fixedImage
TOEICスコア別・セクション別対策解説 10点〜990点まで
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語リーディング実践講座 44(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語リーディングで意味が取れない原因





「英語リーディングで意味が取れない原因」

今回は、

「英語リーディングの実践練習をしよう!」

というお話をさせていただきます。







■英語を読むとはこういうこと

先日、メルマガで、

「表面上の意味が取れただけで、自分は読めていると思っていませんか? 裏の意味まで読めないと、TOEICの問題は解けないし、英字新聞・洋書も読めないんですよ」

というお話をさせていただきました。

例えば、以下の文。

We were going to have a crucial meeting about our new air purifier. A key member of our product-development team, however, didn't make it on time. He said if the train he was on hadn't been delayed, he wouldn't have been late. Despite that, we didn't have a significant problem.

これが

「私たちはわれわれの新しい空気清浄機についての重要な会議をすることになっていた。しかしながら、製品開発チームの重要な一員が時間通りに来なかった。彼は乗っていた電車が遅れていなかったら、遅刻しなかったと言っていた。それにもかかわらず、私たちは大きな問題はなかった」

という意味だと、取れる人は少なくないかもしれません。
(取れなかった場合の話は後述します)


ただ、意味を取れた人でも、以下の問題に答えられない人は意外と多いのです。

1. Was there a problem in the meeting?

2. What happened to the key member?

3. Why was he late?


1. Was there a problem in the meeting?

で、Noと答えたら間違いですよ。

問題は起こりました。


2. What happened to the key member?

He didn't come to the meeting.と答えたら間違いですよ。

ちゃんと会議には来ました。


3. Why was he late?

「そんなこと書いてない」と思ったら間違いですよ。
間接的に、ですが、書いてありました。


上記のように勘違いしてしまうのは、
裏の意味まで読めていないからです。

1. Was there a problem in the meeting?

Despite that, we didn't have a significant problem.
とありますが、これはsignificant problemがなかったと言っているだけ。

significant「大きな」問題じゃなく、
小さな問題なら、

「重要なメンバーが遅刻した」

という問題が発生していますからね。


2. What happened to the key member?

He didn't come.だと間違いで、He was late for the meeting.などが答えです。

「遅刻したなんて書いていない」と思うかもしれませんが、

He said if the train he was on hadn't been delayed, he wouldn't have been late.

で言っています。

直接「遅刻した」とは書かれていませんが、仮定法というのは、仮定の話であり、裏が事実なのです。

いくら

he wouldn't have been late
「遅刻しなかった」

と言っても、事実はその裏。

実際には遅刻したのです。


3. Why was he late?

も仮定法がポイント

if the train he was on hadn't been delayed
「彼が乗っていた電車が遅れなければ」

と言っても、事実はその裏。

実際には遅れたのです。

だから、理由は、

Because the train he was on was delayed.
「彼が乗っていた電車が遅れたから」

ですね。


このように、英語というのは、表面の意味が取れただけでは不十分。

裏の意味まで読み取れないとTOEICなどの試験の問題は間違えてしまう。

洋書・英字新聞などの実用英語でも、文脈が取れなくなってしまう。

これを鍛えるためには、上記のように、問題を解き、解説を読むことで、

「え、そういう意味だったのか!」

という発見を繰り返していくしかありません。

「英語リーディング実践講座 44」

は、まさにそれをやっていただける講座になります。







■表面上の意味が取れないときも、もちろん学習が必要です!

上記のように、英語というのは表面上の意味だけ取れればいいものではない。

裏側の意味も取れなければいけません。


とはいえ、表面上の意味も取れない、というケースだって少なくないです。

その場合は、もちろん、力をつける必要があります。


例えば、知らない単語、熟語が多いのであれば、語彙力を強化する必要がありますし、

The equipment the workers desperately believed would work unfortunately didn't work properly.

のように複雑な文や長い文の意味が取れないのであれば、それは英文法の力が不足しているので、英文法を学ぶ必要があります。


そして、その上で、実際にリーディング練習をする必要があります。


語彙と英文法。

この2つはいつもお話ししているように、英語は何をやるのにも絶対に必要な能力。

この2つができていない状態で何に手を出しても身につきません。


しかし、この2つができているから全部なんでもできるかというとそうではない。

例えば、

The equipment the workers desperately believed would work unfortunately didn't work properly.

で、properlyを知っている人でも、

「この文の中でどういう意味なのか?」

がうまく取れない人もいるかと思います。


あるいは、

The equipment the workers desperately believed would work

が、意味が取れなかった。


でも、これは、

the workers desperately believed would work

がもともとは、

The workers desperately believed that the equipment would work.

だった。

これをthe equipmentを修飾する関係詞にしたいから、whichに変える。
(the equipmentはthat節の中身の主語である)

すると、

The workers desperately believed that which would work.

