fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


初心者向けのTOEIC対策

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今回は初心者向けのTOEIC対策のお話をいたします。

※:あくまで主観ではありますが、TOEICスコアで言うと500を切っているような
  場合、英文法の理解度で言うと、「前置詞や従属接続詞をなんとなくでもわ
  かっていないレベル」が初心者かと思われます。


■TOEICは全員が同じ試験を受けるメリット


すでにご存知の方が多いかと思いますが、
レベルに関係なく、TOEICは受験者全員が同じレベルの試験を受けます。

普通、試験というのはレベル分けされています。

例えば、大学受験だったら、早稲田大学の入試を受ける人は、合格する人だった
ら、もちろんレベルが高いですし、合格しないにしても、それに近い人たちが集
まります。

英検であれば、級で分けられています。

1級を受ける人は、受かる受からないは別にして、
かなりレベルが高い人が受けています。

たとえ、不合格だったとしても、
ほとんどの人が英検準1級は合格できる力を持った人です。


逆に、5級であれば、そこまで英語が得意な人は受けません。

実際のところ、「4級も受ければ合格しただろうに」という人もいることは
いますが、「3級も受ければ受かっただろうに」という人はほぼ皆無。


つまり、普通、試験というのは、レベル別になっており、
受験者のレベルに、ある程度の差はあれど、
そこまで劇的な差はないのです。


ところが、TOEICは違います。

900点台後半を取るような、超上級者であっても、
200点台の超初心者であっても、まったく同じ問題を解かなければならないので
す。


普通の試験は、「合格か不合格か」で決まりますが、
TOEICはそう言った評価ではなく、スコアで評価します。

そのために、こういった現象が起きているのです。


「合格か不合格か」ではなく、
スコアで表されるのには大きなメリットがあります。

合格か不合格かだと、正確に力が評価されないことがあります。


例えば、80点が合格点だとすると、ギリギリ80点でも、余裕で合格の95点でも
どちらも「合格」です。

79点と惜しくても、10点と話にならない点数でも、どちらも「不合格」です。


実際のところ、80点の人と79点の人では大した違いはないはずです。
それよりも、80点と95点、79点と10点の方が大きな力の差があるはずです。

それなのに、合格か不合格かの2通りしか評価基準がないために、
こういった不公平な判定になってしまうのです。


しかし、TOEICだとスコアなので、その心配はありません。

点数なので、800点でも790点でも、どちらもその点数でスコアが資格を得ること
ができ、どちらの点数でも大して評価は変わりません。

逆に、800点と950点だったり、790点と100点だったら、
かなり実力に差があると判断されます。


つまり、全員が同じを受ける試験だと、
こういった、「スコア制という公平な評価ができる」というメリットがあります

これは、「級」でレベル分けして、「合格か不合格か」という二元的な判断の試
験にはできないことです。



■全員が同じ試験を受けるデメリット


しかし、残念ながら、全員が同じ試験を受けることのデメリットもあります。


全員が同じ試験を受けるということは、
人によって感じる難易度がまったく違うということになります。

900点台後半の人なら、簡単な問題ばかりで、
ほぼ全問正解できることになります。

一方、200点台の人なら、むずかしい問題ばかりで、
ほとんどの問題が解けないことになります。


超上級の「簡単な問題ばかり」の方は特に問題ありません。

残り少ない、
「解けない問題」を解けるようになるようにがんばればいいのですから。


しかし、初心者の方には大きな問題があります。

解けない問題があまりに多いため、
やることが多すぎるように感じて、何から手を付けていいかわからなくなってし
まうのです。


「わからないって、簡単じゃないか。
 解けない問題を解けるようになればいいんだろ?」

と思うかもしれませんが、TOEICには、初心者向けの問題から、中級者向けの問
題、上級者向けの問題があります。


ちゃんと初心者向けの問題向けの対策をやればいいのですが、

初心者は多くの場合、「どれが誰向けの問題か」がわからず、

「あれもこれも解けるようにならなきゃ」

と、中上級者向けの問題対策をやってしまう方が多いのです。



■英語は基礎からの積み重ね


以前から、何回もメルマガではお話しさせていただいて来ておりますが、
英語と言うのは、積み重ねです。

中級者レベルの知識は、初心者レベルの知識がなければ理解できません。

上級者レベルの知識は、中級者レベルの知識がなければ理解できません。


よく、

「関係代名詞がわからないから、関係代名詞の章を読んだけど、
 よく理解できなかった」

という方がいますが、それは関係代名詞自体に問題があるのではなく、

それ以前に学ぶべき知識、例えば、

品詞、文型、副詞、前置詞、等位接続詞、従属接続詞、受動態、不定詞、分詞
動名詞、第5文型、疑問節…などなど

が理解できないことが原因なのです。


なので、やるべきことは、関係代名詞ではなく、
それより前に理解できていない部分をしっかりと固めることなのです。


ということは、初心者の場合、

「解けない問題を片っ端から解けるようになろうとする」

のではなく、

「初心者レベルの問題が解けるような学習をする」

ということになるわけです。


そうでないと、

「中級・上級の問題に手を出しては、
 結局は、初心者レベルの知識がないことが原因で理解できず」

という悪循環になりかねません。



■全問解こうとすることは止めた方が近回り


「初心者向けの知識だけに専念して学習する」

と聞くと、一見遠回りのように聞こえます。


言い替えれば、

「今の段階では、中級者、上級者向けの問題は捨てろ」

と言っているようなものですからね。


そして、初心者の方でも、多くの場合、

「TOEICは500や600まで行けば満足」

ではなく、

「将来的には、800や900を目指したい」

と思っているはずです。


確かに、800や900を取るには、
中級者、上級者向けの問題も解けないといけません。


でも、将来的には800や900を目指している人でも、

「今は400点だけど、次に受けるときは800以上を取るぞ!」

と思ってはいないですよね?
(思っているようでしたら、考え直した方がいいです)


「将来的には、800以上ほしいけど、次回はとりあえず500以上が目標」

というように、徐々にステップアップして行こうとしているはずです。


それだったら、中級者、上級者向けの問題を今すぐ解けるようになる必要など
ないのです。

初心者向けの問題をきっちり取れば、500点は取れるスコアです。


中級者、上級者向けの問題を解けるようになるのは、
その後でいいですよね?

と言いますか、そうじゃないと、解けるようにはなりません。

先ほどお話ししたように、英語は積み重ねですから。


遠回りのように見えても、

「初心者はまずは初心者向けの問題を解けるようになること」

これが、実は近道なのです。



■初心者レベルの英語学習には


以上が、今回のお話です。

初心者がいきなり、中級・上級レベルの問題を解けるようになるのは、

まだ満足にバットにボールを当てられていないのに、
ホームランを打つ練習をするようなものです。

まずは、バットに当てること、次はヒットを打つ練習、
というように、英語は積み重ねて行くことが大切です。


初心者の方で、初心者レベルの知識をしっかり学習したい方には、
冒頭でお話させていただいた、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

がお役に立てれば幸いです。


最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。