fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英文法は辞書で引けない

今回や英文法やリーディング(リスニングも関係)についてのお話になります。


■理想の英語学習は


私は理想の英語学習は、

「英語を一杯読み聞きすることで、身に付けること」

だと考えています。


「教材」はいろいろありますが、
結局のところ、自分自身で一杯英語に触れないと英語はできるようになりません

例えば、教材をやれば、

confiscate=押収する、没収する

のように、単語の意味が出ていて、それを覚えれば、一応語彙を増やせます。


しかし、リーディングやリスニング教材など、ちゃんとした流れのある英文の
中で、その単語が出て来たのならともかく、単純に

「confiscateは押収する、没収するという意味」

と出ていただけでは、

「一体どういう状況で使うのか?」
「どうやって使えば良いのか?」

がイマイチイメージできないのです。


そのため、イメージしづらいので覚えづらいですし、
仮に覚えられたとしても、英会話などで自分から使えるようにはなりません。

よく、

「単語はもっと知っているはずなのに、
 英会話になると、全然出てこない」

という現象が起こりますが、それは、このように、

「覚えてはいるけど、イメージを持っていない」

ということが原因となっています。


しかし、教材ではなく(あるいは教材であっても、リーディングやリスニングの
ようにちゃんと流れのある英文)、普通にネイティヴが読むような英文を一杯
読み聞きしていれば、ちゃんと文脈があるので、

「あ、この単語はこういう感情を表しているんだ」
「こう言いたいときはこう言えばいいんだ」

というのがわかります。


こういった「実戦」の中でしか身につけられないものというのは確実に存在する
ため、最終的にはやはり自分自身で英文に一杯触れるしかないのです。



■その準備が必要


しかし、そうは言っても、理想は理想。

現実には「英語を一杯読み聞きすれば英語ができるようになる」とは言えませ
ん。


なぜかと言うと、多くの人はその

「英語を一杯読み聞きする」準備ができていないからです。


車の運転に例えれば、免許を取った人は、実際に一杯運転するのが上達する良い
方法です。

免許を取ったのなら、教習所のようなところではなく、
実際に運転してみた方がずっと役に立ちます。


ところが、まだ車の運転の仕方がわからない人の場合は、そうは言えません。

いきなり「はい運転して」と道路を運転させても、やり方がわからなかったり、
技術がまだ身に付いていなかったりして、それができないのです。

なので、まずは教習所で基礎練習をする必要があるわけです。


英語もそれと同じで、理想は英語を一杯読み聞きすることであっても、
まずは基礎練習が必要なのです。

では、その基礎とは何か? と言うと、

語彙、英文法、リスニング

の3つ。


その中でも、語彙と英文法の2つは基礎中の基礎と言えます。

この2つができていない状態では、リーディングや英会話などの応用はできず、
基礎ができていない状態で応用にトライしても、「ザルに水」になってしまい
ます。

私自身、昔は英語が苦手(通信簿2(5段階)、偏差値30)だったので、
身をもって実感しています。
(その後、基礎からやり直したことで、今ではTOEIC 990(満点)、英検1級を
 持っています)


まずは、語彙と英文法。
(そして、徐々にリスニングも)

