fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英文法の要点:基礎中の基礎





毎回というわけではないですが、今号から、シリーズで、

「英文法を理解するにはここに注目!」

というお話をしたいと思います。


■重要なことと、そうでもないことがある


英文法の教材って大体すごく分厚いです。
でも、あれをすべてやる必要はないんです。

「重要で、絶対に理解してなければならないこと」もありますが、

「些細で、実はあまり重要じゃないこと」
「重要ではないわけではないが、むずかしいので後回しにすべきもの」

も混じっています。

私の講座では、重要なことだけに専念していますし、
特に

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

は初心者向け講座なので、むずかしいことも省いて、基礎に専念しています。


しかし、一般的には英文法の教材はごっちゃまぜになっていて、
何も知らないと、重要じゃないことやむずかしいことに手を出してしまい、
行き詰まってしまいます。

例えば、前置詞。

前置詞では、

「前置詞は必ず後ろに名詞を置くもの」
「前置詞+名詞のセットは形容詞か副詞になる」

こういった項目はとても重要です。
絶対に理解しておかなければなりません。


しかし、「inとatの違い」とか、「aboveのニュアンス」とかは、

そこまで重要ではありませんし、
むずかしいので、上級者以外は手を出すべきではありません。


でも、これがわかっていない人が多く、

「前置詞+名詞とセットで使う」という大切なことにあまり注意を払わず、
「inとatの違い」とか、後回しにすべきものにこだわってしまう。

こんなケースが非常に多いのです。


当然、これは非効率です。

重要でないことは理解していなくてもそれほど支障がないですし、
むずかしいことは、理解するのが困難で、時間と労力を浪費してしまいます。


「重要なところは徹底してこだわる。
 重要でないところ、むずかしいところは後回しにする」

英文法はそんな姿勢が必要なのです。

ただ、普通は「どこが重要でどこが重要じゃないか」はわかりません。
なので、「英文法の要点」というシリーズでテーマ別にお話して行こうと思いま
す。


しかし、お読みになるに際に以下の点だけはご注意ください。

あくまで、「英文法の要点」は、どこが重要で、どこが重要じゃないかをお話
するだけのものです。

「英文法の要点」だけを読んで、英文法を理解できるものではありません。
つまり、「英文法の要点」は英文法教材の代わりになるものではありません。

あくまで、私の講座

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

のテキストなど、何らかの英文法教材を使って学習する際の参考となさって
ください。
(私の講座の場合、そもそも重要なことばかりを扱ってはいますが)



■英語の基礎中の基礎


最初にお話しする「英文法の要点」のテーマは、

「英語の基礎中の基礎」

です。


具体的に言うと、

・「私」は主語のときはIだけど、それ以外のときはme
・be動詞はIのときはam、youのときはare
・主語が三人称単数のときは「like→likes」のように動詞にsをつける
・否定文の場合、be動詞なら「am→am not」のように動詞の後ろにnotを入れる
・否定文で、一般動詞の場合「like→do not like」のように、do notを入れる
・名詞には数えられる可算名詞と数えられない不可算名詞がある
・可算名詞が複数の場合、「car→cars」のように、sをつける
・可算名詞単数には「a car」のように、冠詞aをつける
・ただし、冠詞の次の単語が母音から始まる場合は「an apple」のようにanを
・「特定のものを指していて、聞き手に明らかな場合」theをつける
・a、the、this、所有格(your等)は1つの名詞に1つしかつけられない
 (○a car、the car ×a the car、the a car)

こういったことです。

中学1年生の1学期で習うような内容ですね。

もうすでにわかっている人の方が多いかと思います。
そのため、私の講座では初心者向け講座の、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

以外では扱っていません。


「そんぐらい知っているよ。改めて学ぶ必要もない」という方も多いと思いま
すが、基礎から順番にということで、第1回はこのテーマでご容赦ください。


これらの「基礎中の基礎」は、はっきり言って覚えるしかありません。

英文法は論理で学ぶものです。
「なぜ?」を考えることがとても大切です。

例えば、

This is the hospital ------ I visited yesterday.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

の答えがBのwhereではなく、Aのwhichであるのには理由があります。

「場所が先行詞だとwhereだと思い込み勝ちだが、
 それは関係詞の後ろの文に、"名詞があるべきなのにない場所"、いわゆる
 "穴"がない場合。
 今回はvisitedの目的語なく、穴があるので、whichが答えとなる」

というれっきとした理由があるのです。

「何となく」とか「こういうものだと覚えておけば良い」というものではあり
ません。

「なぜ?」を理解しなければ、力がついたとは言えず、
応用が利きません。


でも、「英語の基礎中の基礎」は根本のルールです。

「appleがリンゴと言う意味」というのと同様、
「主語のときはI、それ以外のときはme」と理由はなく、覚えるしかないのです。



■気にしてはいけないこと


このように、「とにかく覚えれば良い」という極めて単純な学び方の、
「基礎中の基礎」ですが、2つ、注意しなければならないことがあります。

具体的に言うと、

「the」と「名詞の可算不可算」

の2つです。


先ほど説明させていただいたように、

・名詞には数えられる可算名詞と数えられない不可算名詞がある
・「特定のものを指していて、聞き手に明らかな場合」theをつける

と、theと名詞の可算不可算は、基礎中の基礎で学ぶものです。


しかし、マスターしようと思ったら、難易度は最強レベルです。
TOEICで言ったら、990(満点)を超えています。


「(英会話やライティングのときに)このときにはtheをつけるべきか?」
「なぜここにtheがついているのか?」
「なぜ○○は可算名詞で、なぜ××は不可算名詞なのか」

