fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

TOEIC点数別のポイント





今回は、TOEICの点数別に、どのような対策をしたいいのかをお話しいたします


■500以下の場合


「総合450点だけど、リスニング280点 リーディング170点」
「総合500点だけど、リスニング220点、リーディング280点」

というような極端なバランスの場合は話は別ですが、
残念ながら、500点を切っている場合は、
残念ながら、ほぼすべての分野の基礎ができていないと言えます。


この場合は、基礎をしっかりと固めること。
これが重要になります。

英語は、語彙、英文法、リスニングの3つが基礎。

この「基礎3本柱」をしっかりと作ること。
これが、TOEIC 500点以下の方がやるべきことです。


特に、この中でも、語彙と英文法は非常に重要。

この2つ、特に英文法は基礎からの積み重ねが重要で、
ほかの何をやるにも必要です。

英文法では、いきなり関係代名詞や不定詞等のむずかしい分野にトライしてしま
うのではなく、品詞や文型と言った基礎を大事にして行きましょう。


英文法というのは、ピラミッドのように1から積み重ねないとできないもので、
上級分野からやろうとしても、基礎ができていないと理解できず、
結局、努力がザルに水になってしまい勝ちです。

まずは、基礎をじっくり固めること。

実際のところ、TOEICの文法問題の75%が「簡単な分野」からの出題です。
初心者の方は確実に、こちらを固めてしまうのが有効というわけです。

初心者の方で英文法を学びたい方は↓から学ぶことができます。
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >



■500〜600ぐらいの場合


このぐらいのスコアの場合、すべての基礎ができていないということはなく、

「語彙、英文法、リスニングのうち、少なくともどれか1つはそれなりの力が
 ある」

あるいは

「バランス良く、すべて、まあまあの力がある」

ということになります。


なので、このレベルの方は、
それぞれの弱点に応じて、強化して行く、ということになります。


「リスニングの方がスコアが低い」という方は、
リスニング力強化を。

リーディングの方が低く、「知らない単語が多すぎる」と感じる方は、
語彙強化を。

リーディングの方が低く、「文法問題が苦手」「長い文、複雑な文を読むのが
苦手」という方は、英文法強化を。

バランスが良い方は、総合的に強化してみてください。


ただ、弱点強化が重要とは言っても、偏りすぎないことに注意が必要です。

「総合550 リスニング350 リーディング200」

のような極端な偏りがある場合は別ですが、例えば、

「総合550 リスニング310 リーディング240」

というような場合。

確かに偏りはあり、リスニングが得意ということにはなります。


しかし、リスニングがものすごいできるというわけではなく、
あくまで、ほかと比較するとできる、というだけの話。


「仕事等の関係で、時間がなく、1つのことしかできない」
「今は、英文法に燃えているから、これをやりたい!」

という場合は、1つのことに集中するのも手ですが、
「得意分野」も、まだ向上すべき分野であり、
基本的には、総合的に鍛えて行く必要があります。


英文法に関しては、このぐらいのスコアですと、バランスが良い方なら、
基礎をやり、上級分野までしっかりやることをオススメしますが、

リーディングの方が極端に弱く、英文法が苦手、という方は、
500点以下の方と同様、基礎に専念することをオススメします。


英文法は↓から学ぶことができます。

初心者向け
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

中級者以上向け
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >



■600〜700ぐらいの場合


このレベルですと、必ず1つどれかは、得意なものがあるはずです。

そして、2つ得意なものがある人も珍しくないでしょう。
(例えば、語彙と英文法、両方とも得意、など)


そして、決定的に苦手なものがある方も少ないはずです。
もしあるとしたら、

「総合650 リスニング390 リーディング260」

のように、極端なスコアになっているはずです。


このように極端に苦手なものがあるとしたら、
徹底的に、この段階でそれを克服しておいてください。

これから上、つまり700以上のスコアを取るには、
極端な苦手分野は足かせになります。

その1つに専念してしまってでも、
それはしっかりと克服しておいてください。


それ以外の方は、500〜600の方と同じように、
弱点に応じて、でも、総合力を意識しつつバランスを考えて弱点を補って行って
ください。

※:英文法の学習は↓からできます。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


また、このぐらいのレベルになれば、語彙、英文法、リスニング以外の応用スキ
ルにも手を出し始めるべきです。


具体的にはリーディングの練習です。

リーディングは語彙と英文法の応用であり、
この2つが出来ていないのにやっても、あまり実力として結びつきません。

私も、英語が苦手で、語彙と英文法が全然出来ていないのに、
リーディングの勉強をしてしまい、その結果、努力したのに成績がまったく上が
らず、という苦い経験があります。
(その後、語彙と英文法からやり直したら、一気に上達しました)


