fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英語のかたまりを意識していますか?

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今回は「英語のかたまり」についてのお話になります。


■ばくぜんと英語を見ていませんか?


英語を読む際、何となくばくぜんと読んでいませんか?

When I went to the bookstore, I bought a book.

も、ただ単に、

when とき
I 私は
went 行った




というように、バラバラで見ていませんか?


「when I went to the bookstoreは長いけど、これで1つの副詞だ」

ということを意識していないのではない方も多いのではないでしょうか?


でも、意識していない方は、

「確かに意識してないよ(意識する以前に、知らなかったという人も多いで
 しょう)。

 でも、そんなこと意識しなくても(知らなくても)、
 "私は本屋に行ったときに、本を買った"って意味だとわかるよ」

と思う方も多いでしょう。


確かに、この程度の英文なら意識しなくても意味がわかると思います。

しかし、世の中には長い英文、複雑な英文が一杯あります。

例えば、

The only thing the president didn't want to do was to be forced to
give up his principle.

The worker described in the article as the guy every one of his
coworkers loves invented this very popular product.

という英文を読めない方も多いのではないでしょうか?


むずかしい単語と言えば、せいぜい、

force「強制する」
principle「主義」
describe「述べる」
article「記事」
coworker「同僚」
invent「発明する」

ぐらいのものです。


こういった文を理解するためには、ばくぜんと英語を見ていたのではダメで、
「かたまり」を意識する必要があります。



■3つの「長いけど1つのかたまり」


英語と言うのは、実にいろいろなパーツがあるように思われます。

接続詞、前置詞、関係代名詞、不定詞、現在分詞、過去分詞、動名詞…

「それが何か」はわからない人でも、名前は聞いたことがあると思います。


このように、英語にはいろいろなパーツがあるのですが、
実際のところ、最終的には、

名詞、形容詞、副詞、動詞、文

の5つのパーツしかありません。


接続詞だとか、前置詞だとか、そのほかのものは、
すべて、この5大パーツの原材料に過ぎません。

そして、この中で、特に重要なのが、

名詞、形容詞、副詞

の3つ。


名詞といえば、riceだとか、Michaelのような単語。
形容詞と言えば、good、importantなどの単語。
副詞といえば、very、recentlyのような単語。

こう言ったものをイメージすると思います。


しかし、英語においては、名詞、形容詞、副詞は「かたまり」になります。

最初に、

When I went to the bookstore, I bought a book.

という簡単な文で、

when I went to the bookstoreを

「長いけど、これで1つの副詞」

とお話しました。


これがその例になります。

when I went to the bookstoreとrecentlyでは、全然長さも見た目も違います。

でも、どちらも同じ「1つの副詞」なんです。

違いは、前者が「複数の単語からできた、かたまり」であるのに対して、
後者は「1つの単語」であるだけです。


原材料は違っても、同じ「1つの副詞」であることには変わりありません。

そのため、構造上は、

Recently, I bought a book.
When I went to the bookstore, I bought a book.

はまったく同じ文なのです。

両方とも、

「副詞, 主語 動詞 目的語」

という形ですよね。


先ほどもお話ししたように、このぐらいの簡単な文なら、
そんな「かたまり」は意識しなくても読めます。

しかし、

The only thing the president didn't want to do was to be forced to
give up his principle.

などはどうでしょう?


ここでは、

the president didn't want to doというのが、「長いけど1つの形容詞」

to be forced to give up his principleが、「長いけど1つの名詞」

になっています。


つまり、構造上は、

the president didn't want to doはgoodと同じ。
to be forced to give up this principleはriceと同じ。

ということになります。

長さは違えど、「1つの形容詞」「1つの名詞」という点は同じですからね。


つまり、

The only thing the president didn't want to do was to be forced to
give up his principle.

は、

The only good thing was rice.

とまったく同じ構造なんです。


これだったら簡単に「唯一の良いことは米だ」と読めますよね。

でも、まったく同じ構造なのに、

The only thing the president didn't want to do was to be forced to
give up his principle.

は読めない。


それは、

the president didn't want to doを「1つの形容詞」
to be forced to give up his principleを「1つの名詞」

というように、「かたまり」で見れていないからです。


どちらも、かたまりとして見れていれば、

「the president didn't want to doは1つの形容詞で、
 "社長がしたくなかった"という意味。

 これがthe onlyを修飾しているから、"社長がしたくなかった唯一のこと"とな
 るし、

 to be forced to give up his principleは1つの名詞で、
 "主義をあきらめることを強制されること"という意味。

 だから、文全体としては、
 "社長がしたくなかった唯一のことは主義をあきらめることを強制されること
 だった"という意味だな」

とちゃんと意味がわかるのです。


The only good thing was rice.と同じ英文に見える人はこう言った、
「かたまり」での考え方がちゃんとできている人です。


The worker described in the article as the guy every one of his
coworkers loves invented this very popular product.

も同様に、「かたまり」がわかっている人なら、

described in the article as the guy every one of his coworkers loves
が「1つの形容詞」と見えているので、構造上はgoodと一緒。

The good worker invented this very popular product.

だったら、

「良い従業員はこのとても人気のある製品を発明した」

とわかりますよね。


それと同様に、

「すべての同僚が大好きな男として記事で述べられている従業員はこのとても
 人気のある製品を発明した」

とわかるのです。



■「かたまり」で見れれば、むずかしい文も簡単に見える


以上が今回のお話になります。

ただ単にばくぜんと英語を読んでいる方は多いのですが、
それでは、複雑な文、長い文に対処できません。

英語と言うのは、

「長いけど1つの名詞」
「長いけど1つの形容詞」
「長いけど1つの副詞」

という「かたまり」が一杯存在します。


これを見抜けるようになること。
これが英語学習のカギになります。


こういった「かたまり」を見抜けるようになりたい方は、
冒頭でお話しさせていただいた、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

がお役に立てれば幸いです。

締切が明日31日(木)と迫っているので、ご検討中の方はお急ぎください。


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の、英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。