こういった話は非常にレベルが高い話です。

初心者はもちろん、中級者でさえ手を出すべきレベルではありません。


theと名詞の可算不可算を何も知らなくて良いわけではありません。

「なーんとなく、こういうときにはtheをつけるらしいぞ」
「名詞には数えられる名詞と数えられない名詞がある」

このぐらいは知っておかなければなりません。


しかし、1つ1つ、個別に、

「なぜここにtheがついているのか?」
「なぜこれは不可算名詞なのか?」

というのは考えるべきではありません。


初心者や中級者が手を出すとドツボにはまってしまいます。



■基礎中の基礎のまとめ


以上が今回のお話になります。

英語の基礎中の基礎は、「とにかく覚えるしかない」という単純なもの。

ただし、

「the」と「名詞の可算不可算」

この2つだけは、「なーんとなく」だけで済ませておくべきです。

普通は「なーんとなく」は良くないのですが、
この2つはあまりに難易度が高いので、深入りすべきではありません。


英文法を基礎から学びたい、初心者の方は、冒頭でお話しさせていただいた、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

がお役に立てれば幸いです。


ちょうど締切が明日24日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。












英文法の要点:基礎中の基礎
http://www.new-toeic.net/cat33/post_424.html
毎回というわけではないですが、今号から、シリーズで、「英文法を理解するにはここに...

英文法の要点:品詞と文型 前編
http://www.new-toeic.net/cat33/post_425.html
前号からシリーズでお届けしている「英文法の要点」。今回お話しさせていただくのは「...

英文法の要点:品詞と文型 後編
http://www.new-toeic.net/cat33/post_426.html
シリーズでお届けしている「英文法の要点」。今回お話しさせていただくのは「品詞と文...

英文法の要点:時制
http://www.new-toeic.net/cat33/post_427.html
シリーズでお届けしている「英文法の要点」。今回お話しさせていただくのは「時制」で...

英文法の要点:前置詞
http://www.new-toeic.net/cat33/post_428.html
シリーズでお届けしている「英文法の要点」。今回お話しさせていただくのは「前置詞」...

英文法の要点:仮定法
http://www.new-toeic.net/cat33/post_429.html
シリーズでお届けしている「英文法の要点」。今回お話しさせていただくのは「仮定法」...

英文法の要点:助動詞
http://www.new-toeic.net/cat33/post_430.html
シリーズでお届けしている「英文法の要点」。今回お話しさせていただくのは「助動詞」...

英文法の要点:接続詞
http://www.new-toeic.net/cat33/post_431.html
シリーズでお届けしている「英文法の要点」。今回お話しさせていただくのは「接続詞」...

英文法の要点:受動態
http://www.new-toeic.net/cat33/post_432.html
シリーズでお届けしている「英文法の要点」。今回お話しさせていただくのは「受動態」...

TOEICに対する考え方
http://www.new-toeic.net/cat33/toeic_152.html
ここ2カ月ほどは「英文法の要点」というコラムを連載していましたが、今回で一時休止...

新年度、新学期の英語学習は英文法!
http://www.new-toeic.net/cat33/post_433.html
今週から、新年度、新学期。「今年度こそ、英語やるぞ!」と燃えている方も多いかと思...

英語の読み方、ほとんどの人は間違っている?
http://www.new-toeic.net/cat33/post_434.html
4月に入り、新年度、新学期が始まりました。この時期は英語をやる気になっている方が...

英語ができる人の助言が必ずしも役に立たない?
http://www.new-toeic.net/cat33/post_435.html
今回は初心者向けのお話になります。■私も昔は英語が苦手な初心者でしたメルマガでも...

TOEICスコアが上がればいいってものではない?
http://www.new-toeic.net/cat33/toeic_153.html
今回はTOEICのスコアに対する考え方についてお話させていただきます。■TOEI...

英会話だけを目標にすると挫折し勝ち?
http://www.new-toeic.net/cat33/post_436.html
今日は平日ではありますが、ゴールデンウィーク中なので、お休みの方も多いかもしれま...

英会話はシンプルがネイティヴに好まれる
http://www.new-toeic.net/cat33/post_437.html
今回は英会話のお話になります。■日本人はむずかしく話そうとしすぎ?私は複数の英会...

英語学習にはある程度の「いい加減」も必要
http://www.new-toeic.net/cat33/post_438.html
今回は英語学習全般の姿勢についてのお話になります。■英文法は積み重ねですが…メル...

英語を読むのにテクニックは不要
http://www.new-toeic.net/cat33/post_439.html
今回はリーディング。特に、TOEICのリーディング(パート7)についてお話させて...

英語の「間違い」どのパターンですか?
http://www.new-toeic.net/cat33/post_440.html
■同じ「間違い」でも…問題を解いていたり、英作文をしていたり、英会話でしゃべって...

英文法は意味を考えたらダメ?
http://www.new-toeic.net/cat33/post_441.html
■英文法を学ぶ目的は英文の意味を理解することだが…英文法というのは、よく誤解され...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る