となる。

関係詞は前に出さないといけないから、前に出す。

which the workers desperately believed that would work

that節の中身を前に出したら、thatを消去しないといけないのでthatを消去する。

which the workers desperately believed would work

そして、この関係詞(which)は省略できるから、省略する。

the workers desperately believed would work

これをthe equipmentにくっつければ、

The equipment the workers desperately believed would work

で、

「従業員たちが動くだろうと祈るような思いで信じていた装置は」

という意味になり、文全体としては、

The equipment the workers desperately believed would work unfortunately didn't work properly.
「従業員たちが動くだろうと祈るような思いで信じていた装置は、残念ながら正常に動かなかった」

という意味になる。


上記の話を聞いて、

「あー、そういえば、そういう英文法があったなぁ」

と思う方もいらっしゃるでしょう。

こういう英文法は知っていた。
英文法の知識としてはあった。

でも、先ほどの英文は読めなかった。

こういう方もいらっしゃるかと思います。







■実際に英文を読み、解説で鍛える

上記のように、英文法と語彙の力が必要なのはもちろんなのですが、それにプラスして、実際にその知識を生かすために、リーディングの練習が必要なんですよね。

そのためには、先ほどの英文のように、

「この英文はこういう仕組みになっています」

「この英文はこれこれこういう理由で、こういう意味になります」

という解説が必要なのです。

世の中の教材のほとんどにはそういう解説はないですが、それがないと、リーディング力がつかないのです。

もちろん、

「英語リーディング実践講座 44」

では、それを解説させていただきますし、それでもわからない点がございましたら、ご質問していただけます。

ぜひ、「英語リーディング実践講座 44」で、リーディング力をつけていきましょう!

今回の内容は以上となります。

「実践的な英語で、リーディングの練習。

そして、問題を解くことにより、浅くではなく、深くまで理解しているかをチェック。

解答解説では、むずかしい英文の英文法的な構造解説。
 
使われているむずかしい単語・熟語はリストアップし、必要に応じて解説。

そして、問題の解説を、"なぜこれが正しく、なぜこれが間違いなのか"を詳細に解説。

紙媒体だと、紙面節約のために簡素になりすぎるところ、たっぷりと詳細に解説。

そして、リーディングに必要不可欠な要素である、英文法の知識確認。その英文法の知識をリーディングでどう活かしたらいいかの概略解説。

意味が取れることはもちろん、実践的な英語で、浅くではなく、深くまで意味を取れる力をつける講座」

「英語リーディング実践講座 44」

がお役に立てれば幸いです。


世の中のリーディング教材は

・日本語訳を掲載するだけで、「なぜそういう意味になるか」の解説なし
・問題の解説が簡潔すぎて、「なぜこれが正しく、なぜこれが間違いか」がわからない

という欠点がありますが、本講座では、

・英文法でどういう構造になっているかを解説し、なぜそういう意味になるのかを解説

・むずかしい単語、熟語はリストアップし、注意事項、追記事項がある場合は、さらに詳しく解説

・問題は、もちろん、詳細に「なぜこれが答えで、なぜこれは間違いか?」を丁寧に解説

・リーディングに必要な英文法の知識の確認解説と、英文法の知識をどう活かすべきかを概略解説

・そして、わからないところがあったら、制作者である私にご質問

と、わからないところをわからないままにせず、学習して行くことができます。

ぜひ、リーディング力をつけたい方は、一緒にがんばっていきましょう!


詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。
「英語リーディング実践講座 44」

※:初心者(TOEIC 500以下、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわからない)の方には、↓がオススメ。
「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」


最後までお読みいただきありがとうございます。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てればと思っておりますので、何卒よろしくお願いいたします。













英語のリーディング間違いはおすすめです。良いことです
https://www.new-toeic.net/archives/2019/07/post_36.html
「英語のリーディング間違いはおすすめです。良いことです」 今回は、英語全般。 特にリーディングについて、 「英語の問題で間違えるのって嫌ですよね? でも、実はそれは良いことなんですよ」 というお話をさ...

英文法ができれば英語が読める。リーディングができる
https://www.new-toeic.net/archives/2019/07/post_37.html
「英文法ができれば英語が読める。リーディングができる」 今回は英語のリーディングについて、 「リーディングは英文法ですよ」 というお話をさせていただきます。 ■英語の正しい読み方を身につけよう! 先日...

大人の英語学習は感覚ではなく論理的に考えろ
https://www.new-toeic.net/archives/2019/07/post_38.html
「大人の英語学習は感覚ではなく論理的に考えろ」 今回は、英語学習について、全般的な姿勢の話です。 「ネイティヴは何も考えないで感覚で話している。自分だって日本語は何も考えないで話せる。 だから、英語も...

TOEICと英会話が両立できない失敗する方法
https://www.new-toeic.net/archives/2019/07/toeic_29.html
「TOEICと英会話が両立できない失敗する方法」 今回は、英会話とTOEICの両立について、 「英会話は感覚で突き進むとTOEICと両立できませんよ」 というお話をさせていただきます。 ■英会話とTO...

英語リーディングで意味が取れない原因
https://www.new-toeic.net/archives/2019/07/post_39.html
「英語リーディングで意味が取れない原因」 今回は、 「英語リーディングの実践練習をしよう!」 というお話をさせていただきます。 ■英語を読むとはこういうこと 先日、メルマガで、 「表面上の意味が取れた...

英語学習は長期的視点で考える
https://www.new-toeic.net/archives/2019/08/post_40.html
「英語学習は長期的視点で考える」 今回は、 「英語学習は長期的視点で考える」 というお話をさせていただきます。 ■去年最も多くの方が英語学習した時期は? 先日、メルマガで、 「英語学習開始の時期という...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語リーディング実践講座 44(名様 締切)
プロフィールをもっと見る