fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


単語帳の選び方 ココがポイント!

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今号は「単語帳の選び方」をお話しいたします。

本メルマガでは、何回もお話しさせていただいておりますが、
英語の基本は、「語彙、英文法、リスニング」の3本柱。

その中でも、語彙は英文法と並んで重要な役割を果たします。


ごくごく当たり前の話ではありますが、

「知らない単語ばかりではどうしようもない」

からです。


・知らない単語があっても、文脈で推測し、読む技術
・言いたい意味の単語を知らなくても、ほかの表現で説明する会話力

も重要ではありますが、知らない単語が多すぎては限界があります。


まずは最低限、「基本的な単語帳1冊」

これをしっかりと覚えることが重要です。



■単語帳選びのポイント1:例文がついているか?


単語帳を選ぶ際の最初のポイントは「例文」です。

単語に限った話ではありませんが、人が記憶する際に重要になるのが、
「イメージ」と「反復」です。
(私の大学時代の専攻は心理学系です)


そのイメージを作る際に、例文が非常に大きな役割を果たします。

「apologize=謝る」

と、ただ単に数式のように意味が載っていても、イメージが湧きづらいという方
が多いと思います。


一方、

The train conductor apologized for the delay.
「車掌は電車が遅れたことを謝った」

と例文があれば、


・車掌がアナウンスで電車が遅れたことを謝っている状況
・電車が遅れて、電車内で客がいらだっている様子
・アナウンスを聞き、客が多少は落ち着くようになった変化

などがイメージできるかと思います。

これがあるのとないのでは、
apologizeを覚えられるかどうかで大きな差が出ます。



■単語帳選びのポイント2:例文が長過ぎないか?


例文は必要不可欠ではあるのですが、
逆に例文が長過ぎるのも考えものです。


単語帳の目的は、あくまで「単語を覚えること」です。

なので、最低限イメージができる分の例文があればいいのであって、
それ以上長過ぎるのはマイナスです。


単語帳の中には、リーディング教材のように、長文が掲載されていて、
その中から英文を覚えるような形になっているものもありますが、

私としてはあまりオススメできません。


すでに基本的な単語帳を1冊終えており、さらに語彙力をつけようとしている
中級者・上級者であれば、

「リーディングの練習やリスニングの練習と同時に語彙を強化できる」

というメリットがありますが、

まだ単語帳を1冊終えていないのであれば、まずは根本的な基礎作りのために、
「語彙を増やすこと」に注力を注ぐべきです。


当然のことながら、例文が長い方が、

「1単語あたりにかかる時間」が長くなります。

ということは、それだけ時間がかかり、語彙力アップのスピードが遅くなるとい
うことになります。


1冊目の単語帳では、語彙力アップだけに焦点を置いて、
リーディング力アップなどは、その後にした方がよいかと思います。


また、同様の理由で、英文法の説明などが書かれている単語帳もオススメできま
せん。

その分、1単語あたりにかかる時間が長くなりますし、

単語帳に載っている英文法の説明はどうしても「詰め込んだ感」が強く、
説明としては中途半端です。


「二兎を追う者は一兎をも得ず」と言うように、基礎ができていない段階での
1冊目の単語帳では、語彙力アップのみに専念すべきです。



■単語帳選びのポイント3:持ち運びがしやすいか?


自分で自由に使える時間が多くある人は別ですが、
単語帳は「電車の中」など、

「完全自由ではないけど、そこそこ学習できる、準自由時間」

にやることをオススメします。


単語帳で単語を覚えるという学習は机を必要としませんし、声に出す必要もあり
ません。

完全に自由な時間が多いのなら別ですが、
そうでないのなら、単語帳は「準自由時間」にやった方が効率的なのです。

完全に自由に使える時間は、机を必要とする英文法の学習時間や、
声を出す必要がある、発音やイントネーショントレーニングの時間にあてるべき
です。


従って、単語帳は携帯できる必要があります。

ほとんどの単語帳は携帯しやすいようにできていますが、
中には大きくて携帯しづらいものもあります。


完全に自由な時間が多い方、持ち運びが必要ない方は別ですが、
そうでない方は携帯しやすいものを選んでください。



■総合的に見て、オススメの単語帳


以上の点を踏まえて、私のオススメの単語帳は何かと言うと、

DUO3.0
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/4900790052/thebelltree-22/ref=nosim >

になります。

3つのポイントにはいれませんでしたが、
音声CDが販売されているのも良いポイントです。


ただ、あくまでこれは一例でして、ポイントを満たしている単語帳であれば、
どれでもかまわないと思います。

また、今回お話ししたのは、あくまで、

「基礎作りのための1冊目の単語帳」

であって、2冊目以降だと多少ポイントが違います。
(例えば、2冊目以降は、例文が長めでもかまわないと思います)


以上の点を参考にして、単語帳選びに役立てていただければ幸いです。


また、語彙強化でお悩みの方をはじめ、リスニング、リーディング、英会話、
TOEIC対策等、英語学習全般でお悩みの方には、↓がお役に立てるかと思います
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >


まずは、基本的な単語帳を1冊仕上げる。

これを目標に語彙強化がんばって行きましょう!

もちろん、ほかの基礎3本柱、英文法とリスニングも忘れないでくださいね!



★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 学習法は↓から、あなたにピッタリのカリキュラムを一緒に組みましょう!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。