なので、語彙と英文法が出来ていない方にはリーディングはオススメしません
が、このぐらいのレベルになったらしっかりと取り組むべきです。

特に、

「1文1文日本語に訳して読んでいる」
「日本語の語順で読んでいるので、読み直しが多い」
「適当に感覚で読んでいるので、長い文、複雑な文が苦手」
「パート5、6は26分以内に終えているのに、パート7が20問以上残る」

という方は、しっかりと正しい読み方を身に付けることをオススメします。


「読み方」は↓で学ぶことができます。
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >



■700〜800ぐらいの方


このレベルに行くと、本当に極端な方を除いて、決定的な弱点はありません。

弱点はありませんが、まだまだ上を目指すためには、
「自分の中では、ここが苦手」というポイントがあるはずです。

そこをしっかりと補って行くのがポイントです。


しっかりと基礎ができていて、ステップを踏んで来た方なら、
ここら辺で壁にぶつかるということは少ないです。

しかし、

「感覚でやってきて、ここまでは来たが、
 ここらへんで壁に当たってしまった」

という人が多いのも事実。


こういう方に多いのは、

「問題を解いていて、答えがこうだったので、こういうものだと覚えておいた」
「なんとなく勉強していたら実力がついていった」

というように、「感覚」や「暗記」で突き進んでしまった方。


感覚や暗記でここまで来れるのは、間違いなく、ある程度、言語に対する感性が
鋭い方です。(特に、文系の方に多い特徴です)

ただ、ここから上を目指そうと思ったら、
感性だけでは、破れない壁があります。


問題を解く際も、

「これこれこういう理由でこれが正解」
「この選択肢はこういう理由で間違い」

というように、論理で解くのではなく、

「なんとなくこれが正解だと感じる」
「ほかの選択肢だと、違和感がある」

という感じで解いていたと思います。


感覚で解ける、というのは素晴らしいことなのですが、
感覚で解こうとしているがために、壁に当たっているとも言えます。

感覚で解ける問題まで論理で考えなくてもいいです。

でも、解けない問題は、「こういうものだ」と済ませてしまうのではなく、
「こういう理由で正解だ」「こういう理由で間違いだ」というのをしっかりと考
えてみるようにしてください。

こうやって、一個一個考えていくと、
英語が体系的にわかるようになり、感覚では解けなかった問題が徐々に解けるよ
うになって行きます。


また、英文法というのは論理が影響する分野です。

語彙は「こういうもの」と覚えるものですし、
リスニングは純粋な能力。

でも、英文法は論理で理解するもの。

感覚でやっていて、英文法でつまずいているようでしたら、
もう一度、論理で英文法をおさらいしてみるのも手だと思います。


英文法は↓から学べます。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

読み方も論理的に学びたい方は↓から。
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >



■800〜900ぐらいの方


このレベルに行くと、極端な方でも、決定的な弱点はないでしょう。

もちろん、完璧ではないので、「自分の中の苦手なポイント」を強化して行く
ことになります。

また、感覚だけで突き進んだ方では、ここまでたどり着けないのが普通ですので
壁にぶつかるということも少ないと思います。


ただし、ここからはスコアを上げるのはけっこう大変です。

当たり前ですが、
同じ100点アップなら、点数が低い方が上げるのが簡単ですからね。

400→500で簡単に上がった経験がある人でも、
800→900はそう簡単ではありません。


このレベルに達した方にオススメしたいのが、「生英語」

生英語とは、TOEICや普通の教材のように、

「英語を学ぶ人向けに作られた英語」(教材英語)

ではなく、

海外ドラマ、映画、英語ニュース、英字新聞、洋書のように、

「英語ネイティヴのために作られた英語」

です。


当たり前ですが、教材英語より生英語の方がむずかしいです。

信じられないかもしれませんが、TOEICのリスニングよりも、
海外ドラマや映画、英語ニュースを聞き取る方がむずかしいのです。


逆に言うと、これらのむずかしい英語でトレーニングしていれば、
TOEICが簡単に感じられる、ということになります。

「内容どうこうよりも、英語の学習に役立つように」と作られた教材英語と違い

生英語は、「内容がすべて」です。


ということは、理解できるのなら、生英語の方がずーっと面白いのです。

TOEICのリスニングを聞いていて、

「解けた!」「スコアが上がった!」

という楽しみはあっても、

「内容が面白い」

と感じる方は少ないと思います。


でも、生英語なら、内容も楽しめます。

自分が興味があるものなら何でもかまいません。

海外ドラマ、映画、英語ニュース、英字新聞、洋書、海外のサイト…

興味があるものを生英語で学習してみてください。



■TOEIC 900以上の方


もうこのレベルに達された方は、「TOEICのため」に学習する意味はあまりない
かと思います。

TOEIC 800〜900の方にも生英語をオススメさせていただきましたが、
このレベルの方には「絶対に」生英語をオススメします。


TOEICのスコアが高ければ、確かに英語力はありますが、
生英語を理解するためには、生英語でトレーニングする必要があります。

このレベルの方は、

「TOEICのスコアさえあればいい。
 生英語がわからなくてもいいんだ」

という方は少ないと思います。


ぜひ、生英語が理解できるようになるべく、
生英語で学習してみてください。



■それぞれの目標に向かってがんばってください!