この2つをしっかりとやることが必要なわけです。



■語彙はある程度「後付け」もできる


ただ、語彙に関しては「もう知らない単語はありません」というような状態にす
る必要はありませんし、現にそのようなことは事実上不可能です。

日本人が日本語を読んでいても知らない語彙が出てくることがあるように、
知らない語彙というのはどうしても出てくるものです。

そして、それは先ほどお話した理想の英語学習、

「英文を一杯読み聞きする」

という過程で覚えて行けばいいものです。


知らない単語のオンパレードではそれができないので、最初は単語帳を使って、
基礎的な単語だけは覚えないといけません。

しかし、それは基礎的な単語だけでいいのです。


語彙に関してはこのように、

「わからない単語が出て来たらその都度調べてそれを覚えれば良い」

という「後付け」が可能です。


それに現実的には、基礎的な単語以外は、こういった「後付け」で覚えること
になります。



■英文法は「後付け」がむずかしい


しかし、もう1つの基礎である英文法は後付けがむずかしいのです。

なぜなら、語彙は単純に辞書を引けば良いのに対して、
英文法ではそれがむずかしいからです。

例えば、語彙なら、confiscateがわからないなら、これを引けばいいのです。

しかし、英文法の場合、どう引けばいいのでしょうか?
例えば、

People felt that Apple's products were sensational partly because when
a new product would be released was kept secret to the public.

という英文で、単語や熟語は全部知っているのだが、
意味がわからないとします。
(わかる方は、"単語・熟語は知っているのにわからない文"を想像してくださ
 い)

使われている単語や熟語は知っているのに意味がわからない。

これはすなわち、文の構造がわかっていない、英文法の力が不足していること
を意味します。


語彙なら辞書を調べますが、英文法が原因の場合、どう調べればいいのでしょう
か?

そもそも、英文法の場合、「何がわかっていないのかがわからない」ということ
が往々にしてあります。


そして、仮にわかったとしても、見当違いなところを調べてしまうことが多いの
です。

例えば、上記の文で、because以下がよくわからなかったとします。
(そして、この手の文は英文法が弱い人は苦戦することが多いのが実情です)

whenというのを見て、関係詞(関係代名詞・関係副詞)を思い起こす人もいる
でしょう。

そして、文法教材の関係詞の部分を調べてみます。

しかし、それを読んでも疑問は解決しません。
なぜなら、このwhenは関係詞ではないからです。


whenというと従属接続詞でも使えるので、そちらで調べる人もいると思います。

しかし、それでも問題は解決しません。
このwhenは従属接続詞でもないからです。


whenは疑問文でよく使われるので、それを調べる人もいますが、
それも同様に問題は解決しません。

このwhenは「疑問詞」です。

では、疑問詞を調べれば解決するか? というとそうとは限りません。
もちろん、解決する人もいますが、それはある程度の英文法の知識がある人です


語彙というのは個別の知識で、お互いに関連性がありません。
例えば、appleすら知らない人がconfiscateを覚えることはできます。


しかし、英文法というのは体系的にできており、
基礎から積み重ねていかないと理解できません。

疑問詞を理解するためには、品詞、文型、前置詞、従属接続詞などなど、ほか
の英文法の分野を理解していないと理解できない上級分野なのです。

ということは、仮に正しく疑問詞を調べたとしても、
こういった基礎分野の知識がなければ結局理解できずに終わってしまうのです。


このように、英文法というのは語彙と違い、「後付け」がむずかしい。

「後付け」ができるのは1度は体系的に学んだことがある人で、
「あー、そういえばそうだった」というような確認のレベルです。

※:ちなみに先ほどの文は
  「人々はアップル社の製品は衝撃的だと感じていた、それはいつ新製品が出
   るかが一般には秘密にされていたからというのも理由だ」
  という意味です。when〜releasedがbecause節の主語(S)というのがカギ。



■英文法は1度は体系的に学び、理解する必要がある


以上が今回のお話になります。

語彙も重要な基礎ではありますが、後付けが可能ですし、
実際のところ後付けで学ぶ語彙が多いです。

しかし、英文法でできる後付けは、

「すでに学んだけど忘れていたことの確認」であったり、
「学んだ知識を英文を読み聞きする際に活かすためのチェック」でしかありませ
ん。

1度は体系的に学んで、理解しないといけないのです。


英文法を体系的に学んで理解するには、冒頭でお話しさせていただいた、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

がオススメになります。

締切が明日10日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。
無料サンプルも公開しております。


最後までお読みいただきありがとうございます。
皆様、今後とも英語学習をがんばって行きましょう。


無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る