fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

レベルに合った適切な英語学習を

今回は、レベルに合った適切な英語学習を、というテーマで、
主に初心者向けのお話になります。

基準の目安として、TOEICの例を出していますが、
これはあくまで例でして、TOEICを受験しない方にも当てはまります。


■レベルが高すぎるのを選ぶと


これは初心者に限った話ではありませんが、
英語学習では、レベルに合った教材を選ぶことが大切です。

例えば、TOEIC 600点相当の方が、300点向けだったり、900点向けの教材をやっ
ても非効率的です。


レベルが低すぎるものを選んだ場合は、

「知っていることだらけでした」

となります。

中級者と言えど、初心者レベルのことがすべてわかっているわけではなく、

「知らないことも意外とあった」

ということもありますし、

全体レベルは中級者でも、英文法は初心者ならば、
英文法教材に限っては、初心者向けのものを選ぶべきです。
(これは英文法に限らず、リスニングでも何でもそうです)


では、逆にレベルが高すぎるものを選んだ場合は、

「知らないことだらけでした」

となります。


教材に知らないことがあることはいいことです。

「知らないことを知る」これが学習ですから、
知らないことが載っていないのでは意味がありません。

しかし、前提知識も知らないとなるとこれは問題です。



■いろいろ調べながら進まなければならない


英語、特に英文法の場合、「知識の積み重ね」が重要です。

英語には学ぶべき順序というものがあります。

Cを理解するためには、Bの知識が必要。
Bの知識を理解するためには、Aの知識が必要。

つまり、A→B→Cと順番に学ばなければならず、
いきなりBとかCから学ぶことはできないのです。


程度の差こそあれ、中級者向けの教材は初心者レベルの知識がわかっていること
を前提としています。

例えば、中級レベルの教材だったら、

He will be a great player.
「彼は素晴らしい選手になるだろう」



・willは未来を表す
・beはbe動詞と言い、現在形だとis、areのように形を変える
・willは助動詞なので、その後ろは原形になる
・be動詞の原形はbeである

ということはわざわざ説明されないことが多いです。


例えば、中級レベルの教材で「品詞」という分野を説明する場合、
こういうことは知っている前提で、

「greatというのは形容詞で、名詞のplayerを修飾している。

 服を着た人間を"服と人間"と別々に見ないで、"1人の人間"として見るよう
 に、a great playerは"形容詞+名詞ではなく、1つの名詞としてみる」

と解説されます。

※:しかも、「品詞」自体が基礎分野であり、
  多くの教材では、「知ってて当たり前」としてすっ飛ばしてしまいます
(私の講座では、初心者向け、中級者向け、どちらの講座でも説明しますが)


前提知識があれば、「品詞」という目の前にある学ぶべき分野に全力投球でき
ますが、前提知識がない場合は、

「いや待ってよ。その前にwillって何?」
「beって何?」

ということをいちいち調べながらやらないといけないわけです。


「わからないことを理解するために、別のわからないことを調べる」という
作業の連続になってしまいます。



■基礎からはじめることがオススメです


それでもがんばればできる人もいますし、
前提知識がないとは言っても、少しならついて来れるものです。

しかし、それでもやはり限界があります。


英語力というのは、なかなか自分ではどのぐらいのレベルにあるかはわからない
ものです。

TOEICという目安もありますが、英語力以外に「試験慣れ」も重要なので、
必ずしも絶対的な指標とは言えません。

なので、レベルの把握がむずかしいのですが、

先ほどのような、

・willは未来形で使う
・willなどの助動詞の後ろはbe動詞はbeにする
・willは助動詞なので、その後ろは原形になる
・be動詞の原形はbeである
・現在完了形とは、have+過去分詞である
・過去形や過去分詞は基本的に後ろに「ed」をつける
・否定文は一般動詞なら、don't、doesn'tなどをつける
・be動詞の場合は、そのまま後ろにnotをつける


これらのことがわからない、あるいは、

「I have had money.って、なんでhaveを2回も言うの?」
「I have bought a bookって、"買ったから持っている"ってこと?」
「He will a great player.だけじゃなんでダメなの?」
「なんで、Do you are a student?は間違いなの?」
「be動詞と一般動詞って何が違うの?」

というレベルの疑問が出てくる場合は、
であれば、残念ながら間違いなく初心者と言えるかと思います。


もちろん、中級者レベルの教材を絶対にやりこなせないとは限りません。

ただ、その場合は、前提知識を一杯調べながらやらないといけないので、
かなり大変で、挫折してしまう可能性も高いです。

なので、まずは背伸びせずに、初心者レベルのものから始めることをオススメ
いたします。


「レベルが高過ぎる」ものをやることが必ずしも効果がないとは言えません。

しかし、効果が出てくるのは、多くの場合、かなり後になってからです。

例えば、中級レベルの教材Aをやったがよくわからず、
初心者レベルの教材Bをやった。

Bをやっているときに、

「あー、Aであー言ってたのは、そういう意味だったのか!」

というのが、後付けで理解できたりする場合です。


しかし、それは、Aで挫折せずあきらめずにBをやった場合です。

AをやっただけでBをやらなければ、
「あー、わからなかった」で終わってしまいます。


それに、理想を言えば、

中級レベル→初心者レベルで、「あのときはそういう意味だったか」と気づく

より、

初心者レベル→中級レベルで段階的に学んだ方が効果的です。


段階的に学べば、

初心者レベルで学んだ知識 1

中級レベルで学んだ知識  1
=2

になりますが、

そうでなければ、

初心者レベルで学んだ知識   1

「そうだったか」という気づき 0.2
=1.2

ぐらいの効果になってしまいます。

なので、結局、中級レベルのものはやり直しになってしまいます。



■英語学習は急がば回れ


以上が今回のお話になります。

自分の英語のレベルというのは、見極めがむずかしいです。

それに初心者レベルじゃ簡単過ぎるけど、
中級レベルじゃむずかしすぎる。

というボーダーラインに入る人もいます。

ボーダーラインの人であれば、思い切って中級レベルでもいいと思います。


しかし、英語と言うのは基礎からの積み重ね。
初心者レベルの方はできれば初心者レベルのものからやることが理想的です。


初心者の方で、英文法を基礎から学びたい方は、冒頭でお話しさせていただいた

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

がオススメになります。

締切が明日24日(木)と迫っておりますので、お急ぎくださいませ。


最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習をがんばって行きましょう!


無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る