fixedImage
TOEICスコア別・セクション別対策解説 10点〜990点まで
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語リーディング実践講座 44(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語のリーディング間違いはおすすめです。良いことです





「英語のリーディング間違いはおすすめです。良いことです」

今回は、英語全般。
特にリーディングについて、

「英語の問題で間違えるのって嫌ですよね? でも、実はそれは良いことなんですよ」

というお話をさせていただきます。







■海外ドラマと生英語リーディングの組み合わせ

先日、メルマガで、

「生の英語と、教材や試験(TOEICや英検など)は別物。

教材や試験では、丁寧な表現で、きっちとした英文。

発音の良い人が、速すぎず、遅すぎず、聞き取りやすいように静かなスタジオで、原稿を読み上げている。

一方、海外ドラマなどの生英語は、"そりゃないだろ"みたいなくだけた表現で、きちっとした文になっていないこともある。

発音が聞き取りづらい人もいれば、早口の人もいれば、ゆっくり話す人もいるし、急に速くなったり、緩急がある。

街中だったりと雑音が入ることもある。

だから、生英語のためには生英語で鍛えなければならない。

それがTOEICなどのスコアアップにも結びつく。

リーディングも同様に、生の英語は別物だから、生英語で鍛えなければならない」

というお話をさせていただきました。


生英語と教材・試験の英語は別物。

海外ドラマ・映画などが聞き取れるようになるためには、
生英語でのリスニングトレーニングが必要。

それをやっていただけるように、

「英語リーディング実践講座 44」

の梅雨キャンペーンとして、

「海外ドラマで英語学習のテキスト」

をおつけしております。


そして、リーディングも生英語で鍛える必要がある。

教材や、学校の英語教育のリーディングは、やはり、どうしても綺麗な、整った英文が多い。

使われている語彙も、やはりできるだけわかりやすいものにするように意図されています。


でも、生のリーディングはそうではありません。


例えば、「オンラインショッピングの返品の仕方」なんかでは、

ちゃんとした文になっていない、リストみたいなものも多い。

語彙だって、わかりやすいものばっかりではありません。


これは、

・地下鉄の乗り方
・動物園の利用案内
・都市の観光案内
・英語学校の案内

これらでもまったく同じです。

上記のことって、全部、海外旅行や外国での生活で必要ですよね?


こういった英語を読めるようになるためには、こういった生の英語でのリーディングが必要なのです。


そして、実はリーディングに関しては、TOEICも生英語「寄り」です。

リスニングに関しては、生英語とはちょっと違い、やはり教材に近い感じですが、

リーディングに関しては、従来の日本の教材よりは、けっこう生英語に近い英文が出ます。


なので、生英語のリーディングができるようになりたい方はもちろんですが、

TOEICで良い点を取りたい人も、生英語のリーディングが大変有効なのです。


ちなみに、先ほどお話しした、

・オンラインショッピングの返品の仕方
・地下鉄の乗り方
・動物園の利用案内
・都市の観光案内
・英語学校の案内

は、実際に使われている英語で、

「英語リーディング実践講座 44」

にて学習していただけますよ。







■勘違い、見落としは良いこと

上記のように、リーディング学習が大切なのですが、リーディングを学ぶためには、問題を解くことが欠かせません。

TOEICなどの、読解問題対策というのもありますが、それ以上に、

「ちゃんと意味が取れているか? 勘違いしていないか? 見落としていないか?」

という点を確認するために必要なのです。


そして、問題を解いていると、どうしたって「間違えること」ってありますよね?


例えば、最近、私の講座の受講生様には、お話しさせていただいた英文でもあるのですが、以下の英文があったとします。

Exercise pill could replace exercising

Scientists are working on a new pill that could help people who do no exercise. It could also increase the performance of those who do work out and exercise. The scientists are from the Salk Institute for Biological Studies in California. They are developing a pill that could produce the same benefits to the body that it gets from running. Scientists are testing the pill on mice. It could one day make people healthier. It could give them better stamina, fat loss, a better mood, a healthier heart and a longer lifespan - all without doing any exercise. The scientists found that the pill also helped to increase athletic performance in mice by 70 per cent. This could be good news for people who want to run faster and farther.

