fixedImage
TOEICスコア別・セクション別対策解説 10点〜990点まで
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語リーディング実践講座 44(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

TOEICパート7が苦手な人が取るべき対策・勉強法





「TOEICパート7が苦手な人が取るべき対策・勉強法」

今回はリーディングに関して、

「TOEICパート7や英語リーディングで問題解けない理由」

というお話をさせていただきます。







■実は読めていないことも

先日、無料メルマガで、

「英語って、読めているようで読めていないことが多いのです。

欧米人はディベートが好きだったり、自分の主張をしっかりという性格だったりと、"裏を読めば"という読み方をし、日本人からすると、"そこ見ているの?"とびっくりすることもあります」

というお話をさせていただきました。


例えば、

There was a weird rule in my school. Because of the rule, we couldn't leave any textbook or notebook at school and we had to take all them back home. The school proposed changing the rule. Every student voted and most of them voted "Yes." Now we don't have to every textbook and notebook home.

という英文。

むずかしい単語・熟語は使われていませんし、長い文、複雑な文もありません。

なので、

「私の学校では変なルールがありました。そのルールのため、私たちはいかなる教科書もノートも学校に置いていくことはできず、すべてを学校に持って帰らなければいけませんでした。学校がこのルールを変えることを提案しました。すべての生徒が投票し、ほとんどが"はい"と投票しました。今、私たちはすべての教科書とノートを家に持って帰る必要はありません」

と意味が取れる人は多いです。

それなのに、

Who voted against change?

(A) Every student.
(B) Some students.
(C) No student.
(D) Some teachers.

という問題には、

「え? どこに誰が反対したなんて書いてあった?」

と解けない人が多い。

「反対する先生っているよねぇ」と(D) Some teachers.を選んだり、「most of them voted "Yes"だから、誰も反対してないよ」と、(C) No student.だと勘違いする人も多いです。

しかし、答えは、

(B) Some students.

なのです。

「どこにもそんなこと書いてないぞ」

と思うかもしれませんが、

Every student voted and most of them voted "Yes."

で、most of them「ほとんどの生徒」と言っています。

all of them「全生徒」とは言っていません。

ということは、何人かの生徒は反対したということになります。

だから、(B) Some students.が答えとなるのです。


「そんなの意地悪だ」と思うかもしれませんが、ネイティヴはこういう見方をするのです。

欧米人はディベートをよくしますし、自分の意見をはっきりと主張します。

なので、英語を論理的に考えて、

「most of themってことは、反対した生徒もいたんだな」

と見るのです。

日本人は、「most of themかぁ。そりゃ賛成だよね」と、反対した人の存在には気づかないことが多いですし、

日本人からすると、

「え? most of themで反対した生徒のこと考えるの? 見るポイントってそこか!?」

と思うのですが、

英語では、こういう見方をするネイティヴが多いのです。


これに気づくには解説が必要不可欠です。

TOEICは問題用紙を回収されてしまうから無理。

英字新聞や洋書なども解説がないから無理。

一般的なリーディング教材も解説が薄っぺらく、そこまで解説がないので、なかなかわかりません。


こういった点を解消するためにお役に立てるのが、

新講座「英語リーディング実践講座 44」

こちらでは、丁寧な解説で、深くまで読み取れる力を養っていただけます。







■問題を解けないもう1つの理由

今回は、問題を解けないもう1つの理由についてお話しさせていただきます。

例えば、↓のEmailがあったとします。

Hi Terry.

How are you doing? It has been quite cold for the last two days, hasn't it?

Last week, I took three English lessons on Monday, Wednesday, andFriday. My teacher said my English is much better than when I started. I'm glad that I made an improvement.

On Saturday, I went to my son's school's sports day. It was good to see my son's nice performance.

Yesterday, my family went to the theme park. It was quite cold, but because of that, luckily we didn't have to wait in line.

See you on Friday.

Have a nice day.

Naomi Suzuki.


あまりむずかしい単語・熟語もないですし、長い英文、複雑な英文もありません。

しかし、以下の問題を解けない人も多いのです。

What is Naomi talking mainly about?

これは選択肢がなく、自由に答えていいなら簡単な問題です。

例えば、

English lessons, her son's school's sports day, and the theme park.

と答えれば正解ですね。


でも、これが一転して、選択肢がつくとむずかしかったりします。

例えば、

(A) Weather.
(B) Education.
(C) A meeting on Friday.
(D) Daily occurrences.

という選択肢だと、

「あれ? English lessonsがないぞ?」

「あれ? 運動会は?」

「あれ? 遊園地がない‥」

となってしまい、解けない人が多いのです。


(A) Weather.

でしょうか?

確かに、「寒い」とは言っていますが、mainly「主に」話している話題ではありません。


(B) Education.

でしょうか?

確かに、運動会の話が出ていて、それは教育とも言えるかもしれませんが、主な話題には見えません。


(C) A meeting on Friday.

でしょうか?

確かに、「金曜日に会おう」とは言っていますが、それが主な話題とは思えません。







■「別の言い方」を見破れるか?

