fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英語学習にはある程度の"適当さ"も必要

前号で、英語が伸びるタイプとして、

タイプ1:すでに最初から語彙、英文法ができている人
タイプ2:自分に何が足りないか、何が必要か考えるタイプ
タイプ3:英文法を強引にやらない人

をお話しさせていただきましたが、

今回は、もう1タイプ、

「ある程度の適当さを持った人」

をお話しさせていただきます。



■通常は「適当さ」はマイナス要素だが…


通常、「適当さ」というのはマイナス要素です。

「毎日、単語やるって言ったけど、まぁいいや。1週間ぐらい休もう」
「語彙が苦手だけど、語彙は嫌いだからいいや。好きなリスニングだけやろう」
「なんか前置詞ってよくわからないけど、まぁいいや」

のように、適当すぎると英語学習ではマイナスに働きます。


学習が習慣化できなかったり、弱点が適切に改善されなかったり、
英文法がちゃんと理解できなかったりします。

本来は、「適当さ」はマイナスに働くのです。

「そんなこと当たり前じゃん」

と思うかもしれませんが、逆に「適当さ」がプラスに働くこともあるのです。



■完璧主義過ぎる方に


というのも、日本人は生真面目すぎるというか、完璧主義過ぎることがあるから
です。


「あー、今日の単語できなかったよ。毎日やるって決めたのに」
「語彙苦手だからやらなきゃ。でも語彙は嫌いなんだよ。苦痛だなぁ。
 でもがんばってやらなきゃいけないんだよな…」
「ん? ここわからないなぁ。全部理解したつもりだったのに、
 実は理解したつもりになってなのかなぁ…」

というように、完璧を求めてしまい、

「そうならないのは自分がだらしない、自分の能力が低い」

と落ち込んでしまう方が多いのです。


もちろん、マジメなのはいいことですし、

・決めたことをきっちりと毎日やること
・苦手なことでも、がんばってやる
・英文法はきっちりと理解して行く

これは大切なことです。


しかし、何もすべてが完璧である必要はないのです。

それよりも、完璧を求めすぎるあまり、

「完璧にできて当然。それができない自分はダメな人間」
「完璧にできない。やっぱり自分には英語は無理なんだ」

と、やる気がそがれたり、オールオアナッシングのような考え方になってしまう
ことの方が怖いのです。



■適当さを適度に使う


適当すぎるのも困りものですが、ある程度の「適当さ」は必要なのです。

例えば、「単語を毎日50語やる」と決めたら、毎日きっちりやるのが理想です。
しかし、それは必ずしも100%実行できることとは限りません。

30語しかできない日だってあるでしょうし、
まったくできない日だってあるでしょう。


そんなときに、人が思うパターンは3種類。

1:「あー、まぁいいか。どうせ毎日なんかできないし」
2:「んー、できなかったなぁ。よし、明日からまた50語ずつやるぞ!」
3:「あー、できなかったよ。自分はなんて怠け者なんだ!」


一番いいパターンは言うまでもなく、2です。

1は適当すぎて、このままずるずる行ってしまう可能性があり、
3はマジメすぎて、ネガティヴな考えになってしまいます。


英語学習はすべてが理想通りに進むとは限りません。

「自分に必要なことを、最も効率の良い方法で、しっかりと決めた通りに行う」

これが理想でしょうが、現実を考えると理想の姿勢は、

「できるだけ理想に近づけるべくベストを尽くす。
 でも、それは現実的には不可能。できる中で、なるべくがんばること」

ではないでしょうか。


苦手な分野をがんばってやることも重要ですが、気分が落ち込んでいるとき、調
子が悪いときには、

・もう少し楽な方法を探ってみる
・たまには、得意な分野の学習だけしてみる

というようにバリエーションをつけるのもよいでしょう。


また、英文法も、すべてを理解して進むのが理想ですが、どうしてもわからない
ときだってあるでしょう。

「ここはこのくらいにして、もうちょっと進んでみるか。
 先に進んでも理解できないようだったら、またここに戻ってこよう。

 もしかしたら、後付けでそのうち"あー、あれはそういうことだったのか!"
 ってなるかもしれないしね」

と気軽にやって行くのも有効な手段です。


適当すぎてもダメですが、マジメ過ぎも考えものなのです。

感覚としては、「100%ではなく、80%を求める」
こんな感じで肩の力を抜いて行った方がよい結果が出ることが多いですよ。


英語学習でお悩みの方は、冒頭でお話しした

「1年でTOEIC 900! 正統派の英語学習プロジェクト」
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

がお役に立てば幸いです。


夏休みでお休み中の方が多いかと思いますが、今からでも、
もしくは休み明けから英語学習がんばっていきましょう!


★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 学習法は↓から、あなたにピッタリのカリキュラムを一緒に組みましょう!
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。