fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


リスニングができない本当の理由は?

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

前号では、

「確実に解ける問題を増やすなら、英文法が得点源になる」

というお話をしたのですが、非常に大きな反響がありました。

英文法問題は、

「わかっている人ならすぐに、わかっていない人はいくら考えても解けない」

という性質があるため、解ける人は

・確実に得点源ができる
・時間を節約し、ほかの問題を考える時間を増やせる

という2重のメリットがあるのです。

例えば、

Pineapple Express Ltd. introduced its new ------ president, who
financial analysts refer to as "the agent of reform."

(A) enthusiasm
(B) enthusiastic
(C) enthusiastically
(D) enthuse

なんかは、わかっている人なら一瞬で解ける問題。

しかも、見る場所は「its new ------ president」と選択肢だけ。
ほかの場所は一切見る必要はありません。

たとえ、選択肢の単語を全部知らなかったとしても解ける問題なのです。

英文法は↓で、「品詞」という一番の基礎から学べます。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


前回はリーディングセクションのお話をしたので、
今回はリスニングセクションのお話をしたいと思います。

誰もが知っていることですが、日本人はリスニングが苦手です。
理由は単純で、中学・高校でほとんどやらないから。

最近、センター試験にリスニングが導入されるなど、
中学・高校でもリスニングをやるようになって来ていますが、

もうすでに、高校を卒業してしまった人にはまったく影響がない話です。


そのため、日本人はリスニングの知識がほとんどなく、

「聞けない=リスニング力がない」

と胆略的に結びつけてしまう傾向があります。


しかし、実際は、聞き取れない原因は複雑に絡み合っているのです。

もちろん、リスニング力不足"も"原因であることが多いのですが、
ほかにもいろいろな原因が絡み合っているのです。

ここで、一つ質問です。

「聞いてみて、知らない単語だと思ってチェックしたら、
 実は誰でも知っている簡単な単語だった」

「聞いたらわからなかったけど、読んだら簡単にわかる文だった」

なんて、経験ありませんか?

これは全員が「ある」と答えるはずです。


これが何を意味しているのかというと、

リスニングでは、

・誰もが知っている単語
・読んだら簡単にわかる文

という、一番簡単なレベルであってもわからないことがある。


つまり、同じ英文であったら、

読んで理解する難易度 < 聞いて理解する難易度

と、聞き取る方が圧倒的にむずかしいのです。


すなわち、これは

「読んで理解できない英文は絶対に聞いてわかるわけがない」

ということを意味します。


さらに、深く掘り下げて、リーディングとリスニングを比較してみます。

「リーディングは自分のペースで読む作業」

です。

ゆっくり読んだってかまいませんし、
文の途中でもう一度先頭に戻って読み直してもかまいませんし、
文を何回も読んで、意味をじっくり考えてもかまいません。


一方、

「リスニングは話し手のペースで聞き取る作業」

です。

相手のペースで聞き取らなければなりませんし、
わからないところがあっても、先頭に戻ることはできませんし、
じっくりと意味を考えることもできません。


つまり、

「読んでわかる英文」がすべてリスニングでわかるわけではなく、

「左から右に一直線に読んで、一発で意味がわかる英文」

でないと理解できず、

「ゆっくり読まないとわからない英文、読み直さないとわからない英文」

はリーディングでは理解できても、リスニングでは理解できないのです。


そこで、また質問です。

「リスニングをやってみて、聞き取れない部分を確認してみたが、
 スクリプトを見ても理解できなかった」

「リスニングをやってみて、聞き取れない部分を確認してみたが、
 スクリプトを見たらわかったが、スーッと一発では理解できなかった」

なんて、経験ありませんか?


これはリスニング力不足"も"原因かもしれませんが、
本当の原因は、もっと基礎的な、語彙や英文法の力の不足なのです。

英文を読んで理解するには、語彙と英文法の力が必要です。


知らない単語・熟語ばかりではどうにもなりませんし、
単語や熟語を知っていても、長い文になると構造の知識、つまり英文法の知識が
ないと、文全体の意味を理解できません。

さらに、読んで瞬時に理解できるようになるためには、
より一層、高度な語彙と英文法の力が必要なのです。


「スクリプトを読めばすぐに意味がわかる」

のであれば、リスニング力不足が原因ですから、
そのリスニング教材でリスニング力をつけることが有効な対策になります。


しかし、「スクリプトを読んでも瞬時には意味がわからない」
のであれば、語彙と英文法の力も不足しているのです。

これらを補わないままリスニングを鍛えても、
「ザルに水」になってしまいます。

まずは、読んで瞬時に意味を理解できるレベルまで持ってくることが必要なので
す。

TOEICで550点、特に500点を下回っている方は、
まず語彙、英文法の力が不足していると考えて間違いありません。

まずはしっかりと語彙と英文法の基礎固めをやることが大切です。


英文法は↓で、「品詞」という一番の基礎から学べます。

分からない部分があっても、制作者である私に直接メールで質問できます。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


英語学習法についてさらに詳しくは↓から! こちらも直接メールで質問できます
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。