fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


来年2018年の英語学習の方針

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今年、2017年も残りわずかになりましたね。

今回は、「来年2018年の英語学習の方針」というお話をさせていただきます。


■休んでも良いが、休み明けに再開しましょう!


最近、別のメルマガで、

「普段英語学習している方は、
 年末年始などのお休みは1、2週間思いっきり休んでも大丈夫です!

 その代わり、休み明けはちゃんと英語学習をしましょう!」

というお話をいたしました。


英語学習というのは、普段の英語学習が大切です。

「普段は普通にバランスよく英語学習しているけど、
 この1週間はいつもより時間をかけて、TOEICの問題集をやる」

というように、「短期間で何かを重点的にやる」ということは有効です。

ただし、英語学習自体は継続的にやる必要があります。

「1週間英語学習して、あとはやらない」

これでは身に付きません。


でも、逆に、普段ちゃんと英語学習している方なら、
年末年始の1、2週間ぐらい休んだってまったく問題ありません。

むしろ、フレッシュな気持ちになっていいのではないでしょうか?

(もちろん、年末年始も英語学習したい方は、ぜひやってみてください!)


ただし、それには条件があります。

それは「休み明けにちゃんと英語学習を再開すること」です。


「冬休みが終わっても学校に行かない」
「冬休みが終わっても仕事に行かない」

これではダメですよね?

英語学習もそれと同じ。

休みは休んでもいいけど、
休みが終わったら、英語学習を再開する必要があるのです。

今年で言えば、1月9日(火)からは英語学習を再開する必要があります。

そのためには、今から休み明けの予定を入れておくのが有効です。

例えば、冒頭でお話しさせていただいた、

「英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

は、明日12月28日(木)までにお申し込みいただくと、
1月9日(火)からメール配信が開始となります。

※:年末年始も学習したい方は、PDFファイルをご利用いただけば、
  学習していただくことが可能です。

なので、今のうちにお申し込みされておくと、
自動的に、休み明けに英語学習再開ができます。



■体系的に英語学習を


上記のように、基本的には、今から英語学習するとなると、
来年から英語学習をすることになります。

(先ほどお話したように、
 今からでも2017年に英語学習されたい方は、開始することが可能です)

来年の英語学習はぜひ、

「継続的に、体系的に英語学習する」

ということを頭に入れておいてください。


確かに、今から年末年始の休みに突入します。

しかし、休みが明けたら、しばらくは毎週同じリズムの日常が続きます。

学生やお子さんがいらっしゃる方だと、次は春休みまで一定のリズムでの
日常生活が続きます。

完全にお仕事という方だと、ゴールデンウィークまで続きます。


こう書くと、悪いことのように聞こえるかもしれませんが、
逆に言うと、英語学習を習慣化しやすいのです。

先ほどお話したように、年末年始などのお休み期間は、休んで良いのです。

しかし、「休みが明けても再開しない」など、
リズムを崩してしまう心配もあるのです。


その反面、年始の休みが明けたら、
あとはずーっと一定のリズムの生活が続きます。

一度習慣化してしまえば、続けて行くことができます。


特に、1、2月は、お休みでリフレッシュしたり、
新年になって、「今年は英語やるぞ!」と気合いが入っている人が多いので、
英語学習をがんばる方が多い時期です。

このように、習慣として、継続的に英語学習できる時期だからこそ、
じっくりと体系的に学んでいただきたいのです。



■英語学習で「つまみ食い」は危険


英語学習というと、

「問題を解いたりしていって、わからないことが出てきたらその都度調べる」

という学習法を取る人が多いです。


語彙だったらそれでいいのです。

知らない単語が出てきたら、それを辞書で調べればいいのです。

例えば、unprecedentedが出てきて、その意味を知らなかったら、
辞書でunprecedentedを調べればいいのです。

そうすれば、「unprecedented=前例のない」と出ていますから、
そう覚えればいいだけです。

これはレベルや、前提知識を問いません。

極端な話、appleすら知らない人でも、

「unprecedented=前例のない」

と覚えてしまえば、unprecedentedを覚えることができます。


ところが、英文法だとそうは行かないのです。

というのも、語彙と違って、前提知識が必要だからです。

例えば、関係代名詞がわからないとします。
多くの人が

「じゃあ、英文法教材で関係代名詞の章を読めば良い」

と思っているのですが、そう上手くも行かないのです。


関係代名詞の章を読むと、

「完全な文だから…」
「不完全な文だと…」
「前置詞があるのに名詞がないので…」
「副詞だと、完全な文でも入れることができる…」
「主語は絶対にないといけないので…」
「不完全な文だと、名詞の関係詞を入れないといけない…」

のようなことが書いてあります。

これらのことを読んですぐにわかる人ならいいです。

ところが、わからない人は一杯います。

「完全な文って何? 不完全な文って何?」
「前置詞があると名詞が必要なの?」
「副詞だと、完全な文でもいいって?」

のように。


わからない人は、前提知識を持っていないからわからないのです。

関係代名詞というのは、英文法の中では、最後の方に学ぶべき物です。

関係代名詞より前に学ぶべき分野をすべて理解していないと、
関係代名詞の章の説明は理解できないのです。

つまり、関係代名詞より前の分野でわからないことがあるのなら、
そっちから学ばないといけない。

もっと言えば、英文法は、順番通りに体系的に学ばないといけません。

先ほどからお話しているように、英文法というのは前提知識が必要です。

A〜Zまで学ぶべきことがあるとしたら、
A→B→C→D→E…というように順番通り学ぶ必要があります。

Aを知らずして、Bは理解できませんし、
Bを知らずして、Cは理解できません。

これが「appleすら知らない人でも、unprecedentedを覚えられる」という
前提知識を必要としない語彙とは決定的に違うところなのです。


このように、
英文法はどうしたって、順番通りに体系的に学ばないといけない。

どうしてもコツコツと長い間続ける必要があるのです。

そして、先ほどお話したように、年始の休み明けは、
日々習慣としてコツコツとして学ぶチャンス。

ぜひ、来年の英語学習は、
コツコツと、体系的に順番に学ぶようにしていってください。


英文法を体系的に学びつつ、しかもその英文法の知識を使って、英文を
左から右に、読み返さないで真っすぐに読める「読み方」を身につけたい
方は、冒頭でお話しさせていただいた、

「英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

がオススメになります。

締切が明日12月28日(木)と迫っておりますのでお急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。