fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語リーディング教材が難しい、効果がない理由





今回は「英語リーディング教材が難しい、効果がない理由」についてお話いたします。

多くのリーディング教材では、「その場しのぎ」的な解説が多いのが問題です。



■「こういう意味です」とは教えてくれるけど…

単語帳やTOEIC教材に比べると数は少ないですが、世の中には、リーディング教材があります。

ただ、昔は英語が苦手だった(通信簿2(5段階)、偏差値30)ところから、TOEIC 990(満点)、英検1級に到達した私自身の経験。

そして、今まで年以上にわたって、名以上の方に英語指導させていただいた経験上、

「ここが問題だ」
「これでは難しい」
「これでは効果がない」

と感じる点があります。


多くのリーディング教材は、

・長文がある
・それに関する内容を問う問題がある(ないものもある)
・長文の意味が書いてある(大抵の場合、日本語訳として)
・問題の解答と解説がある

というものです。


長文の内容はすべて、日本語訳が書かれていることがほとんどで、それを読めば意味はわかります。

例えば、長文の中に、

The person talked about in the news recently is the new Prime Minister.

という英文があれば、日本語訳として、

「最近、ニュースで話題となっている人物は新しい首相だ」

と書いてあるでしょう。


The computer experts said was the best computer ever didn't work properly.

という英文があれば、日本語訳として、

「専門家が史上最高のコンピューターと言っていたコンピューターはちゃんと動かなかった」

と書いてあるでしょう。


上記のように、リーディング教材は、

「この英文はこういう意味です」

ということは教えてくれるのです。



■「なぜそういう意味か」は教えてくれない

しかし、「こういう意味ですよ」だけでは以下のような場合に困ってしまいます。


「え? そういう意味なの? 自分はこう読んでしまったのだけど、なんでそれだと間違いなんだ?」

「こういう意味なの? どうやったらこういう意味だとわかるんだ?」

というような場合です。

だから、リーディング教材は難しい、効果がないことがあるのです。


例えば、先ほどの英文だと、

The person talked about in the news recently is the new Prime Minister.

を、

「人は話した…」

という意味だと勘違いしてしまう人は多いです。


でも、正しくは「話されている(話題となっている)人は…」です。

日本語訳を見れば、正しい意味が何かはわかりますが、

「なぜそういう意味になるのか?」

まではわからないのです。


出題される問題に関係する部分だったりすると、

「この文はこう勘違いされ勝ちだが、実はこういう意味で…」

と、一応解説がある場合もあります。


しかし、大抵の場合、リーディング教材の解説はあいまいで役に立ちません。

「こういう意味だと勘違いされ勝ちだが、こういう意味です」

とか

「こういう意味だと勘違いしてしまうと、ドツボにはまってしまうので、注意しましょう」

という解説が多い。


でも、肝心の「なぜそういう意味になるのか」が書かれていないので、疑問は解消されないまま。

国語が嫌いな人は、よく、

「筆者の気持ちはこうだからって言ったって、わからないよ」

と言いますが、それと英語のリーディング教材の解説のいい加減さは、その気持ちを思い起こさせます。


「そういう意味だって言われたってわからないよ」

となるのです。



■仕組みがわかれば一発

先ほどの例のように、「なぜこういう意味になるのか」がわからなければ、同じような英文を見たときに、また同じ間違いを犯す可能性は高いです。

例えば、

The person talked about in the news recently is the new Prime Minister.

を「人は話した」と読んでしまった人は、

The lady witnessed at the convenience store was a very famous movie
star.

を「女性は目撃した」と読んでしまうでしょう。


また、解説がないため、いい加減な暗記に頼り、

「talked aboutには"話されている"という意味の場合があると覚えておこう」

と、中途半端な暗記で済ませていると、

The person talked about his experience as the president of the company.

を「話されている人は」と勘違いしてしまうかもしれません。

今度は正しい意味は、「人は話した…」なのに…。


このように、「なぜこういう意味になるのか」の根拠、仕組みを示していない教材だと、いつまでも根本的な解決にはいたらないのです。

でも、仕組みがわかっちゃえば、同じ仕組みの英文だったら、一発なのです。


「名詞+ed」と来ると、すぐに、「○○は〜した」と解釈してしまう人が多いですが、必ずしもそうではない。

edの語、talked aboutやwitnessedが第3文型の動詞の時は、その直後に名詞が来るかどうかをチェックしなければなりません。

talked aboutやwitnessedが動詞(V)で、「〜した」という意味ならば、後ろに目的語(O)である名詞が来るはずです。


The person talked about his experience as the president of the company.

だったら、his experienceという名詞が来ています。

なので、talked aboutはVであり、

「人は彼の経験について話した」

という意味だとわかります。


一方、

The person talked about in the news recently is the new Prime Minister.

は、後ろに来ているのはinという前置詞です。名詞ではありません。

ということは、talked aboutはVとして使われているわけではありません。

過去分詞であり、「話されている人」というように、the personを修飾しているのです。


The lady witnessed at the convenience store was a very famous movie star.

