fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


TOEICで持っている英語力をすべて引き出そう!

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

今回はTOEICの直前ということもあり、
TOEICでのテクニックのお話をいたします。

TOEICのテクニックというと、

「選択肢の直前に○○があったら、答えは××になる」

というような、英語力がなくても正解できる、半ば邪道なテクニックを想像する
と思いますが、実は正統派のテクニックもちゃんとあるのです。


今まで、6,000名の方に英語指導をしてきたのでよくわかりますが、
残念なことに、多くの方はTOEICの試験本番で、持っている英語力をすべて発揮
できていません。


TOEICにおいて、

「全問解き終わる前に時間切れになってしまい、10問以上残ってしまった」
「リスニングで、考えている間に次の問題の放送が始まってしまった」
「ちょっと聞き逃したら、その後がさっぱりわからなくなってしまった」

なんて経験ありませんか?

それは、ちゃんとしたTOEICの正統派のテクニックを身につけていないからです。


「英語がわかっていること」



「素早く、的確に正解を選べること」

は別の話です。


高い英語力があっても、それをTOEICスコアに反映させるテクニックを身につけ
なければ、英語力をすべて反映させたスコアを取ることはできないのです。

その証拠に、英語ネイティヴのTOEIC平均点は900点の前半です。

ネイティヴは英語が母国語ですから、英語力は完璧です。

そのため、余裕で990点(満点)がとれてもいいはずなのですが、
テクニックを身につけていないため、900点の前半どまりになっているのです。

私はTOEIC 990を持っており、海外ドラマが字幕なしでわかったりと、英語力に
は自信がありますが、どうしてもネイティヴには負けます。

しかし、それでも英語力だけでなく、英語力をスコアに反映させるテクニックを
持っているために、ネイティヴよりいいスコアを取れてしまうのです。


では、そのテクニックとはどんなものなのか?

すべてお話しすると数十号かかってしまうので、簡単にではありますが、
テクニックが使いやすい順に、パート別にちょっとずつお話させていただきます


■1、パート5、6

パート5と6は別のパートではありますが、実質的に同じ問題といえます。

両方とも文中の空所を生める問題で、英文法と語彙の2種類の問題が出ます。
違いはパート5が単文、パート6が長文である点です。

この2つで、最も重要なのは、

英文法の問題か語彙の問題かを素早く見分けること

です。


なぜなら、英文法の問題は解けない問題はいくら考えてもとけないのに対して、
語彙の問題は時間をかければわかる問題が多いからです。

そのため、瞬時にどちらかを判断して、

英文法の問題であれば、わかるのならすぐ解く、わからないなら適当にマーク

語彙の問題であれば、多少時間をかけてでも解く

というように、戦略をわける必要があります。


一度TOEICを経験したことがある方は痛いほど実感していると思いますが、
リーディングセクションは時間との勝負です。

考えてもわからない問題に時間を浪費することだけは避けなければなりません。



■2、パート2

パート2はリスニングセクションの中で唯一、問題用紙に何も書かれていない
パートです。

そのため、頼りは音声だけなのですが、パート2には「聞くポイント」というも
のがあります。

どこに注意して聞けばいいのかを知っていて、その訓練を積んだのと、
何もしないでただ単に聞くのでは大きな差が出ます。



■3、パート3、4

パート3、4ははっきり言って難易度が高い問題です。

そのため、比較的英語力がそのまま反映されるパートと言えます。

1つの放送につき問題が3問もあり、
それをすべて時間内にさばくのにはテクニックが必要です。

一度TOEICを経験したことがある方はわかると思いますが、
いつまでも考えていると、すぐに次の放送が始まってしまいます。

当然ですが、聞き逃せば解ける問題も解けません。

そのため、3問の問題を効率的にさばく方法を訓練を通じて身に付ける必要があ
ります。


パート1、7にもテクニックはあるのですが、
優先すべきは上のパートです。

前号もお話させていただきましたが、
TOEIC対策では各パートをまんべんなく対策するのではなく、
効果が出やすいパートに絞ってやった方が効果的です。


10月26日のTOEICを受ける方はもちろん、
今後受ける方も、ぜひ参考になさってくださいね。

冒頭でお話させていただいた

「1年でTOEIC 900! 正統派の英語学習プロジェクト」
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

では、このTOEICのテクニックとそれを身に付けるためのトレーニング方法を解
説しております。

テクニックはあくまでテクニックです。

テクニックは英語力を引き出すためのテクニックであって、
英語力そのものをアップさせるものではありません。

そのため、本格的なスコアアップには英語力そのもののアップが必要で、
その英語力アップには長期的な対策が必要です。

しかし、テクニックには即効性があります。

すぐに身につけられ、直前対策にはテクニックを身に付けることが有効なのです

そのため、試験直前の方は、

直前対策→試験本番→長期対策

という流れで活用していただくと効果的です。


「正統派の英語学習プロジェクト」のリニューアル記念キャンペーンは
明日16日(木)までとなっております。

ご検討中の方はお急ぎください。
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >



英文法は↓で、「品詞」という一番の基礎から学べます。

分からない部分があっても、制作者である私に直接メールで質問できます。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


英語学習法についてさらに詳しくは↓から! こちらも直接メールで質問できます
→< http://51.thebelltree.com/legti8.htm >

無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。