fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語リーディングが伸びない、伸び悩み。間違った読み方





今回は「英語リーディングが伸びない、伸び悩み。間違った読み方」というお話です。



■確かにリーディングは学校でやりますが…

日本人は一般的には英語が苦手とされています。

中でも、苦手とされるのが、英会話やリスニングです。

理由としては単純明快で、

「学校でやらないから」

です。


リスニングに関しては、センター試験で導入される等、最近は事情が変わって来てはいますが、

リスニングが大学入試で必要となって来たのは、ほんとごく最近の話。

影響を受けているのは、大人では、せいぜい、20代の人。それもその中でも一部の人です。

30歳以上の人と、20代の人の多くは、リスニングは学校ではほとんどやらなかったわけです。

英会話は今でもほとんどやらないので、世代を問わずに苦手ですよね。


「英会話とリスニングは学校でやっていないのだから苦手」

これは単純な話です。


一方、リーディングとなりますと、学校でミッチリやっていますよね。

中学、高校と6年間、英語という主要科目。その中でも、メインの授業として、リーディングを行います。


だから、

「日本人はリーディングは得意である」

もしくは、「得意」とは言わなくても、

「日本人のリーディングは、英会話やリスニングに比べればマシである」

と、ほとんどの人が認識しています。



■将来性で言うと、リーディングは危険

確かに、「現状の力」という観点。

一般的な日本人が、高校を卒業した段階での力を見れば、ほとんどの人が、リーディングの方が、英会話やリスニングよりも得意でしょう。


ところが、「将来性」という観点からすると、必ずしもリーディングは有望とは言えないのです。

私は、今までに、年以上にわたって、名以上の方に英語指導させていだいて来ておりますが、

「リスニングがぐーーんと伸びた」

というケースと共に、

「リーディングは壁に当たって、いつまでも伸びない」

というケースも多数目にしております。


つまり、リスニングは今後の努力で伸びる「伸びしろ」がタップリある。

今はリスニングが苦手かもしれないが、学習を積み重ねることで、ぐーんと伸びる可能性を持っているのです。


その反面、リーディングは「伸びしろ」があまり期待できない。

今はリーディングはリスニングより得意かもしれないが、学習を積み重ねても、なかなか伸びない、というケースが多いのです。


TOEICでも、

「リスニングセクションは伸びて来ているのだけど、リーディングセクションは頭打ち」

という方を多くお見受けします。



■リーディングには変なクセがついている

なぜこうなってしまうかと言うと、これまた、

「リスニングは学校でやっていないけど、リーディングは学校でやったから」

という理由に行き着きます。


リスニングは確かに学校でやっていません。

やっていないので、力もないのですが、逆に、変なクセもついていない、まっさらな状態なのです。

ですので、ちょっとの努力でかなりの成果が期待できるのです。

正しい方法で学習すれば、リスニングはぐーーーんと伸びる可能性があるのです。


一方、リーディングは学校でやっています。学校でやっているので、ある程度の力はあるかもしれません。

しかし、一般的に言って、学校で習う「英語の読み方」は間違った方法です。

その間違った方法では、中級レベルぐらいまでは到達するかもしれませんが、そこで頭打ちになってしまうのです。


基本的に、学校では、「英語は日本語に訳して理解する」という方法で教えます。

例えば、

I think that this project is going to be succeed.

だったら、

「私はこの計画は成功すると思います」

と、日本語に訳させて理解するように教えます。


しかし、これは間違い。

英語ができる人は、英語は英語のまま理解しており、わざわざ日本語に訳していません。


日本語に訳すと、

1、日本語と英語は語順が違うので、読み返しが増える
  (この弊害は有名なので、ご存知の方が多いでしょうが)

2、日本語訳でしか物事を考えないので、英文の構造に目が行かず、複雑な文、長い文を読めない

3、英語の意味をそのまま感じ取ろうとしないので、日本語にはない、英語ならではのニュアンスを理解できない

という弊害があります。


I think that this project is going to be succeed.
「私はこの計画は成功すると思います」

の、thinkと「思います」の位置を見ていただければわかりますが、英語と日本語ではまったく語順が違います。

thinkは2語目で、最初の方にあるのに、「思います」は一番最後にあります。

1文1文、きっちり日本語に綺麗に訳していては、同じ文を何回も読み直すハメになり、とても時間がかかるのです。


これは多くの人が知っていて、

I think that this project is going to be succeed.
「私は思う、この計画は成功すると」

のように、日本語には訳すものの、英語の語順で読もうとします。

この方法だと、確かに単純な文なら読み返さずに読めます。


しかし、日本語訳だけに頼っていて、

単に

I=私は
think=思う

と英語を日本語訳に変換しているだけで、英文の構造をまったく見ていません。

なので、

The new teacher talked about among the students is Will Ferrel.

