fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英会話における英文法の本音と建前

今回は英会話に置ける英文法の、ちょっと変わったお話です。

「間違った英文法が英会話では、時に歓迎される?」

というお話です。



■まずは例え話から


ちょっと最初から話が脱線しますが、例え話から入らせてください。

道路には信号というものがあります。

車用の信号は、青、黄色、赤の3段階です。


この「黄色」の意味はなんでしょうか?

多くの人は、

「注意して進む」「もうすぐ赤だから気をつける」

と答えます。


でも、実はこれは間違い。

実際には、法律上は「止まれ」なのです。

「止まれ。
 ただし、安全に停止位置に停止できない場合はそのまま進む事ができる」

という意味ですが、基本的には「止まれ」が大前提で、
進むのは例外なのです。


ただ、運転する人ならわかりますが、これはあくまで「建前」です。

実際には、このルールに従って運転する方が危険です。

なぜかと言うと、ほとんどの人は、黄色の意味は、

「注意して進む」「もうすぐ赤だから気をつける」

だと思っているからです。

黄色になったばかりで止まる人は少数派ですし、
中には、赤になりたてなら行ってしまう人もいます。


なので、厳密にルール通りに、黄色でピタッと止まると、
後ろの車は「え? そこで止まるのか!?」と、ビックリして、追突してしま
うことがあります。

特に、後ろの車がトラックだった場合は、重大な事故になってしまうことも
あります。


もちろん、あまりに無視する形だと、警察につかまってしまうこともあります
し、他人を危険に巻き込むような行為はダメですが、それを抜きにすれば、
「黄色=止まれ」を厳密に守りすぎると危険なのです。

これは教習所側も困るようで、私が通っていた教習所は、

「実は黄色は止まれなんですよ。
 筆記試験では注意してくださいね」

とは言う一方、路上教習では、基本的に黄色では進むように言われましたし、
黄色の場合、教官は、しきりに後ろに車が迫っていないか確認していました。



■英会話における英文法でも同様のことが…


英語にも、このように、

「建前はこうなんだけど、本音はこうなんだ…」

という例がいくつかあります。


特に、英会話における英文法は顕著なのです。

もちろん、英会話と言えど、英文法のほとんどのルールは守られていますし、
守らないといけないものです。

例えば、「疲れていたので、私は寝た」という意味で、

Because tired, I went to bed.

としてしまう人がいますが、これは間違い。

becauseは従属接続詞。
従属接続詞の後ろには文を置かなければなりません。

文というのは、必ずS(主語)、V(動詞)がなければ成立しません。

ちゃんと、

Because I was tired, I went to bed.

とS(I)、V(was)を入れてあげる必要があります。


運転でも、「赤信号は止まれ。赤なのに勝手に発車してはいけない」と、
建前でも本音でも守らなければならないルールが大半を占めるように、

英会話における英文法も、大半は守らなければならないルールです。


ところが、中には、そうではない。
逆に、守ると変に思われてしまうケースがあるのです。

例えば、whomという単語。

whomというのは、whoの目的格(S以外の形で使用する形)。

whoとwhomの関係は、ちょうど、Iとmeの関係と同じです。


Sとして使う場合は、

I like this book.
Who like this book?

とI、whoにし、

S以外の形で使う場合は、

My teacher likes me.
Whom do you like?

とme、whomにするのが、本来のルールです。


I-meに関しては、ルールが厳密に守られており、

Me like this book.
My teacher likes I.

などとは言いません。


ところが、who-whomはそうではない。

それどころか、ルール通り、

Whom do you like?

とすると、「ん? 変な英語だな」と思われてしまいます。

現代では、whomはどんどん使われなくなっており、
会話ではその傾向が顕著。

Who do you like?

というように、本来はwhomの場所でも、whoを使う方が圧倒的に一般的です。


海外ドラマで、「言葉遣いにうるさい、イヤなヤツ」というキャラクターが
いる場合、whomは出てくる定番です。

A「違う、whoじゃなく、whomだ」
B「うるさいなぁ。そんな古い言い方するヤツいるかよ」

みたいなやりとりは定番もの。


whomはあくまで一例に過ぎません。

「学校や教材では、"建前"として、ルールはこうですよ。と習うし、
 試験だったら、建前に従うべきだけど、
 (ちょうど、運転免許の筆記試験で、黄色は"止まれ"と答えるように)

 実際には、そう使っていないから、"本音"では、
 違う使い方をすべき」

という例はいくつかあります。


一例を挙げると、

・時制の一致
(ネイティヴは守らないですし、厳密に守ると意味を勘違いされることも)

・過去完了形
(使わずに過去形で代用する人がどんどん増えています。
 かっこつけて無理に使おうとして間違えるぐらいなら、過去形を使うべき)

・過去形と現在完了形の使い分け
(教材を見ると、すべてキッチリ使い分けているように見えますが、
 実際にはまったくそんなことはありません)

などが挙げられます。



■英会話なら「本音」の方を


正直、この「本音と建前」は教える側としてはむずかしい問題です。

試験とかのことを考えると、
やはり、「建前」、厳密なルールを理解する事は大切なのです。

でも、英会話のことを考えると、「本音」も知っておくべき、と迷うところ
なのです。

(TOEICあたりになると、制作者側もこういった事情がわかっているので、
 こういった本音と建前がある部分を問題として出すことはまずないだろう
 と言えますが、学校の試験では十分出る可能性アリ)


しかし、「目的は英会話!」と、目的が決まっているのなら、はっきりと、
「本音」で学んで行くべき、と言えます。

冒頭でお話しさせていただいた、

「英会話のための英文法 G4C」
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

は、ルール上は違っても、実際の会話においては、守られていない、
あるいは、守らない方が良いルールは、しっかりと、そちらの「本音」の方で
解説しております。

もちろん、先ほどお話したように、
ほとんどのルールは、建前でも、本音でも守らないといけないルールでして、

そちらはちゃんとルール通りの解説です。


英文法の英会話に必要な部分を学び、
さらに、知識のみならず「使い方」まで学び、
実際に英文を作る練習をしていただく、

「英会話のための英文法 G4C」
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

が、英会話上達を目標とする方のお役に立てれば幸いです。


締切が明日11日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g4c19apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。