fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語リーディング実践講座 44(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

TOEIC パート7が伸びない、間違いの理由





「TOEIC パート7が伸びない、間違いの理由」

今回は、

「TOEICパート7や英語のリーディングで読めていない理由」

というお話をさせていただきます。







■意味が取れた! と思っても?

TOEICパート7や英語のリーディングでは、長文をよく読みます。

例えば、

There was a weird rule in my school. Because of the rule, we couldn't leave any textbook or notebook at school and we had to take all them back home. The school proposed changing the rule. Every student voted and most of them voted "Yes." Now we don't have to every textbook and notebook home.

という英文。


むずかしい単語・熟語は使われていません。

文法的にもむずかしいポイントはほとんどなく、長い文、複雑な文もありません。

なので、意味が取れる方は非常に多いかと思います。


そして、以下の問題が出たとします。

Who voted against change?


この問題、わかる人はわかると思います。

しかし、年以上にわたって、名以上の方に英語指導させていただいた経験上、

「え? どういうこと? どこにそんなことが書いてあった?」

「どこにも書いていないじゃないか?」

と思ってしまう人が多いのです。







■どこに書いてあるの?

繰り返しになりますが、これは

「意味が取れた」という人でも起こることです。


さらに言ってしまえば、先ほどの英文、

There was a weird rule in my school. Because of the rule, we couldn't leave any textbook or notebook at school and we had to take all them back home. The school proposed changing the rule. Every student voted and most of them voted "Yes." Now we don't have to every textbook and notebook home.

を、

「私の学校では変なルールがありました。そのルールのため、私たちはいかなる教科書もノートも学校に置いていくこと はできず、すべてを学校に持って帰らなければいけませんでした。学校がこのルールを変えることを提案しました。すべての生徒が投票し、ほとんどが"はい"と投票しました。今、私たちはすべての教科書とノートを家に持って帰る必要はありません」

と日本語に訳せた人でも起こること。


なんだったら、英語を読まず、日本語を読んでもできない人もいます。

「え? 誰が反対したって書いてあった?」

「そんなのどこにも書いていないじゃないか?」

とわからない人は多いのです。


先ほどの問題、

Who voted against change?

は、選択肢がない問題でした。

確かに選択肢がない方がむずかしいですね。

でも、選択肢があっても、例えば、

(A) Every student.
(B) Some students.
(C) No student.
(D) Some teachers.

があっても正しく解けない人が多いのです。

選択肢があっても、

「誰が反対したって書いてないじゃないか?」

となってしまうのです。


中には、

「多分、反対した先生がいたんだなぁ。勉強は大切だとか、体力をつけることが大切だと、根性主義の先生もいるからなぁ」

と、勝手に想像を膨らませて、

(D) Some teachers.

を選んでしまう人もいます。


あるいは、

Every student voted and most of them voted "Yes."

というところから、

「じゃあ、逆に言えば、反対した人はいないんだな」

と、

(C) No student.

を選んでしまう人もいます。

でも、これらは全部間違いです。







■英語は「いじわる」な言語?

そろそろ答えを言ってしまうと、答えは、

(B) Some students.

です。


これを見て、

「どこに、何人かの生徒が反対したって書いてあった?」

と思う人もいると思います。

実は書いてあるのです。


Every student voted and most of them voted "Yes."

に書かれているのです。

そうすると、

「ちょっと待って。"生徒全員が投票し、ほとんどが"はい"に投票した"とは書いてあるけど、

 何人かの生徒が反対したとは書いてないよ」

と思う人は多いです。


確かにその通りなのですが、

most of them voted "Yes"

と言っている通り、

「ほとんどの生徒」が「はい(ルール変更に賛成)」に投票した。

とあります。


most of them「ほとんどの生徒」であり、all of them「全生徒」とは言っていません。

逆に言えば、何人かの生徒は反対票を投じたということになります。


全員が賛成したのであれば、

most of them voted "Yes"

ではなく、

all of them voted "Yes"

と書かれています。


most of themってことは反対した生徒がいたことを意味します。

中には、

「まぁ、そう言ってしまえばそうだけどさぁ。

 allじゃなくてmostだから、反対した人がいるなんて読み取れないよ。そんなの意地悪すぎるよ!」

と思う人もいると思います。


しかし、残念ながら、英語というのはこういう性質がある言語なのです。

欧米の人はディベートなどをよくしたり、欧米の人は日本人よりずっと意見をはっきりという人が多いように、

英語は裏を見ようとする。

論理的な性質がある言語なのです。


私は仕事柄、ネイティヴとよく話すことがありますし、英字新聞を読んだり、英語ニュースを見たりします。

すると、「え? そこを見るの?」と驚くことがあります。

今回のmost of themもそうですね。

日本人感覚だと、

Every student voted and most of them voted "Yes."

