fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

TOEICの英文法問題の傾向

ここ数回は、「1月は1年で一番英語熱が高い月」ということで、
「そんな今だからお伝えしたいこと」というお話をさせていただいており
ます。

2月になりましたが、例年、英語学習熱はだいたい2月上旬辺りまで続きま
す。

ですので、今回もこういったお話をさせていただきました。

今回は「TOEICの英文法問題の傾向」というお話です。

中級者の方にもご覧いただきたいお話ですが、
特に、初心者の方にご覧いただきたいお話になります。

※:あくまで主観ですが、初心者は、TOEICで言うと、500点以下。
  英文法の理解度で言えば、「前置詞、従属接続詞を何となくでもわかって
  いないレベル」かと思います。


■TOEICで大量に英文法問題が出ますが…


英語学習の動機として、一番多いのは、「TOEIC」です。

私は14年以上にわたって、23,000名以上の方に英語指導させていただいてきて
おりますが、TOEICが一番多い動機なのです。

そして、そのTOEICでは様々な問題が出るのですが、
英文法問題も一杯出ます。

パート5、6の合計52問のうち、半分強は英文法問題。

5月の改訂で、パート5、6は46問と若干減りますが、
英文法問題がいっぱい出ることには変わりありません。


そして、「英文法問題」というと、多くの方は、以下のようなものを想像しま
す。

関係代名詞
不定詞
分詞
仮定法
動名詞




上記の分野は、言ってしまえば「有名分野」ですよね。

英語学習をしたことある人なら、「聞いたことはある」分野です。


なので、「TOEICの英文法問題はこういった問題が一杯出るのだろう」と
想像している人が多いんです。

そして、対策も、上記の「有名分野」を対策しようとする人が多い。

「これらの分野(有名分野)が出来なければ英文法問題ができるわけがない!」

ぐらいに思っている人も多いんです。


確かに、日本の英語教育の従来の試験(英検、期末・中間試験、入試)では
こういった問題が多いかもしれません。

でも、TOEICはアメリカの機関が作っている試験。

日本の従来の試験とはかなり傾向が違うんです。



■基礎分野ばかりで、特に…


日本の従来の試験とは違い、TOEICは、とにかく基礎分野が多い。

多い順に並べると、ベスト5は以下のようになります。

1位 品詞・文型(42.7%)
2位 前置詞(11.3%)
3位 受動態(8.1%)
4位 接続詞(6.5%)
4位 比較(6.5%)


品詞・文型から接続詞までは「基礎分野」に分類されます。
「比較」だけが「むずかしい分野」です。

全体の75%ぐらいが「基礎分野」からの出題なのです。


メルマガではよくお話させていただいておりますが、
英文法というのは積み重ねです。

A〜Zまで学ぶべきことがあるとしたら、
A→B→C→D→E…と順番に学ぶ必要があります。

Bを知らずしてCは学べませんし、
Aを知らずしてBは学べません。

Cを学ぶには、Bという前提知識が必要で、
Bを学ぶには、Aという前提知識が必要だからです。

よく、

「関係代名詞がわからないので、手持ちの教材の関係代名詞のページを読んだ
 のですが、結局理解できませんでした」

と言う人がいますが、それは当然。

関係代名詞は最後の方に学ぶべき物であり、
それまでに学ぶべき分野全てを理解していないと理解できないからです。

それまでに学ぶべき分野を理解していない状態で、いくら関係代名詞のページ
を読んでも理解できないのです。


私の経験上、関係代名詞が理解できない人は、
ほとんどの場合、それまでに学ぶべき分野に問題を抱えています。


このように、英文法というのは順番に学ぶべきもの。

ということは、最初の方に学ぶ「基礎分野」がわからなければ、それは大問題
になるということです。

基礎分野がわからなければ、基礎分野ができないだけでなく、
今後、むずかしい分野(応用分野)を学ぼうとしたときにも大きな支障が出る
からです。

ということは、基礎分野がまだ全然出来ていない初心者の方は、
基礎分野に専念してでも、基礎分野を徹底的に理解する必要があるんです。


TOEICもこの「基礎分野の重要性」をわかっていてか、
とにかく基礎分野からの出題が目立ちます。

特に、日本の従来の試験と違うのが「品詞」の分野を重視すること。

先ほどのランキングに、

1位 品詞・文型(42.7%)

とあったように、品詞は文型とあわせて最頻出分野。
実に、英文法問題の半分近くがこの分野からの出題なんです。


ところが、「文型」はほとんどの方が聞いたことがあると思いますが、
「品詞」はあまり聞いたことがない分野なのです。

それもそのはず。

ほとんどの教材では説明されていないからです。

基本的には、

名詞とはこういうもので…。
形容詞とはこういうもので…。
副詞とはこういうもので…。
動詞とはこういうもので…。

と、名詞、形容詞、副詞、動詞という4大品詞の知識です。


日本の英語教育では、「一般常識」や「国語で習うもの」と思っているのか、
あまり品詞を扱いません。

しかし、私自身の経験上、そして、今までの指導経験上、
品詞がちゃんと分かっていない人は一杯います。

初心者はもちろんですが、中級者でも品詞がちゃんと分かっている人は半分も
いないのではないでしょうか?


そして、TOEICでは、とにかく品詞の問題が出る。

Those who attended the afternoon meeting reached agreement that the
situation the company was facing was very serious and a ------ solution
was required.

(A) comprehend
(B) comprehensive
(C) comprehension
(D) comprehensively


という問題なんか、典型的な品詞の問題。

日本の従来の試験では、ほとんど出ない問題ですが、
TOEICでは、「超頻出」と言えます。

「ここに入るのは形容詞。選択肢の中で、形容詞はBだから、Bが答え」

と、「品詞」で選ぶ問題です。


この問題、たとえ選択肢の単語を知らなくたって解ける問題。

分かっている人は「単語の形からしてBが形容詞」とわかるんです。


逆に、すべての単語の意味がわかっていても英文法がわかっていない人は、
意味で考えて、

a ------ solution
A「理解する解決策」
B「包括的な解決策」
C「理解解決策」
D「包括的に解決策」

とどれも良さそうに見えてしまい、間違えてしまいます。



■TOEIC対策でも初心者は基礎徹底


上記のように、TOEICでは、とにかく基礎分野から、
特に「品詞」からの出題がとても多いんです。

それにそもそも、初心者の場合、

「基礎分野が出来ていないと、応用分野を学べないのだから、
 まずは基礎分野を徹底すべき」

という事情があります。


なので、

1、TOEICは基礎分野からの出題が多い
2、そもそも応用分野は、基礎分野を終えないとできない

という二重の理由から、

「英語初心者は基礎分野を徹底すべき!」

と言えるのです。


初心者の方で、英文法の基礎(もちろん「品詞」含む)をしっかりと学びた
い方は、冒頭でお話しさせていただいた

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

がお役に立てれば幸いです。

語彙力診断もできますし、
その診断結果に応じて、適切な語彙強化法も知ることができます。


締切が明日4日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容、お申込は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みたい方は↓より。
http://51.thebelltree.com/nb24apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。


無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る