fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英語リーディングで飛ばし読みできるのは

今回は、英語リーディングに関して、

「英語リーディングで飛ばし読みできるのは」

というお話をさせていただきます。

普通に読むことができない段階から、

「普通に読んでいたら遅いから全部読めないから、
 飛ばし読みの技術を身につけよう」

とする方がいますが、それは無理な話なのです。


■視野が広がります


先日、別のメルマガで、「英語リーディングの視野を広げる」
というお話をさせていただきました。

多くの人は、

The man accused of lying has been telling the truth for the whole time.

で、

The man「男は」
accused「非難した」
of lying「ウソをついたと」

has been telling「言ってきた」?

あれ? 変だな、もう1回読んでみよう。

The man「男は」
accused、これって「非難された」ってことなのかなぁ。

of lying「ウソをついたと」

has been telling「言ってきた」

「ウソをついたと非難された男は言ってきた」

ってことかぁ。


とaccusedみたいに「動詞っぽいもの」に惑わされて、
読み返してしまいます。


こうならないためには、「着目ポイント」を知ることです。

「主語 動詞ed(accuseのように目的語ある動詞)が来たら、後ろに名詞が
 来るかをチェック。

 名詞が来れば、それは動詞で"〜した"という意味。
 名詞以外が来れば、それは過去分詞で、"〜された○○"という意味」

と知っていれば、accusedの後ろに名詞が来るかに着目できます。

そして、

例えば、

The man accused that lady

みたいに名詞(that lady)が来れば、

「男はあの女性を非難した」

という意味。


The man accused of lying

のように、名詞以外のものが来れば、

「ウソをついたと非難された男は」

だと正しく意味が取れます。


こうして着目ポイントを知り、それに従った読み方を練習して行くと、
どんどん視野が広がります。

最初は1単語1単語しか目に入らないです。

Theだけ、manだけ、accusedだけ…

というように。


ところが、慣れてくると、

The man

accused

of lying

has been telling

のように視野が広がって行く。


まだまだ視野は広がり、

The man accused of lying has been telling

ぐらいまで、パッと見て視野に入る。

ここまで来れば、accusedを動詞で「非難した」と誤解することはない。

最初から「The man accused of lying」がかたまりで主語であり、
has been tellingが動詞だとわかるのです。


こうやって視野を広げるためには、

着目ポイントを学ぶ。
そして、着目ポイントを理解するために必要な英文法の知識を学ぶ。

そして、着目ポイントを使った読み方を練習することです。

これをやっていただけるのが、冒頭でお話しした、

「英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

になります。



■「飛ばし読み」を身につけようとする人がいますが…


ここからが今回のメインテーマのお話です。

特にTOEICを受ける方に多いのですが、
試験等で、時間内に終わらないために、

「普通に読んでいたのでは時間内に終わらない。
 そのためには、飛ばし読みを身につけないと」

みたいに、「飛ばし読み」というテクニックを身につけようとする人がいます。


重要なところだけを読み、
重要でないところは飛ばして読むというテクニックですね。

ところが、「普通に読んでいたのでは時間内に終わらない」という方が、
このテクニックを身につけようとしても、無理があります。


TOEICで「普通に読んでいたのでは時間内に終わらない」という人がいます
が、それは誤解です。

正しくは、

「普通に読めていないから時間内に終わらないのです」

普通の日本人が普通に日本語を読むように、
単に、左から右に真っすぐに読む。

これが英語でも出来ていれば、TOEICは十分に時間内に終わります。

私は、TOEIC 990(満点)を持っていますが、
飛ばし読みとか特殊なテクニックを身につけようとはしていません。

単に、左から右に真っすぐに読んでいって問題に答えただけです。


