fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


TOEICは全問終えなくても高得点取れる

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今回はTOEICのリーディングセクションについて、

「TOEICは全問解き終えなくても高スコアが取れますよ」

というお話をさせていただきます。


■普通に読んでも終わらない? 普通に読めないから終わらないのです


先日、別の無料メルマガで、

「TOEICは普通に読めば全問終わります。
 全問終わらないのは、普通に読めていないからです。

 変にテクニックに走ろうとしても、むずかしすぎて身に付きません。
 そうではなく、普通に英語を読む力を身につけましょう」

というお話をさせていただきました。


TOEICはほとんどの人が時間内に終わりません。

そこで多くの人が

「TOEICは普通に読んでいたのでは終わらない。
 飛ばし読みとかのテクニックを身につけないと!」

と勘違いするのですが、普通に読んで終わる試験です。

私はTOEIC 990(満点)を取りましたが、
そのときは特別なテクニックは使っていません。

普通に英語を左から右に真っすぐ読んで、次々と英文を読んでいき、
その後、設問に答えただけです。


時間内に終わらないのは「左から右に真っすぐ読んで、次々と読んでいく」
という「普通に英語を読む」ができていないからです。

つまり、

「普通に読んでも終わらない」ではなく、
「普通に読めていないから終わらない」のです。


そして、飛ばして読むと言うのは、相当にむずかしいテクニック。

飛ばして読めるのは、
「どこが重要で、どこが重要じゃないか」がわかっているから。

普通に読むことができないのに、それがわかるわけがありません。


なので、そんなむずかしいことをやろうとしても、
結局何も身に付かないで終わってしまう。

そんなテクニックに走るのではなく、やるべきなのは、

「普通に読む力を身に付ける英語学習をすること」

なのです。

その方が、英字新聞や洋書等の実用英語でも力を発揮します。



■高スコアを取りたい? 取れます!


しかし、それでも、

「普通に読めていないのはわかります。
 普通に読む力があれば、全問終わるというのもわかる。

 でも、それはなかなか身に付くものじゃない。

 遠い将来ではなく、近い将来に高スコアを取りたいのです!」

という方もいらっしゃると思います。


確かに、普通に読む力を身に付けるのはむずかしいことです。
普通に読んで全問終わらせることもなかなかむずかしいことです。

しかし、「まだ普通に読んで全問終わらせる力がない」という状態だって、
TOEICで高スコアを取ることはできるのです。


とても良い例が、私の講座の受講生様の、
K.Mさん(プライバシー保護のためイニシャルで掲載しております)。

K.Mさんは、リーディングセクションで、420点(495点満点)という素晴らしい
スコアを取られました。

しかし、K.Mさんは、全問終わらせたわけではなく、
むしろ、16〜17問も解き残しがあったのです。

全部で100問ですから、そのうち1/5ぐらいが残ってしまった計算になります。


それでもリーディングセクションだけで420点という、高スコアを取ることが
できたのです。

なぜこれができたかと言うと、
ペースは多少遅くとも、「普通に読む」に近いことができていたから。

16〜17問残して、420点という高スコアが取れたと言うことは、
解いた83〜84問は、ほぼすべて正解だったと言うことを意味します。
(そうでないと、この高スコアは取れません)


つまり、多少ペースは遅く、全問終わらないことがあったとしても、
「読んで正しく意味を取る」ということができれば、これだけの高スコアを
取ることができるのです。



■やるべきは正統派のリーディング


このように、全問終わるレベルの「普通に読める」ができなくても、
TOEICでは十分に高スコアを取れるのです。

むしろ、テクニックに走って、

「テクニックがむずかしすぎて結局身に付かなかった」
「最後まで終わるようになったが、正答率が低くスコアが伸びない」

という状態になってしまうよりは、
着実に、しっかりと意味が取れるようになっていった方が良いです。

その方が、英字新聞や洋書等の実用英語に役立ちますし、
結局のところ、TOEICのスコアも上がったりするものです。


「英語を普通に読めるようになる」ためにリーディング力を高めたい方は、
冒頭でお話しさせていただいた、

「英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

がお役に立てれば幸いです。

こちらの講座ですが、受講された3人に2人が「ぜひほかの講座も」と、
ほかの講座もご利用されているほど人気の講座になります。

(誤解のないように申し上げておくと、「英語真っすぐリーディング講座」は
 単独講座であり、ほかの講座とセットになっているわけではありません。
 現に、3人に1人の方は「英語真っすぐリーディング講座」のみのご受講です)


締切が明日9月14日(木)と迫っておりますのでお急ぎください。


メルマガ創刊15周年を記念して、
新補助テキスト「よくある英語学習方法の間違い」をおつけしております。
http://51.thebelltree.com/15anni_re35.htm

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。