うと、 「英語は...

英語の読み方がわからない? これが英語の読み方コツ!
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/09/post_73.html
今回は英語リーディングについて「英語の読み方がわからない? これが英語の読み方コツ!」というお話です。 ■どう読みますか? 英語を読んでいると、↓のような英文が出て来ることがよくあります。 The s...

年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みの英語勉強の仕方
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/09/post_74.html
今回は、英語学習について、 「年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みの英語勉強の仕方」 というお話をさせていただきます。 ■長期休暇(年末年始、GW、夏休み) 人によってお休みの時期は違うと思いますが、...

英語の勉強で、考えないで感じろというのは無理、非現実的です
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/09/post_75.html
今回は、英語学習について、 「英語の勉強で、考えないで感じろというのは無理、非現実的です」 というお話をさせていただきます。 ■「考えるな!」と言うけど… これは英語全体に関する話なのですが、 「日本...

英語を返り読みしない方法
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/09/post_76.html
今回は、英語学習について、 「英語を返り読みしない方法」 というお話をさせていただきます。 ■返り読み、読み返してしまう… 英語学習、特にリーディングにおいては、 「返り読みしてしまう」 というお悩み...

英語リーディングは動詞の過去形と過去分詞の見分け方がポイント
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/10/post_77.html
今回は、英語学習について、 「英語リーディングは動詞の過去形と過去分詞の見分け方がポイント」 というお話をさせていただきます。 ■「動詞っぽいもの」で苦労する 英語リーディングと言うと、多くの人が苦労...

知らない英単語の意味を推測して読む方法
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/10/post_78.html
今回は、英語学習について、 「知らない英単語の意味を推測して読む方法」 というお話をさせていただきます。 ■知らない単語があると=読めない 英語をやっていると、どうしたって知らない単語が出てきます。 ...

TOEICリーディングで速く読む(速読する)とスコア下がる?
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/10/toeic_6.html
今回は、英語学習について、 「TOEICリーディングで速く読む(速読する)とスコア下がる?」 というお話をさせていただきます。 ■どっちの読み方が有効? 私は、今までに、年以上にわたって、名以上の方を...

TOEICリーディングで時間が足りないなら
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/10/toeic_7.html
今回はリーディングについて、 「TOEICリーディングで時間が足りないなら」 というお話をさせていただきます。 TOEICの話ではありますが、実用英語にも役立つ話ですので、ぜひご覧下さいませ。 ■TO...

スラッシュリーディングのデメリット・弊害
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/10/post_79.html
今回はリーディングについて、 「スラッシュリーディングのデメリット・弊害」 というお話をさせていただきます。 ■役に立つとされているスラッシュリーディングですが… 「スラッシュリーディング」はけっこう...

英語ができる人の特徴・共通点はこの2つ
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/10/post_80.html
今回は、 「英語ができる人の特徴・共通点はこの2つ」 というお話をさせていただきます。 ■英語上級者が持っている要素2つ 私は、今までに年以上にわたって名以上の方に英語指導させていただいてきております...

独学で英語が上達するシンプルな方法
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/10/post_81.html
今回は、 「独学で英語が上達するシンプルな方法」 というお話をさせていただきます。 ■1日に4時間や8時間は必要ないですよ 「英語が上達する人」 というと、皆さん、どういう人をイメージするでしょうか?...

TOEICが時間内に終わらないなら。でも高点数取れます
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/10/toeic_8.html
今回は、 「TOEICが時間内に終わらないなら。でも高点数取れます」 というお話をさせていただきます。 ■TOEICが時間内に終わらないなら TOEICのリーディングセクションは、75分以内に100問...

英語でわからないところをわからないままにしていませんか?
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/10/post_82.html
今回は、 「英語でわからないところをわからないままにしていませんか?」 というお話をさせていただきます。 ■こんな英語の読み方していませんか? さて、今回の「英語でわからないところをわからないままにし...

英語の才能ない人は英文法で英語が上達・できるようになる
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/11/post_83.html
今回は、 「英語の才能ない人は英文法で英語が上達・できるようになる」 というお話をさせていただきます。 ■英語に英文法なんて関係ない? 日本の学校英語教育はよく批判されます。 その中でよく聞かれるもの...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る