fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語のニュアンスを理解するには

今回は、英語のニュアンスに関するお話です。


■日本語に訳すとピンと来ない?


突然ですが、almostという単語があります。

けっこう多くの方が知っている単語で、
「ほとんど」という意味で覚えている方が多いでしょう。

例えば、

This is almost perfect.
「これはほぼ完璧だ」

というような形で使われます。


「そんなの知ってるよ」と思った方も多いかもしれません。

しかし、次の文はどうでしょうか?

I almost missed the last train.

短くて簡単な文です。

しかし、

「私はほとんど終電を逃した? んー? 変な意味だなぁ」

と思っている方いらっしゃいません?


でも、これって、ちゃんとした英文で、よく使われるんです。
英語圏の独特の文化とかそういうのではなく、日本語でもよく使います。

答えから言ってしまうと、これは、

「私は危うく終電を逃すところだった」

という意味なんです。


「え? almostって"ほとんど"って意味じゃないの?」

と思った方もいらっしゃると思います。


確かに、almostは日本語に訳した場合、「ほとんど」と訳すとピッタリ来ること
もあります。

しかし、そうではないこともあるのです。



■「別の意味」ではないのです


これを聞いて、

「へぇ、そうなんだ。almostには"危うく〜するところ"という意味もあるんだ。
 覚えておこう」

と思った方もいらっしゃるでしょう。


あるいは、

「そんなの最初から知ってるよ。almostには"危うく〜するところ"って意味も
 あるのは知ってるよ」

と思った方もいらっしゃるでしょう。


しかし、これは実は間違った考え方なんです。


先ほど私は、

「almostは日本語に訳した場合、"ほとんど"と訳すとピッタリ来ることもある」

と言いました。

「"ほとんど"という意味のときもあります」

とは言いませんでした。


なぜなら、

This is almost perfect.
I almost missed the last train.

almostは両方とも同じ意味だからです。


日本語訳が違うのは、almostをピタリと表す日本語がないために、
状況によって、日本語訳を使い分けなければいけないために、
仕方がなく、日本語訳が2つ出て来ているのです。

決して、「別の意味」ではないのです。

つまり、これらは、「別の日本語訳」であっても、「別の意味」ではないのです


これらは2つとも意味は同じです。

「その状態に達する一歩手前まで行った」という意味。
これがalmostの意味です。


This is almost perfect.

だったら、「完璧」の一歩手前まで行っている。
でも、完璧ではなく、一応欠点がちょっとはある。


I almost missed the last train.

だったら、「終電を逃す」一歩手前まで行った。
でも、逃すことはなく、なんとか間に合った。


こう言った意味なのです。


別の意味ととらえていたら、

I almost caught that ball.
「もう少しであのボールをキャッチできた」

とか、

I'm almost there.
「もうすぐ着くよ(ほぼそこにいる→もうすぐ到着)」

とか、「違う意味」が一杯出て来てしまい、

「almostは意味が多くて、覚えることだらけで大変だ」

となってしまいます。



■日本語訳を通してしか見ないと…


こういった英語のニュアンスは日本語に訳して読むと言う手法を続けていたので
は、感じ取ることができません。

よく言われていることなので、ご存知の方も多いと思いますが、
学校では、日本語に訳して英語を読むように習いますが、実はそれは間違い。


英語のニュアンスを感じ取る能力が育ちませんし、
日本語と英語では語順が違うので、読むのにすごく時間がかかってしまいます。


では、どうすればいいのかと言うと、
とにかく、英文に一杯触れることです。

almostの例が表しているように、
英語と日本語は必ずしも、一対一で対応している表現がないことがあります。

そのため、日本語の感覚からするとイマイチピンと来ないことがあります。


そのため、多くの英文に触れ、単語がいろいろな使われ方をしているのを見て、
それが先ほどの例のように、自分の知っている感覚と違うのであれば、

「あ、こういう風にも使われるんだ。
 じゃあ、この単語はこういうニュアンスなんだ」

と感じ取ったり、

あるいは、英英辞典を引いて、ニュアンスを理解しようとする。
これが大切になります。



■英文法なら体系的に学べるが…


「そんな一杯英文に触れるなんて大変だよ。
 なんかそういうのを説明している教材ってないの?」

と思うかもしれません。


しかし、残念ながら、そういう教材は皆無と言えますし、
実際作ろうとすると、非常にむずかしいことがわかります。

というのも、英語の語彙というのは無限にある上に、
1つ1つの語彙の解説にものすごく多くのページを割かないといけないからです


同じ英語の知識でも、英文法だったら、

「これだけ学ぶべき物がある」

という「範囲」というものがあります。


冠詞とか、名詞の可算不可算のように、マニアックな細かい知識は別にして、
「英文法は、ここからここまで」というはっきりとした枠組みがあります。

だから、その枠組みをカバーする教材を作ることは可能ですし、
実際に多く存在します。


また、カテゴリーもはっきりと、

「この分野は初心者向け、この分野は上級者向け」

というのがありますから、そのレベルにあったものを作れます。


例えば、私の講座、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

は、初心者向け

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

は、中級者以上向け、とはっきりさせることができています。


しかし、語彙はそれこそ無限にあります。

「どこまで学べばいい」という終わりがないのです。


確かに、単語帳のように、語彙をある程度まとめているものはあります。
しかし、それは、あくまで基本的な意味を覚えるためのもの。

先ほどのalmostのように、細かいニュアンスまで解説してしまうと、
膨大なページ数になってしまうのです。


ですから、とにかく、多くの英文に触れ、
自分でそういったニュアンスを学び取って行くしかない、というわけなんです。



■実行には高い英語力が必要


しかし、この学習法には1つ欠点があります。

それは、「実行するには高い英語力が必要」という点。

「"一杯英文を読め"と言ったって、
 そんなに一杯ガンガン英語を読む力はないよ」

という方が多いと思います。


実は、語彙のこういったニュアンスを理解するというのは、
上級レベルの話。

「まずは、ある程度の意味を理解できるように、
 英文を読む力を身に付ける。

 そして、それから英文を一杯読んでニュアンスを知る」

これが大切になります。


すでに、英文をガンガン一杯読める力をお持ちの方もいらっしゃると思います
が、そうでない場合は、

「英文を読む力を身に付ける」

これが先決ということになります。


先ほど、「日本語に訳して読む方法」は間違いだとお話ししました。

それと同時に、「ただ単に先頭から意味をつなげて返り読みせずに読む方法」も
間違いですし、

スラッシュリーディングも、多くの人が使い方を間違っています。


そうではなく、英語のニュアンスを理解するためにも、
まずは、しっかりと正しい読み方を身につけましょう。

正しい読み方をつけたい方は、冒頭でお話させていただいた、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

がお役に立てれば幸いです。


最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう。


無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る