を見て、most of themであり、all of themでないことは何も気にならないと思います。

mostだって、ほとんどが賛成だから、反対の人がいたことなど気づかないと思います。


ところが、英語ネイティヴは、

「え? most? allじゃないのか!?」

という反応をよく示します。

日本人からすると、

「そこに目がいくの? それがポイントですか?」

と思うのですが、英語はそういう性質があるのです。







■意味が取れただけでは、英語は読めていない

英語において、「意味が取れる」というのは、もちろん重要です。

しかし、上記のように、英語は「裏まで読む」という性質があります。

だから、意味が取れるだけでは不十分。

「深くまで読み取れる」必要があるのです。


そのためには、解説なしのリーディングでは問題は解決しません。

解説がなければ、

「意味が取れた」

と思って終わってしまいます。

TOEIC本番では、問題用紙を回収されてしまうので、その「見落とし」に気づくことはありません。

洋書や英字新聞も解説がないので、見落としに気づけません。

一般的なリーディング教材も、以前からお話ししているように、そこまでの解説がなく、解説が薄っぺらいので、なかなか気づけません。

こういった点を解消するためにお役に立てるのが、

「英語リーディング実践講座 44」

こちらでは、丁寧な解説で、深くまで読み取れる力を養っていただけます。


今回の内容は以上となります。

リーディング力をつけたい方には、

「実践的な英語で、リーディングの練習。

そして、問題を解くことにより、浅くではなく、深くまで理解しているかをチェック。

解答解説では、むずかしい英文の英文法的な構造解説。
 
使われているむずかしい単語・熟語はリストアップし、必要に応じて解説。

そして、問題の解説を、"なぜこれが正しく、なぜこれが間違いなのか"を詳細に解説。

紙媒体だと、紙面節約のために簡素になりすぎるところ、たっぷりと詳細に解説。

そして、リーディングに必要不可欠な要素である、英文法の知識確認。その英文法の知識をリーディングでどう活かしたらいいかの概略解説。

意味が取れることはもちろん、実践的な英語で、浅くではなく、深くまで意味を取れる力をつける講座」

新講座「英語リーディング実践講座 44」

がお役に立てれば幸いです。

世の中のリーディング教材は

・日本語訳を掲載するだけで、「なぜそういう意味になるか」の解説なし
・問題の解説が簡潔すぎて、「なぜこれが正しく、なぜこれが間違いか」がわからない

という欠点がありますが、本講座では、

・英文法でどういう構造になっているかを解説し、なぜそういう意味になるのかを解説

・むずかしい単語、熟語はリストアップし、注意事項、追記事項がある場合は、さらに詳しく解説

・問題は、もちろん、詳細に「なぜこれが答えで、なぜこれは間違いか?」を丁寧に解説

・リーディングに必要な英文法の知識の確認解説と、英文法の知識をどう活かすべきかを概略解説

・そして、わからないところがあったら、制作者である私にご質問

と、わからないところをわからないままにせず、学習して行くことができます。

ぜひ、リーディング力をつけたい方は、一緒にがんばっていきましょう!


詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。
「英語リーディング実践講座 44」

※:初心者(TOEIC 500以下、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわからない)の方には、↓がオススメ。
「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」


最後までお読みいただきありがとうございます。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てればと思っておりますので、何卒よろしくお願いいたします。











英語リーディング伸び悩み・頭打ち
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/09/post_71.html
今回は「英語リーディング伸び悩み・頭打ち」というお話です。 ■読み方と言う物があります メルマガでは、よく 「英語には読み方と言う物があり、それを意識すべき。そうじゃないと伸び悩みます」 というお話を...

英語が楽にできるようになると思うと逆に苦労する
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/09/post_72.html
今回は「英語が楽にできるようになると思うと逆に苦労する」というお話です。 ■「簡単だ」とは言いません メルマガをしばらくお読みいただいている方はご存知だと思いますが、私は、どちらかと言うと、 「英語は...

英語の読み方がわからない? これが英語の読み方コツ!
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/09/post_73.html
今回は英語リーディングについて「英語の読み方がわからない? これが英語の読み方コツ!」というお話です。 ■どう読みますか? 英語を読んでいると、↓のような英文が出て来ることがよくあります。 The s...

年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みの英語勉強の仕方
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/09/post_74.html
今回は、英語学習について、 「年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みの英語勉強の仕方」 というお話をさせていただきます。 ■長期休暇(年末年始、GW、夏休み) 人によってお休みの時期は違うと思いますが、...

英語の勉強で、考えないで感じろというのは無理、非現実的です
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/09/post_75.html
今回は、英語学習について、 「英語の勉強で、考えないで感じろというのは無理、非現実的です」 というお話をさせていただきます。 ■「考えるな!」と言うけど… これは英語全体に関する話なのですが、 「日本...

