fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英会話は感覚で貫き通すと上達しない

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

前回もお話させていただきましたが、1月は1年を通して、一番英語学習の熱が
高まっている時。

「今年こそ英語を!」「今年も英語を!」

と意気込んでいる方が多い時期なんです。


今回は、そんな英語学習熱が高い時期に、「英会話ができるようになりたい」と
いう方向けのお話になります。

英会話と言うと、「考えずに感じろ!」と言われたりしますが、
その意味を誤解してしまうと、英会話は上達しません。

感覚も必要ですが、考えることも同様に必要なのです。


■英会話本番でいろいろ考えているヒマがないのは事実


英会話というと、多くの人が苦労するのが、「スピード対応」です。

つまり、瞬時に何を言うのかを考えて、
それを実際に口で言わなければならないことです。

「考える時間」が極端に短い、あるいは「ない」と言ってもいいほどです。


同じ「自分で英文を作る」であっても、メールやライティングは、
考える時間があります。

「こう言えば(書けば)いいかな?」

と考え、

「これだと間違いかな? この英文で正しいかな?」

と考える時間がありますし、
間違っているのなら、修正することだってできます。


ところが、英会話では、相手が目の前にいて、あなたの答えを待っています。

なので、すぐに言うべきことを考え、
それを正しい英文にしなければなりません。

あまりに考える時間がないため、
いろいろ考えていると、会話が極端に遅くなってしまったりします。

そのため、英会話では、

「考えるな! 感覚でしゃべるんだ!」

とよく言われます。


「考えていたら会話が進まない。
 それよりは、多少間違えてでも、スムーズに会話を進めるべきだ」

ということです。



■後の反省や、考える時間がある場合は別


このように、「英会話本番」では、考えていたら会話が成立しない。

多少間違えても仕方がないから感覚でやるべき、というのは一理あります。


多少間違えてもネイティヴは理解してくれることも多いですし、

・正しいことを言うけど、あまりに考える時間が長く会話がスムーズじゃない人
・間違えるけど、意味がわかることが多いし、会話がスムーズに進む人

でしたら、ネイティヴは後者の方を好むのは事実です。


ただ、これはあくまで「英会話本番」での話です。

英会話が終わった後の反省の時間、
あるいは考える時間がある場合ではまったく話が異なります。


英会話本番では、「間違っても意味が通じた」で済むかもしれません。

でも、ずーっとそのままでいいのでしょうか?

例えば、「疲れていたので、私はソファーの上で寝た」という意味で、

Because tired, I slept on the sofa.

と言ったとします。

でも、これは間違った文であり、本来は、

Because I was tired, I slept on the sofa.

と言う必要があります。

しかし、ネイティヴには間違った言い方でも意味が通じました。


では、このままずーっと、Because tired, I slept on the sofa.でいいの
でしょうか?

「間違っているけど意味が通じるからいいや」で、このままずっと貫き通して
いいのでしょうか?


良くないですよね?

英会話本番では考える時間がないので、とっさに

Because tired, I slept on the sofa.

と言ってしまったかもしれません。そして、それは仕方がないことです。


でも、英会話本番が終わった後に、

「あー、あそこは間違っていたな。
 Because I was tired, I slept on the sofa.と言わなければならなかった
 よね。

 次回からは気をつけよう」

と反省しなければ、ずーっと間違った英語で貫き通すことになり、
進歩がないのです。


また、英会話本番であっても、ミスを指摘されることがあります。

これは人にもよるのですが、

Because tired, I slept on the sofa.

と言った場合、

「間違ってるけど、意味がわかるからいいや」と指摘しないネイティヴもいれ
ば、

「意味がわかるけど、間違っているから指摘しておこう」と指摘するネイティヴ
もいます。


指摘されない場合はいいですが、指摘された場合は、
ちゃんと考える必要があります。

指摘するネイティヴは

「それはおかしいから、ちゃんと"なぜそれが間違いなのか"考えて、
 次回以降直してほしい」

と思っているのです。

ですから、ちゃんと

「なぜBecause tired, I slept on the sofa.だと間違いであり、
 なぜBecause I was tired, I slept on the sofa.とすべきなのか?」

を考える必要があります。


それを適当に、

「間違っているから、意味が通じてるからいいでしょ」

「ふーん。そんな感じなのね」

と真剣に考えないのでは進歩しません。


「なぜ間違いか、なぜこうすると正しいか」がわかっていなければ、
次回以降も、似たような間違いを繰り返すでしょう。

例えば、「走っていたので、私は着信に気づかなかった」を、

Because running, I didn't notice the call.

としてしまうかもしれません。

(正しくは、Because I was running, I didn't notice the call.)


このように、「考えずに感覚で!」と言えるのは、
あくまで英会話本番でのこと。

本番後の反省の時間だったり、
本番でも、指摘される等して、考えるべき時間はちゃんと論理的に考えなければ
ならないのです。


そうでなければ、いつまで経っても進歩せず、

「意味が通じるけど、しょっちゅう間違えている」

という状態が続きます。


それに、意味が通じればまだいいですが、
間違った英語の場合、意味が通じない、あるいは別の意味に取られるケースも
多いんです。



■考えられるためには英文法が必要


このように、英会話本番はともかく、反省の時間等では、考えることが必要。

そして、考えられるようになるためには、必ず英文法が必要なのです。

英文法というと、英会話と対極の存在で、
「英会話には英文法は不要」と誤解している人も多いのですが、
まったくそんなことはありません。


先ほどの例のように、

「なぜこれだと間違いなのか?
 なぜこうしないといけないのか?」

というのは、英文法の知識に基づいているのです。


例えば、

Because tired, I slept on the sofa.

だったら、

「becauseというのは従属接続詞。
 従属接続詞というのは、後ろに文を置いて、必ず"従属接続詞+文"という
 セットで使われる。

 それなのに、becauseの後ろにあるのはtiredだけ。
 普通の文なら、

 Tired.

 だけで済ませたりしない。
 文というのは必ず主語(S)、動詞(V)があって成り立つもの。

 I was tired.

 としなければならない。

 だから、becauseの後ろにも、tiredだけじゃなく、I was tiredを置く
 必要がある。だから、

 Because I was tired, I slept on the sofa.が正しいのだ」

と英文法の知識がなければ、

「なぜBecause tired, I slept on the sofa.が間違いで、
 なぜBecause I was tired, I slept on the sofa.が正しいのか」

がわかりません。


ですから、英文法の知識がなければ、本番後の反省でも修正できませんし、
そもそも間違いだと気づかないかもしれません。

それに、せっかくネイティヴが指摘してくれても、
「なぜ間違いで、なぜこうすべきか」がわからず、進歩しないのです。


英会話にも英文法は必ず必要です。

・英会話本番はともかく、反省の時間等は考えるようにする
・そして、考えて修正できるだけの英文法の知識を身に付ける

英会話の上達にはこれが欠かせません。


英会話のための英文法を学び、
実際に英文を作る練習をしたい方は、冒頭でお話しさせていただいた

新講座「英会話のための英文法 G4C」
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日15日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g4c19apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。