「普通の日本人が普通に日本語を読む」と同じように、

「普通に英語を読む」ことができていれば、
TOEICは時間内に終わるのです。


そこで時間内に終わらないと言うことは、
まだまだ「普通に読む」ことが出来ていないのです。

こういった方は、まだまだ視野が狭い。

The

man

accused

of

lying

has

been

telling

みたいに、まだ1単語1単語しか視野に収まらなかったり。

せいぜい、

The man

accused

of lying

has been telling

ぐらいしか視野に収まらないレベルだったりします。


飛ばし読みと言うのは、

「重要な部分だけを読み、重要じゃない部分は飛ばす」

というスキルです。


狭い視野だと、なかなか「どこからどこまでが重要か」はわかりません。

「何が重要で、何が重要でないか?」を判断するためには、
パッと見た時に、広い範囲が目に入る広い視野が必要です。

視野が広からこそ、全体が見渡せて、

「あ、ここを読めば良いな」

というのがわかるのです。


視野が狭い状態で、「全体を見ろ」と言っても無理があります。

なので、視野が狭い状態、まだ普通に読めていない状態で、

「どこが重要で、どこが重要でないかを見極めて、
 重要なところだけを読め」

と言っても、到底無理があるのです。



■そもそも飛ばし読みの必要はない


それに、飛ばし読みができるぐらいの視野を持っている人だったら、
「普通に読む」ということができるレベルです。

そして、先ほどお話したように、
TOEICは、普通に読むことができればちゃんと終わる試験です。

なので、飛ばし読みができる段階に到達したとしても、
もうすでに「飛ばし読みせずとも普通に読めば終わる」レベルに到達
してしまっています。

だから、そもそもTOEICで飛ばし読みというテクニックを無理矢理身につけ
ようとする必要はまったくないのです。


それに、時間内に終わらせようとがんばりすぎるのって、
実はマイナスに働くことがあるんです。

無理矢理速く読もうとすれば、どうしたって精度が落ちます。

普通に読めば80%正解できる人も、
無理矢理速く読もうとすれば、50%の正答率に落ちてしまったりします。

だったら、自分のペースでやって問題が残ったとしても80%の正答率で
やった方が、無理矢理速く終わらせて50%の正答率でやるより、
良いスコアが出たりするのです。


私の講座の受講生様で、リーディングセクションだけで420点取られた
方がいらっしゃいます。

これは、バランスの良い方だと、総合点890点に相当する高スコアです。

これだけ高スコアを取られたのに、
この方は16、17問ほど解き残しがありました。

これだけ解き残しがあってもこれだけの高スコア。

ということは、逆に言えば、
解いた問題はほぼ全問正解だったことを意味します。
(そうでなければ、これだけの高スコアは取れない)


これだけ多くの問題を解き残しても、
解いた部分が正確に解けていれば、十分に高スコアは取れるのです。

時間内に終わらせることにこだわらない、
ましてや、「飛ばし読み」なんて、そもそも身に付けるのが無理な
テクニックを追い求めるのはあまり良い方法ではないのです。


そうではなく、

・着目ポイントを知る
・その着目ポイントを理解するために必要な英文法の知識を身に付ける
・そして、実際に読む練習を繰り返す

これが大切になってきます。


この「着目ポイント」を学び、それを理解するための英文法の知識を学び、
実際に読む練習をし、リーディング力をアップさせたい方は、

「英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

がお役に立てれば幸いです。

こちらの講座ですが、受講された3人に2人が「ぜひほかの講座も」と、
ほかの講座もご利用されているほど人気の講座になります。

(誤解のないように申し上げておくと、「英語真っすぐリーディング講座」は
 単独講座であり、ほかの講座とセットになっているわけではありません。
 現に、3人に1人の方は「英語真っすぐリーディング講座」のみのご受講です)


締切が明日2月8日(木)と迫っておりますのでお急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm

※:初心者(TOEIC 500以下、理解度で言うと、前置詞や従属接続詞を
  「何となく」でもわかっていないレベル)の方は(↓も明日8日(木)締切)
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。