も同様。

witnessedの後ろはatと前置詞なので、「目撃された女性は」という意味になります。


このように、仕組みさえ理解してしまえば、ほかの英文にも応用ができる。

リーディングは決して、

「そういう意味です」

で終わらせてしまうものでもなければ、

「こういう意味の場合もあると覚えておこう」

と暗記して済ませるものでもないのです。



■英文法と一緒に

先ほど「仕組み」を解説させていただきましたが、中には、解説が理解できなかった方もいるはずです。

「Vだと目的語があるってどういうこと?」
「目的語がないと過去分詞になる?」
「なぜ過去分詞だと"〜された"と受動態の意味になるの?」

というように。

こうなってしまうのは、英文法の知識が不足していることが原因です。


上記のように、リーディングで正しく意味を理解するのには英文法の力が必要不可欠。

英文法とリーディングはまったくの別物と勘違いしている方は多いですが、実は密接に関係しているのです。


英文法を身につけつつ、その英文法の知識を使って、「仕組み」を知り、「読み方」を身につけたい方は、

「英語真っすぐリーディング講座」

がオススメになります。


「TOEIC 460だったのが740点に。たったの5カ月で280点アップしました。問題を解く際もすべての根幹には鈴木先生の講座があると私は思ってます」

「去年10月TOEIC初受験は420点。本講座を受講した後、610点までUP。その後も自身で英語学習を続け、7月には760点まで伸びました!」

「本講座や英検対策のおかげもあって、英検準1級の1次試験合格しました! しかも、前回の42点に比べ一気に点数が69点まで伸びての合格です」

と嬉しいご感想をいただいている講座でして、


「日本語に訳して読んでいる」
「適当に意味をつなげて読んでいるだけ」
「読むのが遅くて…」
「長い文、複雑な文が苦手」

という方にオススメです。


ネイティヴの音声もついていますし、わからないところがあったら、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「英語真っすぐリーディング講座」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!











英語を日本語に訳せるけど意味がわからない理由
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/06/post_37.html
「英語を日本語に訳せるけど意味がわからない理由」 ■日本の英語教育の最大の欠点 よく、日本の英語教育は批判されます。 「中学、高校と6年間も主要教科として英語をやっているのに、全然英語ができるようにな...

英語リーディング 勉強は精読、TOEIC試験は速読
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/06/_toeic.html
「英語リーディング 勉強は精読、TOEIC試験は速読」 ■確かにTOEIC等はスピード重視せざるを得ない TOEICを受けたことがある方は実感されていると思いますが、TOEIC等の試験では、 「じっく...

単語覚えたのに英語読めない理由
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/06/post_38.html
「単語覚えたのに英語読めない理由」 ■リーディングの基礎は英文法 「英文法」と「リーディング」この2つはまったくの別物だと思っている方がけっこう多いです。 でも、実は非常に密接に関係したスキル。 英文...

英語リーディング教材が難しい、効果がない理由
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/06/post_39.html
今回は「英語リーディング教材が難しい、効果がない理由」についてお話いたします。 多くのリーディング教材では、「その場しのぎ」的な解説が多いのが問題です。 ■「こういう意味です」とは教えてくれるけど… ...

シャドーイングでは意味がわからない、意味がない、効果がない
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/06/post_40.html
今回は「シャドーイングでは意味がわからない、意味がない、効果がない」というお話です。 ■シャドーイングとは ある程度の期間、英語学習をしていると、「シャドーイング」という言葉を聞いたことがあると思いま...

英語を日本語に訳してはいけない
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/06/post_41.html
今回は「英語を日本語に訳してはいけない」というお話です。 ■日本の英語教育の最大の欠点 先週もお話させていただきましたが、私は日本の英語教育の最大の欠点は、 「何でも日本語に訳させること」 だと考えて...

英語リスニングは速聴、リーディングは精読
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/06/post_42.html
今回は「英語リスニングは速聴、リーディングは精読」というお話です。 ■リスニングは必要ですが… 日本人は、高校卒業時点ではリスニングの方が弱いため、リスニングばかりやって、リーディングをおろそかにして...

日本人は英語リーディングが苦手です
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/07/post_43.html
今回は「日本人は英語リーディングが苦手です」というお話です。 ■確かに日本人はリスニングが苦手 以前もお話しさせていただきましたが、少なくとも、高校卒業時点では、ほとんどの日本人は 「リスニングの方が...

英語リスニングとリーディングの相関・関係
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/07/post_44.html
今回は「英語リスニングとリーディングの相関・関係」というお話です。 ■リスニングで苦労する人は多いが… 皆さんのほとんどがそうだと思いますが、リスニングで1度は苦労する人がほとんど。 最近では、センタ...

英語リーディングのための文法
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/07/post_45.html
今回は「英語リーディングのための文法」というお話です。 ■リーディングに文法は必要 「リーディング」と「文法」。 この2つは「まったくの別物」と認識している方も多いですが、非常に密接した関係にあります...

英語の才能のない人は論理的勉強法で
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/07/post_46.html
今回は「英語の才能のない人は論理的勉強法で」というお話です。 ■才能は関係ある 英語指導者としては、 「英語に才能なんて関係ない!」 と言いたい所ですが、私自身の経験上、そして、英語指導を年以上続けて...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る