The new teacher the students thought would be easy was a tough teacher.

のように、複雑な文だと、簡単な単語・熟語しか使われていないのに、読めなかったりするのです。


例えば、

The new teacher talked about among the students is John Ferrell.

を、

the new teacher=新しい先生
talked=話した (あるいは、talked about=〜について話した)

のように、ただ単に意味を日本語に置き換えているだけで、英文の構造を見ていない。


そのため、意味と取り違えたり、意味が取れなかったりするケースがとても多いのです。

上記の意味はそれぞれ、

「生徒の中で話題となっている新しい先生はジョン・フェレル先生だ」

「生徒が楽な先生だろうと思った先生は厳しい先生だった」

ですが、正しく意味を取れなかった人は多いはず。


また、仮に上記の文は意味がスラスラ取れたとしても、

「この英文、使われている単語・熟語の意味は知っている(or辞書で調べた)のに、文全体の意味が取れない」

というのなら、それは日本語訳だけに頼っていて、構造を見ていないのが原因である可能性が高いです。


そして、日本語訳だけでしか英文を見ていないと、

desperate

のように、日本語には存在しない、英語ならでは表現の意味を理解できません。


desperateを辞書で調べると、

自暴自棄の、すてばちの、命知らずの、死に物狂いの、いちかばちかの、命がけの、欲しくてたまらない…

など、いろいろな日本語訳が出てきます。

これを見て、「desperateって一杯意味があるんだなぁ」と勘違いしてしまう人が多いのですが、一杯あるのは「意味」ではないのです。

一杯あるのは「日本語訳」なのです。


desperateにピタリと当てはまる日本語がない。英語ならではの表現なのです。

なので、それに近い日本語を複数載せて、

「大体こんな感じですよ」

とイメージをつかんでもらおうとしているのです。



■リーディングこそ、正しい方法を学ぶべき

上記のように、日本人は、現段階で見たら、「リスニングよりリーディングが得意」という状況かもしれません。

でも、逆に、リーディングは学校で習った変なクセがついてしまっているのです。

これを正しい方法に転換しない限り、

1、返り読みが多い
2、複雑な文、長い文を読めない
3、英語ならではの意味を理解できない

という欠点がついて回ります。

ですから、リーディングが伸びない、伸び悩むのです。


まっさらな状態であるリスニングよりも、むしろ、リーディングの方が、正しい「読み方」をきちんと身につけないと将来的に危険だと言えます。


正しい読み方を身につけて、リーディング力をアップさせたい方は、

「英語真っすぐリーディング講座」

がオススメになります。


「TOEIC 460だったのが740点に。たったの5カ月で280点アップしました。問題を解く際もすべての根幹には鈴木先生の講座があると私は思ってます」

「去年10月TOEIC初受験は420点。本講座を受講した後、610点までUP。その後も自身で英語学習を続け、7月には760点まで伸びました!」

「本講座や英検対策のおかげもあって、英検準1級の1次試験合格しました! しかも、前回の42点に比べ一気に点数が69点まで伸びての合格です」

と嬉しいご感想をいただいている講座でして、


「日本語に訳して読んでいる」
「適当に意味をつなげて読んでいるだけ」
「読むのが遅くて…」
「長い文、複雑な文が苦手」

という方にオススメです。


ネイティヴの音声もついていますし、わからないところがあったら、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「英語真っすぐリーディング講座」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!











英語を日本語に訳せるけど意味がわからない理由
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/06/post_37.html
「英語を日本語に訳せるけど意味がわからない理由」 ■日本の英語教育の最大の欠点 よく、日本の英語教育は批判されます。 「中学、高校と6年間も主要教科として英語をやっているのに、全然英語ができるようにな...

英語リーディング 勉強は精読、TOEIC試験は速読
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/06/_toeic.html
「英語リーディング 勉強は精読、TOEIC試験は速読」 ■確かにTOEIC等はスピード重視せざるを得ない TOEICを受けたことがある方は実感されていると思いますが、TOEIC等の試験では、 「じっく...

単語覚えたのに英語読めない理由
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/06/post_38.html
「単語覚えたのに英語読めない理由」 ■リーディングの基礎は英文法 「英文法」と「リーディング」この2つはまったくの別物だと思っている方がけっこう多いです。 でも、実は非常に密接に関係したスキル。 英文...

英語リーディング教材が難しい、効果がない理由
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/06/post_39.html
今回は「英語リーディング教材が難しい、効果がない理由」についてお話いたします。 多くのリーディング教材では、「その場しのぎ」的な解説が多いのが問題です。 ■「こういう意味です」とは教えてくれるけど… ...

