fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英語学習に「基礎過ぎる」ということはない

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今回は主に初心者向けのお話になります。


■基礎過ぎて?


私自身、昔は通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手だったこともあり、
(今では、TOEIC 990(満点)、英検1級を持っています)

初心者の方向けの講座をご用意しており、
多くの初心者の方に講座をご受講いただいております。


しかし、その中で、初心者の方だと、どうしても「気後れ」と言いますか、

「このぐらいわかってないと思われるのは恥ずかしい」
「こんな基礎的なことを質問して良いものか…」
「基礎だから、まぁわかってなくてもいいのかな」

と思ってしまう方を多くお見受けします。


先ほどお話したように、私自身、昔は英語が苦手だったのでこの気持ちはよく
わかります。

「何だそんなこと知らないのか」と思われたくないですし、
簡単なものだったら知らなくてもいいような気がしてしまいます。



■でも、基礎が一番大事!


しかし、残念ながら、基礎は一番大切なんです!

メルマガでは何回かお話させていただいていますが、
英語と言うのは「積み重ね」が大切です。

AからZまで学ぶことがあるとしたら、

A→B→C→D→E…

と順番通りに学ばないとダメなんです。


Cを理解するためにはBの知識が必要。
Bを理解するためにはAの知識が必要。

つまり、Aを知らないのにBは学べないし、
Bを知らないのにCは学べないのです。


つまり、最初の基礎がわかっていないと、
それ以降で、大苦戦してしまうのです。

よく、

「関係代名詞がわからないから手持ちの参考書の関係代名詞の章を読んだが
 理解できなかった」

という方がいらっしゃいますが、それは当たり前。

関係代名詞は上級分野で、
それまでに、学ぶべきことがたくさんあるのです。

つまり、関係代名詞を理解できない原因は、
関係代名詞自体ではなく、それよりも基礎分野が理解できていないことにある
のです。



■基礎がわかっていないがために理解できない例


よくある、

「基礎を理解していないために理解できていない例」

として、ifとwhetherが挙げられます。


ifとwhetherは共に「従属接続詞」というツールです。
従属接続詞は、必ず後ろに文を置いて、

「従属接続詞+文」

というセットで使います。


そして、従属接続詞+文は名詞か副詞になります。

つまり、

「従属接続詞+文=名詞or副詞」

というわけです。


とは言っても、従属接続詞によって、

「この従属接続詞は名詞しか作れない」
「この従属接続詞は副詞しか作れない」

と片方に決まっています。


例えば、whenは副詞しか作れませんから、

When I went to the bookstore, I bought a book.
「私は本屋に行ったときに本を買った」

の、when I went to the bookstoreは副詞です。

つまり、

「when(従属接続詞)+I went to the bookstore(文)
 =when I went to the bookstore(副詞)」

となります。


副詞は文全体を修飾できます。
when I went to the bookstoreは長いですが、これで1つの副詞です。

recentlyという1語の副詞と構造上はまったく一緒なのです。

Recently, I bought a book.
「最近、私は本を買った」

これって、when I went to the bookstoreがrecentlyになっただけですよね。


このように、ほとんどの従属接続詞は、
名詞だけ、副詞だけしかしか作れないのですが、

ifとwhetherだけは例外で、どちらも作れるのです。


I forgot if he was there.
「私は彼がそこにいたか忘れた」

のように、名詞を作ることもできますし、

I will call you if he comes back.
「もし彼が戻って来たら電話します」

のように、副詞を作ることもできます。


しかし、ここで、

「if節(if+文)がどうやったら名詞か副詞か見分けられるのか?」

と疑問が出てくる場合があります。


そして、多くの人が間違って、

「名詞だと"〜かどうか"という意味。
 副詞だと"もし〜なら"という意味。
 この意味の差で見分ければいい」

と思ってしまいます。


でも、そうではないんです。
意味は見分けるのには良い方法ではありません。

例えば、

I don't know if he was angry.

だったら、意味でだけで考えると、

名詞の意味なら「私は彼が起こっていたかどうか知らない」
副詞の意味なら「彼が起こっていたら私は知らないよ」

と、どちらでも意味が通じてしまいます。


そうではなく、ここでは、品詞・文型の知識で見抜くのです。

名詞というのは、S(主語)、O(目的語)、C(補語)、前置詞の後ろの名詞、
の4パターンでしか存在できません。

一方、副詞は構造に関係なく、好きなように置けます。


なので、if節がS、O、C、前置詞の後ろの名詞のどれかならif節は名詞。
そうでないのなら、if節は副詞。

ということになります。

I forgot if he was there.

だったら、if he was thereは、forgotのOとなっています。
ですから、名詞です。


I will call you if he comes back.

だったら、if he comes backは、S、O、C、前置詞の後ろの名詞のいずれでもあ
りません。

ですから、副詞です。


I don't know if he was angry.

だったら、if he was angryはknowのOですから、名詞です。



■わからないのであれば基礎が抜けている


上記の説明を聞いて、

「あー、そういえばそうだった。知ってる知識だったよ」

という方も大勢いらっしゃいます。


しかし、

「そんなの習ったっけ?」
「あー、あれって重要だったの? 飛ばしちゃったよ」

という方も多いのです。


この場合、残念ながら、品詞・文型と言う基礎に戻って学習しないと、
ここはずっとわからないことになります。

そして、品詞・文型の知識が必要なのは、if節だけではありません。
一番の基礎とも言えますから、英語ではほぼすべての場面で必要な知識です。


このように、

「基礎過ぎて質問するのが恥ずかしい」
「基礎だから知らなくてもいいよね」

と放置してしまうと、後々大変なことになってしまうのです。


基礎の中には、確かに「理屈はなく、ただ覚えればいい」というものもありま
す。

例えば、

「Iが主語だと、be動詞はamになる」
「giveの過去形はgaveである」

というのは、特に理屈はなく、
「こういうもの」と覚えるしかありません。


でも、品詞・文型のように、ちゃんと「理解」していないとダメなものもあり
ます。

初心者は「恥ずかしい」「重要じゃない」と思ったりせずに、
この「理解が必要な基礎」はしっかりと問題を解決するようにしておいてくださ
い。


初心者の方で、英語の基礎を学びたい方は、冒頭でお話しさせていただいた、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

がお役に立てれば幸いです。

締切が明日14日(木)となっておりますので、
お急ぎくださいませ。


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも、皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。