出典↓
https://breakingnewsenglish.com/1705/170506-exercise-pill.html

そして、そこで以下のような問題があったとします。

問題1 Which one is the most appropriate about who is going to get the benefits of this pill?

(A) People who do no exercise.
(B) People who work out and exercise.
(C) People who don't exercise and people who do exercise.
(D) People who run.


この問題。

多くの人がAを選んでしまいます。


確かに、タイトルに、

Exercise pill could replace exercising
「運動錠剤が運動の代わりになるかもしれない」

と書いてありますから、

錠剤があれば、運動をしなくてもよくなると取れますし、


1文目には、

Scientists are working on a new pill that could help people who do no exercise.
「科学者たちは運動をしない人を助けるかもしれない新しい錠剤の研究をしている」

と書かれていますので、

確かに、Aの

(A) People who do no exercise.
「運動しない人」

にも恩恵があります。


しかし、それで終わりではないんですね。

2文目には、

It could also increase the performance of those who do work out and exercise.
「それは実際に練習や運動をする人の能力も上げるかもしれない」

とあります。


実は、運動をする人にも恩恵があると書かれているのです。

なので、答えは、両方を表している

(C) People who don't exercise and people who do exercise.

なのです。


上記の問題はできた人もいらっしゃると思います。

でも、上記のように、

「え? そうだったの?」

という勘違いや、

「そうか! そう書いてあるじゃないか!」

という見落としは、ほとんど全員の方がありますよね。


一般的に、間違えたら、良い気持ちはしませんよね?

「あー、自分は読み取れないのか‥」

「あー、何やってるんだ! 見落としてたじゃないか!」

というように、落ち込んだり、怒りの感情が湧いたりするのが一般的かと思います。







■継続して、正答率が大幅アップ

確かに、その気持ちはわかります。

私も、昔、何回もそう思いましたからね。

「できた!」と思っても、答えが違っている。

そして、

「え? 自分はこんな意味を取り違えてたのか‥」

とショックを受ける。


「え? これってそういう意味に取るわけ?」

と、日本人と英語ネイティヴの考え方のずれを感じたりとか。


ショックだったり、中には、

「いやー、そんなの意地悪な見方じゃないか!」

と思ったりもしました。

例えば、先ほどの問題だと

「そりゃ、運動する人もかもしれないけど、
 運動しない人がメインだろ?

 じゃあ、Aでいいじゃないか」

と思ったり。

(でも、運動しない人がメインだとはどこにも書かれていないし、「最も適切なものを選ぶ」という問題なので、Cというより適した選択肢がある以上は、Aは答えにならないのです)


