fixedImage
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語学習にはある程度の「いい加減」も必要





今回は英語学習全般の姿勢についてのお話になります。


■英文法は積み重ねですが…


メルマガではよくお話させていただいておりますが、
英文法というのは積み重ねです。

A〜Zまで学ぶことがあるとしたら、A→B→C…と順番通りに学ぶ必要がありま
す。

Bを知らずして、Cは学べません。
Aを知らずして、Bは学べません。

「関係代名詞がわからないから、手持ちの教材の関係代名詞の章を読んだけど、
 結局理解できなかった」

という方が多いですが、それは当たり前。

関係代名詞というのは、最後の方に学ぶ分野。

それまでに、

品詞、文型、副詞、前置詞、従属接続詞、等位接続詞、不定詞、分詞、
第5文型、動名詞、疑問文…

などなどを理解していないとわからないのです。


関係代名詞自体の理解に問題があるのではなく、
それ以前に学ぶべきものを学んでいなかったり、理解できていないことが原因で
理解できないことが多いのです。


このように、英文法はあまりに適当にやりすぎると、
後々弊害が出ます。

例えば、

This is the hospital ------ I saw Moore at.

(A) where
(B) which
(C) whose
(D) why

という問題で、

「後ろの文に、atという前置詞がある。
 前置詞なのに後ろに名詞がない。
 名詞が必要なので、名詞の選択肢を選ぶ。名詞なのはBのwhichだけ。
 なので、Bが答えになる。
 Aのwhereは副詞なので前置詞とセットでは使えないから間違い」

という解説があったとします。


「前置詞」がしょっちゅう出て来ますが、
これを読んで、

「前置詞の後ろに名詞がないって、それの何が問題なの?」
「前置詞って後ろに名詞が必要なの?」
「そもそも前置詞って何?」

となってしまう方がけっこう多いんです。


前置詞と言うのは、基礎分野の1つ。

上記の問題は関係詞の問題ですから、
関係詞を学ぶときには、とっくに理解していないといけないものです。

しかし、前置詞を適当に済ませていたり、
あるいは前置詞を学んですらいないと、上記のように関係詞を理解できないわけ
です。



■すべてを理解していないとダメなわけではない


このように、英文法は積み重ねであり、適当に済ませてしまうと、
後々弊害が出て来ます。

しかし、とは言っても、何も

「全部100%理解しなければ先に進んではいけない!」

というわけでは、必ずしもないのです。


例えば、先ほどの前置詞の例は、後々必要となる知識でした。

しかし、全部が全部、後々必要になるかと言うとそうではありません。

例えば、同じ「前置詞」でも、

「後ろに名詞を置いて、必ず"前置詞+名詞"というセットで使う」

ということは重要であっても、

「inとatの違い」

とかはあまり重要ではありません。


「後ろに名詞を置いて、必ず"前置詞+名詞"というセットで使う」

これはとても重要です。
知らないと、必ず後で悪影響が出ます。


しかし、「inとatの違い」これは知らなくてもまったく問題ありません。

逆に、「inとatの違い」で行き詰まっているのなら、
それは「時間のムダ」とも言えます。

「後ろに名詞を置いて、必ず"前置詞+名詞"というセットで使う」だったら、
とても重要ですから、時間をかけてでも、理解してから先に進む必要がありま
す。


しかし、「inとatの違い」はそれほど重要ではありませんし、
知らなくても、後で悪影響は出ません。

だったら、そこで時間をかけて先に進めなくなってしまうよりは、
先に進んでしまった方がずっと効果的です。


また、「inとatの違い」は、

「現時点でもそれほど重要じゃないし、将来的にもそれほど重要ではないし、
 知らなくてもほかに悪影響を及ぼさない」

という例でしたが、

「将来的には知っておくべきもの。
 ただし、ほかに悪影響はあまり与えないので、現時点では知らなくても良い」

というものもあります。


例えば、

He gave up cigarettes never to smoke again.
「彼はタバコをやめ、二度と吸わなかった」

のnever to smoke againの部分。

これは不定詞の「結果用法」というもので、
「目的用法」との見分けがむずかしいです。


こういった、「不定詞の用法の見分け」は、将来的には必要になります。

ただ、これを知らなかったからと言って、
それより後に学ぶべき分野、分詞、第5文型、動名詞、疑問文、関係詞、比較
などに悪影響は及ぼしません。

将来的に必要なのですから、今理解できてしまえばベストです。

ただし、ほかに悪影響を及ぼすことはないのですから、
今の時点ではどうしても理解できないのなら、
それは放っておいて、先に進んでしまった方が良いでしょう。

すべてを終えた後の復習をする際に理解すればいいだけの話です。



■現実的な目標は80%?