英語を返り読みしない方法
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/09/post_76.html
今回は、英語学習について、 「英語を返り読みしない方法」 というお話をさせていただきます。 ■返り読み、読み返してしまう… 英語学習、特にリーディングにおいては、 「返り読みしてしまう」 というお悩み...

英語リーディングは動詞の過去形と過去分詞の見分け方がポイント
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/10/post_77.html
今回は、英語学習について、 「英語リーディングは動詞の過去形と過去分詞の見分け方がポイント」 というお話をさせていただきます。 ■「動詞っぽいもの」で苦労する 英語リーディングと言うと、多くの人が苦労...

知らない英単語の意味を推測して読む方法
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/10/post_78.html
今回は、英語学習について、 「知らない英単語の意味を推測して読む方法」 というお話をさせていただきます。 ■知らない単語があると=読めない 英語をやっていると、どうしたって知らない単語が出てきます。 ...

TOEICリーディングで速く読む(速読する)とスコア下がる?
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/10/toeic_6.html
今回は、英語学習について、 「TOEICリーディングで速く読む(速読する)とスコア下がる?」 というお話をさせていただきます。 ■どっちの読み方が有効? 私は、今までに、年以上にわたって、名以上の方を...

TOEICリーディングで時間が足りないなら
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/10/toeic_7.html
今回はリーディングについて、 「TOEICリーディングで時間が足りないなら」 というお話をさせていただきます。 TOEICの話ではありますが、実用英語にも役立つ話ですので、ぜひご覧下さいませ。 ■TO...

スラッシュリーディングのデメリット・弊害
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/10/post_79.html
今回はリーディングについて、 「スラッシュリーディングのデメリット・弊害」 というお話をさせていただきます。 ■役に立つとされているスラッシュリーディングですが… 「スラッシュリーディング」はけっこう...

英語ができる人の特徴・共通点はこの2つ
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/10/post_80.html
今回は、 「英語ができる人の特徴・共通点はこの2つ」 というお話をさせていただきます。 ■英語上級者が持っている要素2つ 私は、今までに年以上にわたって名以上の方に英語指導させていただいてきております...

独学で英語が上達するシンプルな方法
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/10/post_81.html
今回は、 「独学で英語が上達するシンプルな方法」 というお話をさせていただきます。 ■1日に4時間や8時間は必要ないですよ 「英語が上達する人」 というと、皆さん、どういう人をイメージするでしょうか?...

TOEICが時間内に終わらないなら。でも高点数取れます
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/10/toeic_8.html
今回は、 「TOEICが時間内に終わらないなら。でも高点数取れます」 というお話をさせていただきます。 ■TOEICが時間内に終わらないなら TOEICのリーディングセクションは、75分以内に100問...

英語でわからないところをわからないままにしていませんか?
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/10/post_82.html
今回は、 「英語でわからないところをわからないままにしていませんか?」 というお話をさせていただきます。 ■こんな英語の読み方していませんか? さて、今回の「英語でわからないところをわからないままにし...

英語の才能ない人は英文法で英語が上達・できるようになる
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/11/post_83.html
今回は、 「英語の才能ない人は英文法で英語が上達・できるようになる」 というお話をさせていただきます。 ■英語に英文法なんて関係ない? 日本の学校英語教育はよく批判されます。 その中でよく聞かれるもの...

実用英語ができる人がTOEICスコアが上がる
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/11/toeic_9.html
今回は、 「実用英語ができる人がTOEICスコアが上がる」 というお話をさせていただきます。 ■TOEIC 860点はすごいですよね 先日、 「英語真っすぐリーディング講座」 の受講生様が、TOEIC...

英語を読めるようになるまでにやるべきこと
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/12/post_84.html
今回は、 「英語を読めるようになるまでにやるべきこと」 というお話をさせていただきます。 ■お伝えしたいこと1:考えるのがめんどくさいって? じゃあ読めますか? リーディングについて、ぜひお伝えしたい...

英語リーディング教材は解説が薄っぺらすぎる!
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2019/01/post_85.html
「英語リーディング教材は解説が薄っぺらすぎる!」 今回は、 「英語リーディング教材は解説が薄っぺらすぎる!」 というお話をさせていただきます。 ■講座をやっている理由の1つ 「英語リーディング実践講座...

TOEIC パート7が伸びない、間違いの理由
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2019/02/toeic_10.html
「TOEIC パート7が伸びない、間違いの理由」 今回は、 「TOEICパート7や英語のリーディングで読めていない理由」 というお話をさせていただきます。 ■意味が取れた! と思っても? TOEICパ...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語リーディング実践講座 44(名様 締切)
プロフィールをもっと見る