fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


TOEICも英会話・ライティングも上達する方法

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

2018年になりました。

そして、お正月休みが終わり、
英語学習を本格的にやり始める方がとても多い時期。

「よーし、今年英語学習やるぞ!」

と、1月は英語学習を始める方が一番多い時期なのです。


そんな1月なので、ぜひ知っておいていただきたい、
英語学習の大切なポイントをお話しいたします。

今回は、「TOEICも英会話・ライティングも上達する方法」をお話いたします。


■TOEICと英会話・ライティングは別物


最近、別のメルマガでお話させていただきましたが、
TOEICと英会話・ライティングはまったくの別物です。

私自身、TOEIC 990(満点)を持っていますし、
16年以上にわたって、25,200名以上の方に英語指導させていただいてきた
ので、よくわかりますが、多くの人は、TOEIC高得点の人を見ると、

「おぉ、高いスコアをお持ちなのですね。
 じゃあ、英語ペラペラなんですね〜」

と、「TOEICの高スコア=英語ペラペラ」と短絡的に結びつけてしまう人が
本当に多いのです。


でも、私はTOEIC対策のご相談を承ることもありますし、
英作文を見させていただくこともあります。

その経験があるのでよくわかりますが、
TOEICと英会話・ライティングはまったくの別物です。

これは「良い悪い」ではありません。

あくまで、「まったくの別物」というお話ですが、

「TOEICのスコアはそこまで高いわけではないが、
 お仕事等で英文を作ったり、英会話上達を目指してがんばっているので、
 とても良い英文を作られる」

という方もいらっしゃいますし、

「英文を作るのはあまり得意ではなく、形にするのにも苦労するが、
 TOEICは高いスコアをお持ちである」

という方もいらっしゃいます。

「TOEIC 500点台の人の方が、
 TOEIC 900点の人より良い英文を作れる」

というのは、まったくもって珍しいことではありません。


TOEICは、英文を作る問題は一切出ず、
他の人が作った英文を読んだり、聞いたりして、それを客観的に

「どういうことかな?」

と考えると言う、客観的な力が求められるのです。

スポーツで言えば、「データや経験を用いて、的確な評論をする良い評論家」
であることが求められるのです。


一方、英会話・ライティングは、他の人が作った英文ではなく、
自分自身で英文を作る必要があります。

能動的な能力が求められるのです。

スポーツで言えば、データとかも大切ですが、
とにかく、身体を動かしてプレーをすることができなければいけません。

そのためには、とにかく英文を作る練習が必要なのです。


当然、冒頭でお話しした、英会話・ライティング向けの私の講座、

「英会話のための英文法 G4C」
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

では、

1、英文を作るために必要な知識を学ぶ
2、英文を作る問題を一杯解く

というように、英文を作ることを一杯します。



■両方を実現するには


このように、TOEICと英会話・ライティングはまったくの別物であり、

「TOEICができれば、英会話・ライティングも出来るでしょう」

というのは、危険な勘違いです。


とは言え、

「TOEICもだけど、英会話・ライティングもできるようになりたい」

というように、この両方を目標としている人も多いでしょう。

でも、この2つは別物。
それぞれ、別々にやらないといけない…。

「両方を実現する方法はないものか…?」


ちゃんとその方法はあります。

それは、

「英語のルール(英文法)と言った"客観的に見る能力"を鍛えつつ、
 英文を作る練習をする。

 そのことによって、英文は作れるし、
 しかも自分自身で正しいかチェックしながら作れる」

という方法です。


英文を作る練習。
特に英会話となると、けっこう皆さんいい加減にやってしまう傾向が
あります。

「通じりゃいいでしょ」という考え方の方も多く、
間違っていようが、通じれば良いと直そうとしない。

いや、もっと言ってしまえば、

「何が正しい英文で、何が間違った英文か?」
「英語にはどういうルールがあるのか?」

を学ぼうとすらしない人がとても多いのです。


ルールを学ぶのではなく、感覚で何となく正しいことを言ってみる。
それが通じりゃそれでOK。

間違っていると指摘されたら、「それは間違い」ということだけを暗記する。

「なぜ間違いか」までは考えようとしない。

こういう方が多いのです。


具体例を申し上げると、「このバッグは小さすぎて、この本を入れられない」
と言いたいから、何となく、

This bag is too small to put this book.

と感覚的に言う。

通じたらもうそれでOK。なーんにも気にしない。

仮に
「それでは間違いだよ。This bag is too small to put this book in.だよ」

と言われたら、

「なぜそうなるのか?」を考えずに、

「This bag is too small to put this book.は間違いで、
 This bag is too small to put this book in.が正しい」

とだけ丸暗記する。


英会話はこのように、とにかく感覚・暗記派の人が多いのです。

これでは、いつまで経っても正しい英語は話せませんし、
TOEICのスコアは上がりません。

そりゃ、通じるかもしれませんよ。

This bag is too small to put this book.

でも意味は通じるかもしれません。

でも、間違っている英語なのです。

これをいつまでも続けているようでは、

「この人、英語がよく話せると言えば話せるけど、
 いつまでも同じ間違いするんだよな。直す気ないのかね?」

と思われてしまいますよ。

日本語で言えば、「私はこの家を住んでいます」みたいな日本語を
ずーっと言い続けるようなものです。

まぁ確かに意味は通じますが、
正しくは「私はこの家に住んでいます」ですよね。


それにTOEICでは、先ほどお話したように、客観的にルールで判断する試験。

This bag is too small ------.

(A) to put this book
(B) to put this book in
(C) to put this book in it
(D) put this book

で、Aを選んだら間違いなのです。

「これでも意味が通じるのではないか?」と思うかもしれませんが、
間違っている英語ですからダメなのです。



■暗記や感覚ではなく、理解した上で英文を作れる能力を!


英会話・ライティングでしたら、英文を作る練習をしないといけません。

そして、TOEICではルールを学んで、
客観的に英文を見る能力が必要です。


これを両立するには、

「ルールも学んだ上で、
 英文を作る練習し、客観的に自分の英文を見て、
 正しい英文を作れるようにする」

これが必要になります。


英会話で多くの人がやってしまう、「通じりゃいいでしょ」と暗記や感覚で
突き進むのではなく、

「理解した上で、英文を作れる能力をつける」。

これが大切。


TOEICでは、ルールを学ぶだけでOKになってしまいますが、
もう一歩踏み込んで、英文を作る練習までして行く。


こうすれば、英会話・ライティングも、
そしてTOEICのスコアアップも目指していくことができるのです。

英語のルール、英文法を学び、
その上で、英文をどう作ればいいかを学び、
さらには、英文を作る練習をする、これには、冒頭でお話しいたしました、

「英会話のための英文法 G4C」
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日11日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g4c19apply.htm

※:英会話・ライティングよりもTOEIC優先の方は↓(↓も11日(木)締切)
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

※:初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を
  「何となく」でもわかっていないレベル)の方は↓(↓も11日(木)締切)
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。