でも、こういう間違いを繰り返していくと、どんどん鍛えられていくんですよ。

見落としや勘違いをすると、少しずつ、

「そうか、こういうところに気をつけよう」

というのがわかっていく。

こうした積み重ねによって、徐々に正答率が上がっていくのです。


私は年以上にわたって、名以上の方に英語指導させていただいてきましたが、

これだけ長く英語指導させていただいてきていると、いろいろなことがわかります。


冒頭でお話しさせていただいた、

「英語リーディング実践講座 44」

のような、生の英語で読解練習をすることを、継続されている受講生様たちがいらっしゃるのですが、ご質問などのやりとりを頻繁にするのでよくわかるのですが、

「間違えても落ち込むのではなく修正する!」

という姿勢で継続できる人は、どんどん勘違いや見落としが減り、正答率が上がっていくのです。


最初は勘違いや見落としが多くて、正答率が50%ぐらいだった。

ひどい時は30%ぐらいだったりもする。

でも、

「あ! そうだったか!」
「そうか! そう勘違いしていたのか!」

という、「修正」を繰り返していくことにより、

60%に、70%に、80%に、90%に、そしてほぼ100%に‥。

というように、どんどん正答率が上がって行った方が本当に多いんですね。


間違えるのは気持ちのいいものではないかもしれません。

でも、間違えることで、

「自分にはここが足りなかった」

という点が明らかになるのです。

明らかになったのなら、そこを修正すれば、自分がパワーアップできるのです。

だから、間違えることは、

「自分に足りない部分を発見できた」

ということであり、むしろ良いことなのです。


上記のように、落ち込まずに継続できる受講生様たちは、どんどん力をつけていきます。

そして、私自身も、先ほどお話ししたように、間違えることは何回もありましたが、修正を繰り返すことで、TOEIC 990(満点)、英検1級、英会話は毎週アメリカ人と不自由なくできる、アメリカのテレビ番組も不自由なく見れるようになりました。

大切なのは「間違わないこと」では決してありません。

「間違っても、修正し続けること」が大切なのです。

今回の内容は以上となります。

「実践的な英語で、リーディングの練習。

そして、問題を解くことにより、浅くではなく、深くまで理解しているかをチェック。

解答解説では、むずかしい英文の英文法的な構造解説。
 
使われているむずかしい単語・熟語はリストアップし、必要に応じて解説。

そして、問題の解説を、"なぜこれが正しく、なぜこれが間違いなのか"を詳細に解説。

紙媒体だと、紙面節約のために簡素になりすぎるところ、たっぷりと詳細に解説。

そして、リーディングに必要不可欠な要素である、英文法の知識確認。その英文法の知識をリーディングでどう活かしたらいいかの概略解説。

意味が取れることはもちろん、実践的な英語で、浅くではなく、深くまで意味を取れる力をつける講座」

「英語リーディング実践講座 44」

がお役に立てれば幸いです。


世の中のリーディング教材は

・日本語訳を掲載するだけで、「なぜそういう意味になるか」の解説なし
・問題の解説が簡潔すぎて、「なぜこれが正しく、なぜこれが間違いか」がわからない

という欠点がありますが、本講座では、

・英文法でどういう構造になっているかを解説し、なぜそういう意味になるのかを解説

・むずかしい単語、熟語はリストアップし、注意事項、追記事項がある場合は、さらに詳しく解説

・問題は、もちろん、詳細に「なぜこれが答えで、なぜこれは間違いか?」を丁寧に解説

・リーディングに必要な英文法の知識の確認解説と、英文法の知識をどう活かすべきかを概略解説

・そして、わからないところがあったら、制作者である私にご質問

と、わからないところをわからないままにせず、学習して行くことができます。

ぜひ、リーディング力をつけたい方は、一緒にがんばっていきましょう!


詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。

詳しい内容は↓からご覧になれます。
「英語リーディング実践講座 44」

※:初心者(TOEIC 500以下、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわからない)の方には、↓がオススメ。
「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」


最後までお読みいただきありがとうございます。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てればと思っておりますので、何卒よろしくお願いいたします。













英語のリーディング間違いはおすすめです。良いことです
https://www.new-toeic.net/archives/2019/07/post_36.html
「英語のリーディング間違いはおすすめです。良いことです」 今回は、英語全般。 特にリーディングについて、 「英語の問題で間違えるのって嫌ですよね? でも、実はそれは良いことなんですよ」 というお話をさ...

英文法ができれば英語が読める。リーディングができる
https://www.new-toeic.net/archives/2019/07/post_37.html
「英文法ができれば英語が読める。リーディングができる」 今回は英語のリーディングについて、 「リーディングは英文法ですよ」 というお話をさせていただきます。 ■英語の正しい読み方を身につけよう! 先日...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語リーディング実践講座 44(名様 締切)
プロフィールをもっと見る