シャドーイングでは意味がわからない、意味がない、効果がない
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/06/post_40.html
今回は「シャドーイングでは意味がわからない、意味がない、効果がない」というお話です。 ■シャドーイングとは ある程度の期間、英語学習をしていると、「シャドーイング」という言葉を聞いたことがあると思いま...

英語を日本語に訳してはいけない
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/06/post_41.html
今回は「英語を日本語に訳してはいけない」というお話です。 ■日本の英語教育の最大の欠点 先週もお話させていただきましたが、私は日本の英語教育の最大の欠点は、 「何でも日本語に訳させること」 だと考えて...

英語リスニングは速聴、リーディングは精読
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/06/post_42.html
今回は「英語リスニングは速聴、リーディングは精読」というお話です。 ■リスニングは必要ですが… 日本人は、高校卒業時点ではリスニングの方が弱いため、リスニングばかりやって、リーディングをおろそかにして...

日本人は英語リーディングが苦手です
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/07/post_43.html
今回は「日本人は英語リーディングが苦手です」というお話です。 ■確かに日本人はリスニングが苦手 以前もお話しさせていただきましたが、少なくとも、高校卒業時点では、ほとんどの日本人は 「リスニングの方が...

英語リスニングとリーディングの相関・関係
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/07/post_44.html
今回は「英語リスニングとリーディングの相関・関係」というお話です。 ■リスニングで苦労する人は多いが… 皆さんのほとんどがそうだと思いますが、リスニングで1度は苦労する人がほとんど。 最近では、センタ...

英語リーディングのための文法
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/07/post_45.html
今回は「英語リーディングのための文法」というお話です。 ■リーディングに文法は必要 「リーディング」と「文法」。 この2つは「まったくの別物」と認識している方も多いですが、非常に密接した関係にあります...

英語の才能のない人は論理的勉強法で
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/07/post_46.html
今回は「英語の才能のない人は論理的勉強法で」というお話です。 ■才能は関係ある 英語指導者としては、 「英語に才能なんて関係ない!」 と言いたい所ですが、私自身の経験上、そして、英語指導を年以上続けて...

英語リーディングでは過去形と現在完了形の違いはない
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/07/post_47.html
今回は「英語リーディングでは過去形と現在完了形の違いはない」というお話です。 ■リーディングに英文法は必要だが… メルマガではたびたびお話させていただいておりますが、リーディングには英文法は必要不可欠...

日本人は英語リーディングが得意ではない、苦手です
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/07/post_48.html
今回は「日本人は英語リーディングが得意ではない、苦手です」というお話です。 ■確かに学校でミッチリとやっているが… あくまで比較論ですが、日本人は「リーディングは得意」というのが、一般的なイメージです...

学校の英語が役に立たない・使えない理由
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/07/post_49.html
今回は「学校の英語が役に立たない・使えない理由」というお話です。 ■いろいろ方法論はある 「英語学習法」であったり、講座・教材の方針であったり、英語学習にはいろいろな「方法」があります。 私は基本的に...

英語の中級者の読み方は間違い。実は読めていない
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/07/post_50.html
今回は「英語の中級者の読み方は間違い。実は読めていない」というお話です。 ■リーディングというと、こういうイメージ? リーディングというと、何を勉強するイメージでしょうか? ・とにかく一杯英語を読む ...

英語リーディングが伸びない、伸び悩み。間違った読み方
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/07/post_51.html
今回は「英語リーディングが伸びない、伸び悩み。間違った読み方」というお話です。 ■確かにリーディングは学校でやりますが… 日本人は一般的には英語が苦手とされています。 中でも、苦手とされるのが、英会話...

英語を大量にいっぱい読んでも上達しない
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/07/post_52.html
今回は「英語を大量にいっぱい読んでも上達しない」というお話です。 ■リーディング力を上げる2つの方法 先週、メルマガの中で、初心者向けに、 「リーディング力を上げる方法は2つある」 とお話いたしました...

英語のリーディングとリスニングの関係。リーディング苦手だとリスニングも苦手に
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/07/post_53.html
今回は「英語のリーディングとリスニングの関係。リーディング苦手だとリスニングも苦手に」というお話です。 ■リーディングは学校で習うけど… 英語には、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング...

英語が単語はわかるのに読めない理由
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/07/post_54.html
今回は「英語が単語はわかるのに読めない理由」というお話です。 ■リーディングでとても多い勘違い 「英語真っすぐリーディング講座」は中級者以上向けのリーディング講座。 具体的には、以下のことを行う講座で...

英語がなぜそういう意味になるのかがわからない
https://www.new-toeic.net/reading/archives/2018/07/post_55.html
今回は「英語がなぜそういう意味になるのかがわからない」というお話です。 ■「なぜそういう意味になるのか?」がわからない 世の中に数多くの「英語教材」はあります。 しかし、意外かもしれませんが、「リーデ...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る