fixedImage
TOEICスコア別・セクション別対策解説 10点〜990点まで
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語リーディング実践講座 44(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

大人の英語学習は感覚ではなく論理的に考えろ





「大人の英語学習は感覚ではなく論理的に考えろ」

今回は、英語学習について、全般的な姿勢の話です。

「ネイティヴは何も考えないで感覚で話している。自分だって日本語は何も考えないで話せる。

だから、英語も同じように考えずに学ぶべき」

という人がいるのですが、残念ながら、それでは上達しないのです。







■英語の「なんで?」を解決しよう

先日、無料メルマガで、

「学校の英語は、"暗記科目"と言われることがあるけど、それは間違い。

単語の意味を覚えるときは、確かに"appleはりんご"と考えずに覚えるべきだけど、問題を解くときはそれでは本物の力は身につかない」

というお話をさせていただきました。


例えば、学校ではよく、

1. That is the restaurant ------ the former president often had dinner by himself.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why


において、「場所が前にあるからwhereを選ぶ」というように覚えさせられることもあるし、

2. This political journalist visited the museum ------ that civil rights leader made a historic visit in three decades ago.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

という問題で、「場所が前にあるからwhereだ」と覚えていたから、Bのwhereを選んだら、間違いだった。

そうしたら、先生に、

「inがあるからwhichだよ」

と言われて、

「inがあるときはwhichが答え」と覚えておいたりすることがあります。


このように、

「英語はなぜとか考えず、黙って覚えておくべき」

という考え方の人もいます。

でも、これでは本物の力は身につかない。

先ほどの「場所が前にあるからwhereを選ぶ」があっさりと通用しなかったのが典型的な例です。


「なんで間違い? なぜこれが答えなの?」と思う気持ちが大切。

ちゃんと問題には理由があるんですから。

この問題は、関係詞(関係代名詞と関係副詞の総称)の問題。

多くの人は、その前にある名詞(先行詞)がmuseumのように場所なら、whereが答えになると覚えている人が多いです。

でも、それは必ずしもそうではないのです。

関係詞は、その後ろの文の一部なのです。

1. That is the restaurant ------ the former president often had dinner by himself.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

であれば、後ろの文は、

※:S=主語 V=動詞 O=目的語 SP3=第3文型 (  )=囲った部分は副詞

というように、すべてが埋まっている「完全な文」なのです。

ここに入れられるのは副詞だけ。

選択肢の中で副詞なのはBのwhereとDのwhyです。

whereとwhyは先行詞が何かで使い分けます。

先行詞は今回は、場所です。場所ならwhereなので、whereが答えになるのです。

このように、「場所ならwhere」というのは、「副詞を選ぶ場合」だけの話なのです。


ところが、

2. This political journalist visited the museum ------ that civil rights leader made a historic visit in three decades ago.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

の方は、後ろの文は、

というように、前置詞inの後ろに名詞がないのです。

前置詞というのは、必ず名詞を後ろに置いて、「前置詞+名詞」をセットで使わないといけないのです。

ということは、今度は名詞を選んであげないといけない。

選択肢の中で、名詞なのはAのwhichだけなので、これが答えになるのです。

今回は名詞が答えなので、「場所だからwhere」ということは考えません。

「場所だからwhere」と考えるのは、副詞の場合だけなのです。


こうやって、「なぜ?」という気持ちを大切に、英文法を基礎から順番に仕組みを理解する形で学ぶことが大切。

(「前置詞には後ろに名詞が必要」とか「完全な文だから副詞じゃないとダメ」

がわからなかった方は、関係詞より前に学ぶべき基礎分野を理解していないことが原因です。

どんな方も、英文法は基礎から順番通り学ばないと身につかない。

辞書のように「わからない部分だけ引けばいい」ものではないのです)


私はこうすることで、本物の力が身につき、通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と、英語が苦手だったところから、

