fixedImage
対策でスコアアップ
TOEIC(トーイック)の対策、勉強法、スコアアップ法を、中学の通信簿が2の状態から1年でTOEIC900、そしてTOEIC満点(990点)を達成した私が解説いたします。
メニュー
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
オススメ


英文法は意味を考えたらダメ?

※お知らせ:(プロフィールやリンクページの場合は除く)下記の記事は過去に書いたTOEICの部分的な記事になります。TOEIC対策で最も大切な部分をまとめて記載しているものは「1年でTOEIC 900! TOEICの意外な落とし穴」をご覧下さい。

TOEIC改訂(リニューアル)の正しい対策

■英文法を学ぶ目的は英文の意味を理解することだが…


英文法というのは、よく誤解されますが、

「中学、高校では習うけど、実用英語では不要なもの」でもないし、
「英会話には不要なもの」でもないし、
「TOEICのパート5、6のような英文法問題を解くためだけのもの」でもあり
ません。


英文法というのは、

「英文を読んだり、聞いたりした際に意味が理解できるようになるため」
「英会話やライティングで、正しい英文を話せるor書けるようになるため」

に学ぶもの。


英語学習をする以上は、誰でも少なくともこのどちらか1つは目標にしている
はずです。

ということは、英語学習をする人なら、全員英文法は必要と言うことになり
ます。


「短い文、単純な文なら読めるのに、長い文、複雑な文になると読めなくなって
 しまう」

「使われている単語・熟語の意味は全部知っているのに、英文全体としての
 意味がわからない」

「英会話やライティングでは、感覚だけでしゃべっているor書いている」

「英会話やライティングで、自分の英文が間違っていると指摘されたが、
 それがなぜ間違っているのか理解できないことが多い」

「TOEICのパート5、6は語彙問題ばっかり」

「TOEICのパート5、6は選択肢の単語を知らない場合は解けないことばかり」


これらは、典型的な「英文法の力不足」が原因。

「ただ単に英文を読む量が少ないんだ」と力づくで一杯読みまくったり、
「これは〜構文だ」とか妙な暗記をしている方が多いですが、

それでは根本的な解決になりません。


問題の真の原因は英文法の力不足なのですから、
英文法を1から理解するように学習すべきです。



■意味だけで考えるとわからないことが多い


先ほど、英文法を学ぶ目的として、

「英文を読んだり、聞いたりした際に意味が理解できるようになるため」
「英会話やライティングで、正しい英文を話せるor書けるようになるため」

の2つを挙げました。


前者は要するに「英文の意味を理解できるようになるため」でして、
「意味がわかるようになること」が目的です。

このように、英文法を学ぶのは意味がわかるようになることが目的なわけで、
変に聞こえるかもしれませんが、

「英文法は意味だけで考えると理解できないことが多い」

というのもまた事実なのです。


英文法を学習する時は、基本的に以下のステップで学習します。

1、まず教材の文法事項の説明を読み、知識を理解する
2、理解度をチェックするために、問題を解いてみる
3、答え合わせで「どこが理解できていないか」を発見し、
  解説を読んだり、文法事項の説明をもう1度読む等して、理解を深める


TOEICを受ける人でなくても、英文法を学ぶ目的がリーディングや英会話の人
でも、理解度チェックのために問題を解くのが一般的です。

そこで、例えば、以下のような問題が出たとします。

This new measure may have a ------ impact on us.

(A) signify
(B) significant
(C) significancy
(D) significantly


ところが、これ、意味で考えてしまうと、

(A)「この新しい措置はわれわれに重大である影響を及ぼすかもしれない」
(B)「この新しい措置はわれわれに重大な影響を及ぼすかもしれない」
(C)「この新しい措置はわれわれに重大性影響を及ぼすかもしれない」
(D)「この新しい措置はわれわれに重大に影響を及ぼすかもしれない」

どれも良さそうに見えてしまって、解けなくなってしまったりするのです。


そうではなく、英文法というのは、「構造」で考えなければいけません。

この問題では、

「a ------ impactが、1つの名詞になっています。

 impactという名詞があり、その直前にある空欄はこのimpactを修飾する語が
 入りますよね?

 名詞を修飾する語って何でしたっけ?
 形容詞でしたよね?

 選択肢の中で形容詞はどれでしょうか?
 Bのsignificantですよね?

 意味は知らなかったかもしれませんが、単語の形で形容詞だとわかります。
 ちなみに意味は"重大な"という意味です。

 このように、ここには形容詞が入るんですね。
 Aのsignifyは動詞、Cのsignificancyは名詞、Dのsignificantlyは副詞。

 意味が通りそうだからってどの品詞でもいいわけではないのです。
 名詞を修飾する時は形容詞を入れるんです。

 これは英会話でも同様。意味が通りそうだからと、好き勝手な品詞を入れては
 いけませんよ」

こういう知識が問われているのです。

上記の解説を見てもわかる通り、「意味」はほとんど出て来ません。
重要なのは、「ここには形容詞を入れる」という「構造」の話です。


確かに英文法の目的は意味を理解できるようになることなのですが、
その学ぶ過程では、意味「だけ」に注目すると障害になるのです。

意味「も」意識するのならいいですが、
必ず「構造」も意識するようにしてください。

そうじゃないと、英文法が理解できず、
「意味を理解できるようになる」という目的が達成できなくなります。



■論理的に「何を言いたいのか?」を考える


また、意味だけに注目すると「字面ばかりを追って、何が言いたいのかを理解
できない」ということがあります。

例えば、英文法を学んでいると「so that」という事項が登場します。

I bought this map so that I wouldn't get lost.
「私は迷わないようにこの地図を買った」

というような形で使われます。


そこで、「so thatは"〜なように"という意味だ」と覚えたとします。

これでもいいのですが、
中には、これだけでは十分に意味を理解していないケースがあります。

「〜なように」という字面だけを覚えて、中身をあまり気にしていないケース
です。


「"〜なように"というのは、何らかの目的があって、何らかの行動を起こして
 いるという意味だな。

 つまり、so thatは行動の目的を表現するんだ」

という点まで理解していない方は意外と多いのです。


「so thatは"〜なように"という意味だ」と、
「意味」と言いますか、「字面」だけに注目して、

「要するに何が言いたいのか」

を論理的に考えていないケースがあります。


これも構造と同様で、意識して考える必要があります。


今回の話は以上になります。

確かに、英文法を学ぶのは「意味がわかるようになること」が目的です。

しかし、英文法を学ぶ過程では、意味「だけ」にとらわれていると、
マイナスとなってしまい、理解できない。

そして、結局、「意味がわかるようになる」という目的が達成できなかったり
するのです。


構造を意識して、論理的に何が言いたいかがわかるようになりたい方は、
冒頭でお話しさせていただいた、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

がオススメです。


ちょうど、明日6日(木)が締切となっておりますので、お急ぎください。


最後までお読みたいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。