答えは、

(D) Daily occurrences.

です。

dailyという単語も、occurrencesという単語も、どこにも本文には出てきません。

でも、

「先週は、月曜日、水曜日、金曜日に英語のレッスンを受けた。土曜日は息子の運動会に行った。日曜日は遊園地に行った」

この話って、要するに、

daily occurrences「日々の出来事」

ですよね?


だから、(D) Daily occurrences.が答えになるのです。

このように、正解の選択肢は、直接、同じ言葉では書かれていないのです。

「別の言い方だけど、同じ意味を表している」表現で書かれているのです。


先ほどお話ししたように、

What is Naomi talking mainly about?

が、選択肢ではなく、自由に言っていいんだったら、

English lessons, her son's school's sports day, and the theme park.

で簡単ですよね。


選択問題でも、

(A) English lessons, her son's school's sports day, and the theme park.

という選択肢があったら簡単ですよね。


でも、English lessons, her son's school's sports day, and the theme parkだと、本文とまったく同じです。

極端な話、英語がまったくわからない人でも、

「同じ字があるから、これが答えだろう」

と解けてしまう可能性があります。


これでは、試験になりませんよね。

「英語ができない人も、できる人も全員正解!」で終わりです。


だからこそ、TOEICパート7など、リーディング問題では、

「同じ言葉では書かれていないので、パッと見ただけではわからない。

"別の言い方をしているけど、同じことを言っている"というのを見破れるだけの、英語力がある人だけが解ける」

という問題にする。

つまり、

English lessons, her son's school's sports day, and the theme park.

Daily occurrences.

のように、別の言い方にするのです。


TOEICのパート7など、リーディングの問題を解けるようになるには、「英文の意味が取れる」だけでは不十分。

「別の言い方も見破れる」だけの力が必要なのです。


そのためには、問題付きのリーディングで、しかも、「別の言い方だけど同じ意味だ」という解説があるもので学ぶ必要があります。

TOEICは問題用紙を回収されてしまうので不可能。

英字新聞や洋書は問題も解説もないので不可能。

解説が薄っぺらい一般のリーディング教材でも無理。

しかし、

新講座「英語リーディング実践講座 44」

では、問題付きで実践的なリーディングをやっていただいた上で、詳しい解説で、裏まで読む力も、言い換えも見破れる力を養っていただけます。


今回の内容は以上となります。

リーディング力をつけたい方には、

「実践的な英語で、リーディングの練習。

そして、問題を解くことにより、浅くではなく、深くまで理解しているかをチェック。

解答解説では、むずかしい英文の英文法的な構造解説。
 
使われているむずかしい単語・熟語はリストアップし、必要に応じて解説。

そして、問題の解説を、"なぜこれが正しく、なぜこれが間違いなのか"を詳細に解説。

紙媒体だと、紙面節約のために簡素になりすぎるところ、たっぷりと詳細に解説。

そして、リーディングに必要不可欠な要素である、英文法の知識確認。その英文法の知識をリーディングでどう活かしたらいいかの概略解説。

意味が取れることはもちろん、実践的な英語で、浅くではなく、深くまで意味を取れる力をつける講座」

新講座「英語リーディング実践講座 44」

がお役に立てれば幸いです。

世の中のリーディング教材は

・日本語訳を掲載するだけで、「なぜそういう意味になるか」の解説なし
・問題の解説が簡潔すぎて、「なぜこれが正しく、なぜこれが間違いか」がわからない

という欠点がありますが、本講座では、

・英文法でどういう構造になっているかを解説し、なぜそういう意味になるのかを解説

・むずかしい単語、熟語はリストアップし、注意事項、追記事項がある場合は、さらに詳しく解説

・問題は、もちろん、詳細に「なぜこれが答えで、なぜこれは間違いか?」を丁寧に解説

・リーディングに必要な英文法の知識の確認解説と、英文法の知識をどう活かすべきかを概略解説

・そして、わからないところがあったら、制作者である私にご質問

と、わからないところをわからないままにせず、学習して行くことができます。

ぜひ、リーディング力をつけたい方は、一緒にがんばっていきましょう!


詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。

新講座「英語リーディング実践講座 44」

※:初心者(TOEIC 500以下、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわからない)の方には、↓がオススメ。
「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」


最後までお読みいただきありがとうございます。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。













TOEICパート7が苦手な人が取るべき対策・勉強法
https://www.new-toeic.net/archives/2019/02/toeic_20.html
「TOEICパート7が苦手な人が取るべき対策・勉強法」 今回はリーディングに関して、 「TOEICパート7や英語リーディングで問題解けない理由」 というお話をさせていただきます。 ■実は読めていないこ...

英会話とTOEICを並行して、両立する効果的な方法
https://www.new-toeic.net/archives/2019/02/toeic_21.html
「英会話とTOEICを並行して、両立する効果的な方法」 今回は、英会話とTOEICに関して、 「英会話が上達してTOEICのスコアも上がるには?」 というお話をさせていただきます。 ■英会話・ライティ...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語リーディング実践講座 44(名様 締切)
プロフィールをもっと見る