TOEIC初受験から1年で900点を達成し、TOEIC 990点(満点)、英検1級を取れました。







■確かに母国語はそうですが‥

しかし、中には、

「でもさ。ネイティヴは理屈とか考えないで、感覚で英語話しているよ。

自分だって、日本語は文法なんてわからないでも、感覚で話せているよ。

日本人が英語を学ぶのだって、それと同じように、感覚でやるべきじゃない?」

と思う方もいらっしゃるかもしれません。


確かに、ネイティヴは英文法を知らない方がほとんど。

それなのに、英語はペラペラと間違いなく話せます。

日本人だって、日本語の文法を知らなくたって、感覚でペラペラと話せます。


しかし、見逃してはいけない点が2つあります。

それは、

1、母国語を身につけたのは赤ちゃんから小さな子供の時期であること

2、よく見れば、膨大な時間を要していること

この2つです。


母国語を身につけたのは、赤ちゃんから、小学生といった、小さな子どもの時代のことです。

子どもを持つ親だったり、何らかの形で子どもに接している方はみなさんご存知かと思いますが、子どもは、言語習得の天才です。

幼少期の脳は極めて柔軟であり、感覚で勝手に身につける能力が極めて高いのです。


そして、見逃してはいけないのが、環境の違いです。

小さな子どもは仕事がありません。

それこそ寝ている時間以外はすべて言語習得に時間を費やせる。

一日中、その言語を聞いて、その言語を話す。

そして、親や先生という、いつでもその言語を教えてくれる最高の先生がいるのです。


大人にはそんなことは無理。

驚異的な言語習得能力はもうなくなっていますし、仕事だってあるから、英語学習をする時間も短い。

いつでも教えてくれる先生などいません。


そして、そんな恵まれた環境にある、「母国語を身につける子どもたち」であっても、実は習得に膨大な時間を必要としているのです。

年齢差はありますが、大人と同じように話せるようになるのは、早い子でも、小学2、3年生。

遅い子だと、小学校の高学年とかでしょう。


実に10年ぐらいの年月を要しているのです。

恵まれた環境にある子どもたちですら、10年かかるのです。

大人が同じ方法でやったら、それよりはるかに遅くなります。

30年? 40年? 一生身につかないかもしれません。







■大人が持っている唯一の武器

じゃあ、英語習得は諦めなければならないのか?

というと、まったくそんなことはありません。


大人には大人の武器があるのです。

それは、「論理力」です。

私には小さな子どもがいるので、よーくわかりますが、子どもは論理がまだまだ未発達。

例えば、三人称単数のsを教えるのだって一苦労です。

なかなか

「自分でも相手でもない第3者で、単数の場合」

というのは、理解できないのです。

なので、どうしても、物量作戦になってしまう。

「heのときは、likesだよ」

「あ、youだとlikeなんだ」

「Jamesだと、likesだよ」

というように。


たった1つのルールなのに、ルールを論理的に理解できないために、膨大な時間がかかるのです。

その反面、大人は理屈を理解できます。

だから、

「自分でも相手でもない第3者で、単数の場合は、現在形の動詞にsをつける」

と理解してしまえば、全部正しくできます。


ここは大人の方が圧倒的に強いのです。

先ほどお話ししたように、子どもの方が圧倒的に恵まれた環境にあります。

そんな子どもですら、10年かかる。

子ども以上の英語学習をしなければ、大人は英語が身につかないのです。

その大人が唯一持っている武器が

「なぜ?」と考えて、「これこれこういう理由でこうなる」と答えを導き出す、

「論理力」なのです。


これを活用しなければ、大人は英語が身につきません。

「子どもは考えずに身についている」

確かにそれはその通りです。

でも、子どもと大人では環境や能力がまったく違うのです。

なので、子どもを参考にしてもまったく意味がない。


そうではなく、大人が持つ唯一の武器である論理力を駆使する。

これが大人が英語を身につける唯一の方法といえるでしょう。


本物の力をつけるために、「なぜ?」を大切に、英文法を基礎から応用まで、順番通りに、理解を積み重ねる形で学んでいきましょう!

私はそれで、通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と、英語が苦手だったところから、

TOEIC初受験から1年で900点を達成し、TOEIC 990点(満点)、英検1級を取れました。

それには、

「分かる! 解ける! 英文法!」

がオススメです。

※:初心者(TOEIC 500以下、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわからない)の方には、↓がオススメ。
「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破! 大学時代は400点未満でした」
「40代で英語やり直し。リーディングセクションだけで115点アップ!」
「TOEIC リーディングセクションで420点!(総合で630→780にアップ!) 16, 17問解き残してもこのスコア(解いた問題はほぼ全問正解)」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、「仕事で英会話ができるようになりたい」方、「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


わからないところがありましたら、制作者である私に直接メールで質問していただけます。(こちらのサポートが大好評いただいております。)

英文法を学びたい方にはぜひオススメの講座です。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。

詳しい内容は↓からご覧になれます。
「分かる! 解ける! 英文法!」

※:初心者(TOEIC 500以下、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわからない)の方には、↓がオススメ。
「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」


最後までお読みいただきありがとうございます。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。













英語のリーディング間違いはおすすめです。良いことです
https://www.new-toeic.net/archives/2019/07/post_36.html
「英語のリーディング間違いはおすすめです。良いことです」 今回は、英語全般。 特にリーディングについて、 「英語の問題で間違えるのって嫌ですよね? でも、実はそれは良いことなんですよ」 というお話をさ...

英文法ができれば英語が読める。リーディングができる
https://www.new-toeic.net/archives/2019/07/post_37.html
「英文法ができれば英語が読める。リーディングができる」 今回は英語のリーディングについて、 「リーディングは英文法ですよ」 というお話をさせていただきます。 ■英語の正しい読み方を身につけよう! 先日...

大人の英語学習は感覚ではなく論理的に考えろ
https://www.new-toeic.net/archives/2019/07/post_38.html
「大人の英語学習は感覚ではなく論理的に考えろ」 今回は、英語学習について、全般的な姿勢の話です。 「ネイティヴは何も考えないで感覚で話している。自分だって日本語は何も考えないで話せる。 だから、英語も...

TOEICと英会話が両立できない失敗する方法
https://www.new-toeic.net/archives/2019/07/toeic_29.html
「TOEICと英会話が両立できない失敗する方法」 今回は、英会話とTOEICの両立について、 「英会話は感覚で突き進むとTOEICと両立できませんよ」 というお話をさせていただきます。 ■英会話とTO...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語リーディング実践講座 44(名様 締切)
プロフィールをもっと見る