以上が、今回のお話になります。

それぞれ、レベル、弱点、状況に合わせて、
しっかりと対策して行ってくださいね。


その上で、英文法を学習される方に、冒頭で紹介させていただいた、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

がお役に立てれば幸いです。

※:TOEIC 500以下、500〜600でも、英文法が苦手な方は↓がオススメです。
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >












TOEIC点数別のポイント
http://www.new-toeic.net/cat27/toeic_138.html
今回は、TOEICの点数別に、どのような対策をしたいいのかをお話しいたします■5...

英語の「才能」とは何か?
http://www.new-toeic.net/cat27/post_321.html
今回は、「英語の才能」という、ちょっと概念的なお話です。■英語の才能がないから?...

学校の授業では教えてくれない大切なこと
http://www.new-toeic.net/cat27/post_322.html
今回は、・学校の英語の授業では習わないこと・しかも、多くの教材でも教えてくれない...

TOEIC 550〜750ぐらいで壁に当たった場合
http://www.new-toeic.net/cat27/toeic_550750.html
今回はTOEICの550〜750ぐらいで壁に当たった場合のお話をいたします。現在...

スラッシュリーディングについて考える
http://www.new-toeic.net/cat27/post_323.html
今回は、リーディングの読み方として有名な「スラッシュリーディング」についてのお話...

初心者向けのTOEIC対策
http://www.new-toeic.net/cat27/toeic_139.html
今回は初心者向けのTOEIC対策のお話をいたします。※:あくまで主観ではあります...

英語が先か、TOEICが先か
http://www.new-toeic.net/cat27/toeic_140.html
今回は、TOEICのお話をしたいと思います。■TOEICは英語学習の動機としては...

日本語に訳して読む方法の限界
http://www.new-toeic.net/cat27/post_324.html
英語を読む方法として、学校で習うのが、英語を日本語に訳して読む方法です。しかし、...

英語で「知らないと恥ずかしい」なんてことはない
http://www.new-toeic.net/cat27/post_325.html
今回は初心者の方向けのお話をいたしますね。初心者向けではありますが、中級者の方も...

TOEIC中級レベルで壁に当たってる場合
http://www.new-toeic.net/cat27/toeic_141.html
今回は、TOEICのお話をいたしますね。具体的には、中級者、スコアで言うと、大体...

TOEICスコアの裏に隠された本物の実力
http://www.new-toeic.net/cat27/toeic_142.html
今回はTOEICについてお話しいたします。TOEICというのは、スコアが高ければ...

英会話向上のための指針
http://www.new-toeic.net/cat27/post_326.html
最近は、どちらかと言うと、TOEIC向けのお話が多かったですが、今回は、英会話に...

語彙とリスニングにも英文法が好影響を与える
http://www.new-toeic.net/cat27/post_327.html
今回は、英文法が、語彙やリスニングと言った、ほかの分野に与える影響をお話いたしま...

リスニングとリーディングの意外な関係
http://www.new-toeic.net/cat27/post_328.html
本日は祝日なので、いつもより早めの配送で、内容も多少短めにしてお届けさせていただ...

英語は「競争」ではない
http://www.new-toeic.net/cat27/post_329.html
今回は英語学習、特に初心者向けのお話になります。■できないから恥ずかしい?「英語...

英語学習は作業より思考
http://www.new-toeic.net/cat27/post_330.html
今回は英語学習全般に関するお話です。「英語は、暗記してナンボ」「英語は、とにかく...

TOEICと英語学習、目的と結果
http://www.new-toeic.net/cat27/toeic_143.html
今回は、TOEICについてのお話です。■TOEICは優れた試験ですTOEICと言...

英語初心者がやるべきこと、やってはいけないこと
http://www.new-toeic.net/cat27/post_331.html
今回は、英語学習の初心者向けのお話をいたします。※:あくまで、主観的な基準ではあ...

日本語訳を見て「わかった」と満足してませんか?
http://www.new-toeic.net/cat27/post_332.html
今回は英文法についてお話しいたします。■もちろん意味は大切ですが…ほとんどの方は...

英語の長い文、複雑な文を読むには
http://www.new-toeic.net/cat27/post_333.html
今回はリーディングについてのお話です。■3つの間違った読み方学校では、英語は日本...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る