このように、

「理解の積み重ねなので、適当に済ませると後で悪影響が出る」

という反面、

「すべてが必要なわけではないので、ある程度は適当に済ませて良い」

という面もあるのが、英語学習のむずかしいところ。


感覚的に言えば、80%ぐらいの理解を積み重ねて行くことがちょうど良いかも
しれません。


「あー、何か説明があるけど、よくわからないから、まぁいいや」

ではいい加減すぎますが、

「説明があるからには、すべてを100%理解するぞ」

というのも、マジメすぎるのです。


感覚的な話なのでむずかしくなってしまいますが、

「80%程度の理解を積み重ねて行く。
 残りの20%は復習で理解する」

これぐらいがちょうどいいかと思います。


ただ、先ほどの「inとatの違い」のように、

「何が大して重要じゃないから気にしなくて良いもの」

なのかは、なかなかわからないものです。

なので、

「分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

などの私の講座では、補助テキストとして、

「英語学習で気にしてはいけないこと」

をおつけしております。


英文法を理解を積み重ねる形で学んで行きたい方は、
冒頭でお話しさせていただいた、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

がお役に立てれば幸いです。


ちょうど締切が明日16日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。












英文法の要点:基礎中の基礎
http://www.new-toeic.net/cat33/post_424.html
毎回というわけではないですが、今号から、シリーズで、「英文法を理解するにはここに...

英文法の要点:品詞と文型 前編
http://www.new-toeic.net/cat33/post_425.html
前号からシリーズでお届けしている「英文法の要点」。今回お話しさせていただくのは「...

英文法の要点:品詞と文型 後編
http://www.new-toeic.net/cat33/post_426.html
シリーズでお届けしている「英文法の要点」。今回お話しさせていただくのは「品詞と文...

英文法の要点:時制
http://www.new-toeic.net/cat33/post_427.html
シリーズでお届けしている「英文法の要点」。今回お話しさせていただくのは「時制」で...

英文法の要点:前置詞
http://www.new-toeic.net/cat33/post_428.html
シリーズでお届けしている「英文法の要点」。今回お話しさせていただくのは「前置詞」...

英文法の要点:仮定法
http://www.new-toeic.net/cat33/post_429.html
シリーズでお届けしている「英文法の要点」。今回お話しさせていただくのは「仮定法」...

英文法の要点:助動詞
http://www.new-toeic.net/cat33/post_430.html
シリーズでお届けしている「英文法の要点」。今回お話しさせていただくのは「助動詞」...

英文法の要点:接続詞
http://www.new-toeic.net/cat33/post_431.html
シリーズでお届けしている「英文法の要点」。今回お話しさせていただくのは「接続詞」...

英文法の要点:受動態
http://www.new-toeic.net/cat33/post_432.html
シリーズでお届けしている「英文法の要点」。今回お話しさせていただくのは「受動態」...

TOEICに対する考え方
http://www.new-toeic.net/cat33/toeic_152.html
ここ2カ月ほどは「英文法の要点」というコラムを連載していましたが、今回で一時休止...

新年度、新学期の英語学習は英文法!
http://www.new-toeic.net/cat33/post_433.html
今週から、新年度、新学期。「今年度こそ、英語やるぞ!」と燃えている方も多いかと思...

英語の読み方、ほとんどの人は間違っている?
http://www.new-toeic.net/cat33/post_434.html
4月に入り、新年度、新学期が始まりました。この時期は英語をやる気になっている方が...

英語ができる人の助言が必ずしも役に立たない?
http://www.new-toeic.net/cat33/post_435.html
今回は初心者向けのお話になります。■私も昔は英語が苦手な初心者でしたメルマガでも...

TOEICスコアが上がればいいってものではない?
http://www.new-toeic.net/cat33/toeic_153.html
今回はTOEICのスコアに対する考え方についてお話させていただきます。■TOEI...

英会話だけを目標にすると挫折し勝ち?
http://www.new-toeic.net/cat33/post_436.html
今日は平日ではありますが、ゴールデンウィーク中なので、お休みの方も多いかもしれま...

英会話はシンプルがネイティヴに好まれる
http://www.new-toeic.net/cat33/post_437.html
今回は英会話のお話になります。■日本人はむずかしく話そうとしすぎ?私は複数の英会...

英語学習にはある程度の「いい加減」も必要
http://www.new-toeic.net/cat33/post_438.html
今回は英語学習全般の姿勢についてのお話になります。■英文法は積み重ねですが…メル...

英語を読むのにテクニックは不要
http://www.new-toeic.net/cat33/post_439.html
今回はリーディング。特に、TOEICのリーディング(パート7)についてお話させて...

英語の「間違い」どのパターンですか?
http://www.new-toeic.net/cat33/post_440.html
■同じ「間違い」でも…問題を解いていたり、英作文をしていたり、英会話でしゃべって...

英文法は意味を考えたらダメ?
http://www.new-toeic.net/cat33/post_441.html
■英文法を学ぶ目的は英文の意味を理解することだが…英文法というのは、よく誤解され...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る